読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

東大教授オススメの「子どもを理科嫌いにさせない」3冊の本

いよいよ夏休みも大詰めになりました。 読書感想文や自由研究などは無事に終えられたでしょうか? まだという方は、以下のサイトなどを参考になさってください。 読書感想文のコツ 2014 自由研究のコツ 子供たちの「疑問」を引き出す方法 さて、今日は、プレ…

フィンランド式 子どもに聞く耳を持たせる5つのステップ

こうして欲しいなということを子どもにうまく伝えられていますか? 何度言ってもやめなかったり繰り返したり、そんなことは日常茶飯事です。 声を荒げたり、モノでつったりしてしまいそうなところですが、そんなことをしなくても、子どもが聞く耳を持ってく…

自由研究のコツ 子供たちの「疑問」を引き出す方法

今週のお題は「自由研究」ということですが、「自由研究」と言えば、やはり小学生の夏休みの宿題っていうイメージですね。 「研究」というものは、本来、あたらしい発見に向かって行うものであるのに対して、「自由」研究の「自由」という言葉には「新しくな…

自由研究に役立つ!ワークショップフェスに行ってみた。

グランフロント大阪で、2014/8/9〜8/10に開催されている、ワークショップフェスに行ってきました。ワークショップフェス in ナレッジキャピタル - KNOWLEDGE CAPITAL|ナレッジキャピタルまさに、自由研究を手っ取り早くやってしまうにはうってつけのこの企…

今さらながらchromecast(クロームキャスト)を購入した理由

今さらかもしれませんが、ついにchromecastを買いました。 買うのが遅くなったのは、AppleTVの方がよいのではないか?という思いが頭を離れなかったからです。 しかし、次の理由から、ついに購入を決めました。

性格は、今この瞬間に変えられる

前回のエントリーでは、ライフスタイルを変えることで感情を変えられるという話を書きました。 感情は無意識に使っているものだが変えることもできるらしい ライフスタイルというのは何なんでしょうか。というところを「アルフレッド・アドラー 人生に革命が…

感情は無意識に使っているものだが変えることもできるらしい

思わずカッとなってしまって、誰かに怒鳴り散らしてしまったということはありませんか? この「思わず」というところには、無意識だし自分ではどうにもならない話なのだから許してほしいの。。という言い訳の気持ちが隠れていますよね。 そうは言いつつも、…

陰山英男先生が語る「わが子を東大に入れる方法」

前回のエントリーでは、子供が「9歳の壁」を超えていないならば、考える力がないからといって焦る必要がないみたい という話を書きました。 子供の学習指導において理解しておくべき「9歳の壁」 とはいえ、明らかに集中力を切らしたために考えようという気力…

子供の学習指導において理解しておくべき「9歳の壁」

プレジデントファミリー2014年7月号の和田秀樹さんの記事に、腑に落ちた話が書いてありました。 精神や思考力が大きく成長するのは9歳前後というのです。 発達心理学者たちは、それを「9歳の壁」と呼ぶらしいのです。

家庭訪問でこれだけは先生に聞いておくべき3つの質問

新学期が始まって約1か月。 小学校のお子さんを持つ方の中には、先生がそろそろ家庭訪問されるところも多いのではないかと思います。 今日は、家庭訪問の意味と、是非この機会に先生に聞いておくべき質問をまとめてみました。

7月以降忘れず申請しよう 子育て世帯臨時特例給付金

消費税が8%に上がってから1か月が経とうとしている。 消費税が与える影響はどうだったのか。 ボクは、欲しいものを我慢する原動力までにはならなかったが、レジで最終のお会計を聞くと、「あ、なんか高い」と感じました。 おそらく、ボディのように効いてく…

働くママを増やさずとも少子化を改善する方法

1.女性の社会進出は少子化対策なのか? 保育園の増強など、少子化対策の一環として、女性の社会進出をサポートする政策がすすめられている。 消費税、子育て対策に…深層NEWSで少子化相 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) しかし、依然として、女性…

女性の社会進出が進むと少子化も進むのは本当か?

■女性の社会進出が進むと少子化も進む? 女性の社会進出が進むと少子化も進むと思うと、日本経済新聞社の調査に回答した働く世代は7割にのぼった。ただ海外では女性の就業率と出生率がともに高い国も多く、「女性が働くと少子化につながるというのは誤解」…

携帯型ゲーム機をやり過ぎると必ず近視になる理由

■ 子供の視力低下 小学生の視力が年々低下している。 文部科学省が実施している学校保健統計調査では、裸眼視力1.0未満の小学生は平成14年度は25.67%だったが、平成24年度で30.68%となったらしい。 (学校保健統計調査 平成24年度 9ページ参照) ■ なぜ視力…