読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

超一流の営業マンが実践している3つのスゴイこと

 

f:id:gumojin:20140720125612p:plain

仕事をしていると、時々、「スゴイなこの人は!」という営業マンに出会います。

営業ほど、やっていることの差は微妙な違いでしかないのに、相手の受け取り方や世界までもを変えてしまう職種も珍しいのではないでしょうか。

スゴイ営業マンには、どうせならこの人から買いたい!と思わせるチカラがあり、それって、本当にスゴイなと思うのです。

 

具体的に、スゴイなと思った3点を挙げてみます。

 

1.共通の話題を探すのではなく、経験を共有してそれをネタにする。

営業の第一歩は、ずばり、相手との距離感を縮めることでしょう。
 
よく、ビジネス書なんかには、相手との共通の話題を探して共感を生みましょう。
そうすれば、距離感が縮まるよーという話が載っています。
それはそれで、有効なのだと思います。
 
しかし、ボクの出会った営業マンは、まず一緒に時間を過ごす機会を作ろうとします。
そして、一緒に過ごした時間に起こったモノゴトを、ネタとして面白おかしくとらえ直し、それをそのあとずーっと何度も話します。
それが、相手の良さが出たエピソードであれば、なおさらです。
その話を、相手の上司などに対しても何度も行うことで、相手の価値観も高まるし、皆で楽しい気分を過ごせるのです。
 

2.相手に聞くのではなく、相手の気持ちを汲んで最適な選択を提案する。

何かを決めるときに、相手に、どちらがいいですか?とか、
いつにしましょうか?とか、
どこにいきましょうか?とか、
いろいろ聞いてしまうのが間違いないですが、聞かれた方は、それなりに気を使って答えることになります。
(もちろん、気を使わずに、自分の希望を言える相手ならそれでよいのですが)
 
相手に気を使わせないようにしようという気遣いがあるのでしょう。
その営業マンは、こうしましょうか。という具体的な提案を1つ言ってしまいます。
それが、絶妙な提案なので、じゃあ、そうしましょう。ということでまとまってしまいます。
 
これは、相手の志向や価値観、気持ちをよほどよく理解していなければ、心地よさは生まれないので、かなり高度なスキルなのだと思いますが、そういうことをやれてしまう営業マンは、本当にスゴイと思います。
 

3.難しい話は、正直に断る

関係が深まれば、お客さんのわがままを聞くことも増えてくるでしょう。
そこでやっぱり適度な距離感が必要だわと、距離を取ろうとせずに、その壁を勇気を持って乗り越える必要があるんです。

さすがに難しいですよ。ということは、はっきりと相手に回答をすれば良い。
それまでに、いい距離感がはかれていて、信頼できる関係があれば、断るときも、正直にはっきりと言えばOKなのです。
関係が作れていれば、相手にも、そんなに無理なことを言って営業マンを困らせたくないという気持ちも出てくるのです。
相手を信じるということなんだと思います。
 
営業だけに関わらず、人といい距離感で時間を過ごすときには、この3つのことをときどき思い出してみてはどうでしょうか。
 
今日はいじょうでーす。