読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

ちきりんさんに学ぶブログ成功・成長の4つの秘訣

 「「Chikirin日記」の育て方」を読んだ。

ちきりんさんが2005年3月から書き始めたブログ「Chikirinの日記」は、月間200万PVを達成。匿名で、顔を明かさず、独自ドメインも持たずに自分のスタイルを貫き通している。

そんなちきりんさんが書いた「「Chikirin日記」の育て方」を読んだ。

 

彼女は非常に冷静に自分のブログ成功・成長の理由を分析している。

もちろん、いいタイミングではてなダイアリーを始めていて、ソーシャルネットワークが発展する時代の波に乗ったこと。また、いいタイミングで本を執筆し、リアルワールドからも読者を増やしたことも大きな成功要因であろう。

 ブログを書く人が山のように増えてしまった今の世の中で、ここまでブログを成長させるというのはかなり難しくなっていると思うが、ちきりんさんに学ぶ、覚えておいて損はないブログ成功の4つの秘訣をまとめておく。

 

 

1.日記を書くことが大好き

まずはとにかく日記を書くことが大好きということだ。誰も読んでくれなくても、とにかく書くことは苦にはならなかったらしい。

アクセスがほとんどない3年間。

そのトンネル(彼女にとっては別に苦しくはなかったのかもしれないが・・)を抜けたときに、3年間ストックしてきた記事を一気に目にした人たちが、「この人面白い!」と釘付けになったようだ。

いきなり読者がたくさんいる状態なんてありえないのだから、まずは考えていることを書くということ自体が大好きでないと、ブログは続かないのだろう。

2.わかりやすい文章を書ける

彼女のブログの書き方が語られていたが、まずは伝えたいメッセージを決めるそうだ。

1つの記事に1つだけ。伝えたいメッセージがまず先にある。

これを伝えるような構成を考える。

そして、必要な情報を集めて、文字を書く。

このメッセージが独創的で、それでいて文章構成がしっかりしていて、わかりやすい言葉で書ける。これが、読者をぐっと惹きつけるのだろう。

そして、最後には音読して、読みやすさをチェックするそうだ。すばらしい。

以下のブログ記事にも紹介したエリート式の伝え方の基本を実践されていると感じた。

エリートのプレゼン資料の作り方~世界のエリートはなぜ「この基本」を大事にするのか?

3.すごく考えてブログを運営している

おちゃらけ系と言いながら、マーケティングをかなり意識して、ブログを運営している。そういう仕事をされていたようだ。

ブログの読者層として、こういう人たちに読んでほしいというものを明確にし、その人たちを惹きつけるために必要なことを発信しているし、そこにつながらないことはやらない。

自分の時間をとても大切にしていて、かける時間に見合うか?というコスト感覚も高い。

これは田端信太郎氏の「MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 (宣伝会議)」という本にも大事だと書いてあったが、まさに徹底して実践されている。

4.脱力系で欲がないから信用が得られる

そうして、ブログを成長させて、どこへ向かっていきたいのだろう?というところはあまり明確にされていない。

とても忙しいビジネスの世界はもう経験したから、もっと自分の好きなことをしながら生きていきたいという言葉どおり、あまりお金を稼ごうという動きは感じられない。

自分が本当にいいと思ったものを記事にするという基本を大事にしており、そういう商売っ気のない姿勢が、信用という価値を生んでいる。

 

まとめ

ちきりんさんに学ぶブログ成功の4つの秘訣として、ボクの心に特に響いたことを書いてみました。この本には、それ以外にも、いろいろなちきりんさんのルールや考えが書いてあるので、非常に参考になりました。

なるほどなるほど。