読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

ビジネス書売れてるランキング(2015年8月)

夏休みも終わり、すっかり秋の気配ですね。
読書の秋に向けて、TSUTAYAと紀伊國屋書店と有隣堂の3つで、この夏後半に最も売れたビジネス書をチェックしてみました。
 

TSUTAYA ビジネス書ランキング 2015年8月

TSUTAYAランキング 本セル/ビジネス - TSUTAYA online - ランキング

1位がこの本なんですね。「身近な人が亡くなった後の手続きのすべて」。この本は現時点でkindleで売ってないみたいで、だからこそ本のランキングが高いということなのか、やはりみんな1冊持っておきたいと思う本なのか、わかりませんが、とにかく1位です。

 

その他、「平常心のコツ」「嫌われる勇気」「伝え方が9割」。これらは、ものすごく長い間ランキングに入ってますね。

あと個人的には「超一流の雑談力」って、何が書いてあるのか、読んでみたいですね。

松岡修造の人生を強く生きる83の言葉

 
 

紀伊国屋書店 ベストセラー(8/6〜9/4)

紀伊國屋書店ジャンル別ベストセラー - マンスリー - 和書 ビジネス - 紀伊國屋書店ウェブストア

 紀伊國屋書店はどうだったでしょうか。TSUTAYAとは半分くらい違う本がランキングしています。

「日経平均は3万円を超える」は、この8月に起きた株の急下落を反映したものなのかよくわかりませんが、この本で描かれた予想シナリオどおりなのか、崩れたのか、ちょっと気になりますね。

BBT大学シリーズの「プロフェッショナル・シンキング」 。大前研一氏の本を読むと、頭スッキリと考えられるような気持ちになるので、これもチェックしたいですね。

一番気になるのは10位の「ワーク・ルールズ!」。グーグルの人事トップが、社員の創造力を最大限に引き出すための仕組みについて、惜しげもなく語っているとのことで、これは、日本の経営者や人事担当者ならば、読まずにはいられない、いや、読まなければならない1冊でしょう。

 

 

有隣堂の月間ビジネス書ランキング

 
有隣堂のベスト10には、上2つの書店にはない4つの本がランクインしています。
「熱狂宣言」というのは、外食業界のスターである松村厚久社長の生き方を描いたもののようです。若年性パーキンソン病と闘いながら前向きに仕事をされている姿勢がどのようなものか、気になります。
個人的には、子供の教育に興味が有るので、中室牧子氏の「学力の経済学」は読んでみたいです。
ジェリー・ミンチントンの「心の持ち方・完全版」。「心の持ち方」はボクも持っていて、古い本ですが、完全版ということで何か変わったのか、気になりますね。