Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

小学1年生1学級あたり40人にするかもという話

 
今朝の日経新聞では、財務省が、小学1年生を40人学級にして、先生を4000人減らして、義務教育の国庫負担を約90億円減らそうと文科省に提案しようとしているらしい。
 
 
1年生ならまだいけると思っているのかもしれないが、うちの子のクラスは、ギリギリ35人になってしまっており、その様子をみる限りは、先生はかなり大変そうだ。
1年生だからこそ、まだ聞き分けがつかず、先生も一人一人を見れているかと言えば微妙だと思われる。
 
他の国を見てみると、1学級あたり20人くらいが当たり前だ。

 

f:id:gumojin:20141023232518j:plain
 
なぜ、ここを削らないといけないのだろう。
 
おそらく、文科省が反論するとは思うが、こういう議論が出てくることが、日本の衰退を意味しているのではないかと不安になる。
 
ちなみに、国庫負担は1/3らしいので(1.義務教育費国庫負担制度の概要:文部科学省)、4000人減らせば270億減らせるということ。先生の平均給与は675万円ということになる。。