Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

筋トレやランニングの前に食べるのにベストな11個のもの

 

筋トレやワークアウト(運動)の前に食べておくとよいもの11個がPeruvian Power Foodsの著者であるManuel Villacorta氏によって挙げられている。

 

Peruvian Power Foods: 18 Superfoods, 101 Recipes, and Anti-aging Secrets from the Amazon to the Andes

Peruvian Power Foods: 18 Superfoods, 101 Recipes, and Anti-aging Secrets from the Amazon to the Andes

 

 

詳細は、以下の記事に詳しく書いてあるのですが、かいつまんで紹介してみたいと思います。

11 Of The Best Things To Eat Before A Workout

 

 

1.バナナ

すばやく炭水化物を取るにはやはりバナナがいいみたいです。

 

2.オートミール

食物繊維が含まれているので、血液の中に炭水化物を安定して取り込むことができるようです。

 

3.カフェイン

カフェインは、エネルギーを産み、疲労を和らげ、また脂肪を燃やしやすくする効果があるとのこと。

 

4.フルーツスムージー

良質のプロテインを素早く消化して取り込むことができるようです。

 

5.ひよこ豆

信じられないくらい簡単な運動前のスナックらしい。

コップの1/4だけで、タンパク質10g、炭水化物30g、繊維9gを得ることができるのだとか。これはちょっと聞いたことがなかった。

 

6.卵白

卵1個分の卵白には4gのタンパク質があるが脂肪は含まれていないのでいいとのことです。

 

7.ドライフルーツ

運動前に数分しかないようなときに、即座にエネルギーを得るためにはドライフルーツがよいみたいです。

 

8.全粒粉のトースト

全粒粉のトースト(茶色い感じのパン)には、食物繊維や炭水化物がしっかりと詰まっているみたいです。

 

9.チキンの胸肉とブラウンライス

ブラウンライスに含まれる複雑な炭水化物は安定したエネルギーの供給を助けるようです。

また、チキンの胸肉は、運動後の筋肉の修復に必要な炭水化物をえることができるとのこと。

 

10. ギリシャヨーグルト

これって、いわゆるカスピ海ヨーグルトなんだろうか・・。

ギリシャヨーグルトには普通のヨーグルトのおよそ2倍のタンパク質が含まれていて、しかも、砂糖がずっと少ないようです。

 

11.マカ

エネルギーとスタミナを得るために、マカは役立つようです。

これはサプリとかで最近よく売っているやつでよいのかな。

 

以上、11個が挙げられているが、とにかく空腹ではいけないようです。

運動のためにはエネルギーとなる炭水化物が必要だし、運動後の筋肉の修復にはタンパク質が必要だからです。

運動と食事の間は45分~1時間はあけた方がよいみたいなので、朝運動するとなると、ちょっと大変ですね。

 

仕事をしていて、残業に突入すると、小腹を満たす必要があるが、このときにも、同じようなものを口にするのが有効かもしれないと思いました。

たとえば、ドライフルーツはオフィスでも手軽に食べれそうです。

ひよこ豆というのも新鮮だったが、ドライの方が手軽なので、節分の豆なんかで代用できないのだろうかと思ってしまいました。

 

今日は、いじょうでーす。