Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

未来を恐れず過去に執着せず今を生きろ〜堀江貴文氏の近畿大学卒業式講演より

 
ホリエモンこと堀江貴文氏が近畿大学の卒業式で講演された映像がYOUTUBEで公開されています。
f:id:gumojin:20150415214010j:plain
 
 
常々勇気をいただいている堀江貴文さんの講演ということで、さっそくチェックしました。
 
彼のメッセージは、やはり期待通り、シンプルで力強くて、以下の2点だったと思います。
  • 自分で情報を集めて考えて行動せよ。
  • 未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。
もう少し詳しく見ていきましょう。

 

☑️ 自分で情報を集めて考えて行動せよ。

これまでは、敷かれたレールの上を走ってきたのかもしれないが、それももう終わり。
インターネットやスマフォのおかげで、世界はとんでもないスピードで変わりつつあり、 世界一流の知識に誰でもどこからでもアクセスできる時代になってきている。
途上国の発展スピードはめまぐるしく、古き良き日本の豊かな時代はもう取り戻せないかもしれない。
そんな危機感を持てている人は、今の政財界にも少ない。
常識なんて5年10年で変わってしまう。
若者がこれからのグローバルな世の中で生き残っていくためには、常識に縛られず、自分の頭で考えて行動していく必要がある。 
 

☑️ 未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。

過去を悔やんでも何もいいことはない。
チャレンジしたら失敗するのは当たり前。逆にチャレンジしなければ成功もない。
だから、失敗を恐れずにチャレンジして、失敗したらそのときに、再発防止策を考えれば良い。
そして飲んで忘れよう。
 
老後のことはその時考えよう。10年後、50年後のことなんて予想できない。わかりっこない。
未来のことを考えても意味がないのだ。
 
だから、今を集中して生きよう。
目先のことに集中しよう。そこからしか、何も始まらない。
 
未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。
 
ーーーーー
 
以上、映像を見た上で頭に残ったことを書いてみたものなので、言葉は正確ではないところもありますが、概ねこういうことを真剣に熱く語られていました。気になった方はぜひオリジナル映像をチェックください。
 
ちなみに、思い出したことを書いておきます。
 

☑️ スティーブ・ジョブズのstay foolish の意味がわかった

堀江氏の講演から、ふと、かの有名なスティーブジョブズのスタンフォード大学の卒業式スピーチのくだりを思い出しました。
 
点と点のつながりは予想できない。
しかし、いまやっていること〜その点〜がどこかに繋がることを信じろ。
そうすれば自信を持って歩き通せる。違うところに到達できる。
 
堀江氏の目先のことに集中するということは、これがどこかにつながっていることを自分が信じ切れるかどうかに関わっていると思うのです。
かつ、スティーブの最後の言葉の stay foolish のとおり、ばかにならないといけません。
 
foolishの意味がやっとわかった気がします。
 
みなさんも、試しに、未来の危険予知、リスク回避の比重を下げて、目先に没入する時間や領域を増やしてみてはどうでしょうか。
未来なんてわかりっこないし、いつ死ぬかもわからないのですから。