Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

こんな話し方したら嫌われます(「なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方」より)

 

昨日は、心をつかむ話し方に関する本を紹介しました。


「一瞬で心をつかむ話し方」(野口敏氏)から学ぶコミュニケーションの基本 - Voyage to the Future

 

今日は、逆に、嫌われる話し方の例が載っている本を読みましたので、紹介したいと思います。

 

タイトルのイメージとはちょっと違って、この本は「こんな話し方したら嫌われます」という例が83個挙げられています。

こういう人いるわ。とか、ああ言ってしまうときあるなあ。と思いながら、ざーっと読んでチェックする本としていいですね。

なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方 (ディスカヴァー携書)

なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方 (ディスカヴァー携書)

  • 作者: ディスカヴァー・コミュニケーション・ラボラトリー
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2007/11/15
  • メディア: 新書
  • 購入: 4人 クリック: 50回
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

 ☑「なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方」の要点

特に心に止まったところを以下にメモしておきます。

  • 相手の話を要約しない。一般化しない。
  • 誰でも、自分の特別の話を丸ごと聞いて受け入れてほしい。
  • 相手との違いを強調したり、競わない。
  • 責められていると勘違いして弁解をしない。相手は加害者にされて嫌な気持ちになる。
  • 「きみは、○○な人だからね」と決めつけた言い方をしない。そんなに簡単に自分のことが分かるはずないし、変わるかもしれないのに。
  • 言うべきことを言わないことは、常識がないとか思いやりがないというような誤解を生む。感謝とか挨拶とかお祝いとかねぎらいとかお悔みとか謝罪とか、言うべきことはちゃんと言う。
  • 目の前で他人をほめるのは避ける。
  • みんなの前で誰かを叱らない。
  • 通常の指示系統や担当をスキップしてその下の担当に直接指示しない。
  • 相手が間違っていても、「はい、申し訳ございません」とまずは誤る。相手が間違っていることにはそのうち気づく。とても重要な誤解についてだけ、あとで釈明すればよい。
  • 相手をわざと不快にさせてやろうという悪意のある言葉は、他人にはなかなか使わないが、あろうことか、家族に使われることがある。「わたしは不快なんだから、あなたも不快になりなさい」という不満の表現だ。本当は、「もっとわたしのことを理解して。大事にして」ということが言いたいのだ。
  • 断られて不快になるのを恐れて相手にうまく頼めないから、大変そうなそぶりをしたり嫌味を言って、相手に悟らせようとすることがあるが、こんなやり方はうまくいかない。ちゃんと頼んでみる。
  • 何かをしながら話を聞かない。相手にとって自分はあまり重要な存在ではないと思わせてしまう。自分は受け容れられていないという不安を抱かせることになる。
  • 家族のことをよく見て、ちゃんと誉めよう。感謝の気持ちを伝えよう。いたわりの言葉をかけよう。 

 

☑「なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方」の論点

ボクには会社で言われていつも腹が立つフレーズがあります。

「〇〇君は、真面目だからなあ。」というものです。

いや、そんな簡単にラベルを貼るなよと思います。

そりゃ仕事だから、確認をしっかりとして、角度の高いアプローチをするのが基本だと考えてますよ。今の組織では、どちらかというとそういう人材が少ないから、そこをカバーしているという気持ちもある。

そういう面倒くさいけれど、しっかりとやっていかないといけないと思っているからやっている姿勢に対して、「真面目」という言葉で片付けるなよと。そんなに簡単に人のことをわかったように言うなよ。という怒りが湧いてしまうのです。

 

これは一例にすぎませんが、

誰でも自分のことは特別で、いろいろな一面のある存在だと感じていて、それを相手にそのまま受け止めてほしいのです。自分を認めてほしいのです。

それなのに、大事にされていないと感じたり、ありきたりの存在として扱われてしまったら、とても寂しいし、嫌いになってしまうのです。

 

考えてみれば当たり前のことですが、なかなか実践は難しいのも事実です。

 

そして、他人からこういう言葉を投げかけられた時にも、取り乱さずに、「この人はわかってないなー。もったいないなー」くらいで、スル―できるようになりたいものです。

 心の余裕が必要ですね。

☑「なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方」のまとめ

今日は、他人が期待していることってなんだろうかというのをよく分かったうえで、相手の気持ちに立った話し方・聞き方をするべしということがよくわかる、ダメな話し方がたくさん載っている本の話でした。

 

 kindle版はこちらです。

なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方 (ディスカヴァー携書)

なぜか好かれる人の話し方 なぜか嫌われる人の話し方 (ディスカヴァー携書)

  • 作者: ディスカヴァー・コミュニケーション・ラボラトリー
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2012/10/18
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る