Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

指紋が付けられた日を特定する技術が発見された

Netherlands Forensics Instituteの発表によれば、指紋が付けられた日を概ね特定できる方法の開発に見通しが得られたようだ。

http://www.cnet.com/news/researchers-discover-how-to-tell-the-age-of-a-fingerprint/

 

今のところ、15日以内の指紋に限られ、精度は1日か2日のようだが、今後、時間レベルで特定することをめざしているらしい。

原理は指が残す汗や化学物質。

物質によって分解する速さなどが異なるので、その組成が変わっていくことに目をつけたようだ。

物質の変化を利用した予測手法であり、温度や湿度の影響も大きいようなので、もしかしたら、指紋が付けられたときから分析を始める時点までの温度や湿度を想定してプログラムにインプットしないと、答えが出ないのではないだろうか。

もしそうだとすると、精度を上げていくのは難しいかもしれない。

 警察が指紋を調べて、指紋を残した容疑者を取り調べたとき、それはずいぶん前の指紋ですと反論されたら、グーの音もでなかったのかもしれないが、指紋が付いた日が特定できてくれば、役に立つのかもしれない。