読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

ビジネス書売れてるランキング(2015年11月分)

f:id:gumojin:20151207084042j:image
 
アドラー特集の途中ですが、12月もだいぶ過ぎてきてしまったので、ここらでいったん恒例のビジネス書売れてるランキング(11月)をまとめておきます。
例によって、TSUTAYAと紀伊國屋書店と有隣堂の3つの書店で、11月に最も売れたビジネス書ランキングベスト10をチェックしたものです。
 
 
「超一流の雑談力」がまた勢いを取り戻したようです。
心理術や話し方など、やはり対人関係を急激に向上させたいという欲求が世の中には大きいみたいですね。
あとは、ストレスや食べ物など健康に関する本。そして、経済・マネー関連の予想本ですね。

 

以下の「本の表紙写真」はAmazonのサイトにリンクされてますので、それぞれの本の目次や詳細など、気になった方はチェックしてみてください。
 

TSUTAYA ビジネス書ランキング 2015年11月

 
あまり先月から変わってない印象ですが、2冊くらい新しい本がランクインしてますね。
 

1.超一流の雑談力

超一流の雑談力

また1位に返り咲きました。なかなか根強いですね。
ボクの感じたことはこちらにまとめています。

2.黒すぎる心理術

他人を支配する黒すぎる心理術 

こちらも2ランクアップ。 対人関係を良くする話?

3.人生はもっとニャンとかなる!

人生はもっとニャンとかなる! ―明日にもっと幸福をまねく68の方法

 
2ランクダウンですが、まだまだ売れてます。

4.身近な人が亡くなった後の手続きのすべて

身近な人が亡くなった後の手続のすべて

 こちらも先月から1ランクダウン。

5.結果を出せる人になる「すぐやる脳」のつくり方

結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方

そのまま5位。茂木さんは強い。

6.「学力」の経済学

「学力」の経済学

これもそのまま6位。
ボクも読んでみましたが、子育てのヒントが科学的なデータと分析を元に展開されており、とてもためになる本です。

最新の研究データが教えてくれる9つの子育てのヒント(「学力の経済学」を読んで) 

7.嫌われる勇気

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

こちらもそのまま7位。
当ブログでまとめた、アドラー特集も、ぜひチェックください。

8.一瞬でYESを引き出す心理戦略

一瞬でYESを引き出す 心理戦略。

初登場。DaiGoさんの本です。気になります。

9.スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

初登場。ご存知、ケリー・マクゴニガルの新著です。
こちらもいわば、心理学の話。
ストレスが体に悪いと思うから本当に悪くなった。私のせいだわ。みたいなことをTEDで語っていた記憶がありますが、ストレスと友達になり、力に変えようというわけです(ケリー・マクゴニガル 「ストレスを友達にする方法」 - YouTube)。

こちらもチェックください →ストレスを力に変える考え方 

10.たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

 魚住りえアナウンサーの本。すごく売れてるようですね。
14位からまた戻ってきたようです。
 

紀伊国屋書店 ベストセラー(11/6〜12/5)

 
 紀伊國屋書店はどうだったでしょうか。TSUTAYAとは少し違う本がランキングしていますし、先月とはまた違う本が入ってます。
 

1.超一流の雑談力

こちらでもまた1位に返り咲きました。

2.シリコンバレー式自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

2ランクアップです。気になっている1冊。 

3.最新EC業界大図鑑2015

2015年のEC業界を総まとめ! !  最新 EC業界大図鑑

 amazonや楽天など、イーコマースの100社以上のデータをまとめたものらしいです。こういうのが売れてるんですね。

4.本当は「おいしい」フードビジネス

ファーストコールカンパニーシリーズ 本当は“おいしい

 

食品業界のコンサルティング事例が載っているんだとか。

こういう本が売れてるんですね。

5.嫌われる勇気

こちらでも5位に入ってます。

6.女性に優しい会社 大光電機

女性に優しい会社 大光電機―――~50歳以上の男性にも少しだけ優しい会社~

先月1位でしたが、6位です。
時代にあった本ですね。

 7.トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」

トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」

金持ち父さん的なタイトルですが、一歩踏み込んだことを書いてあるような気がして、ちょっと気になってます。

8.文藝春秋オピニオン2016年の論点

文藝春秋オピニオン2016年の論点100 (文春MOOK)

年末を感じさせる1冊。

9.中国バブル崩壊

中国バブル崩壊 (日経プレミアシリーズ)

地味に1ランクアップ。

10.たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

 

有隣堂の月間ビジネス書ランキング

 
有隣堂のベスト10には、 上にはない6冊がランクインしています。 

1.超一流の雑談力

有隣堂でも1位!  

2.結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れるー能力以上に結果が出る「行動力」の秘密

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

1ランクアップ。
行動に移すためには「気分」が大事なのだとか。読みたいと思ってます。

3.スタンフォードのストレスを力に変える教科書 

こちらでは3位に入ってきてます。

4.大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる 

初登場ですね。日経新聞の広告などにも出てました。
手っ取り早いのをみんな求めています。

5.たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

6.日本の論点2016-17

大前研一 日本の論点2016〜17

ご存知、大前研一さんの本です。

なんか目を通しておきたい本ですね。

7.学力の経済力

8.国も企業も個人も今はドルを買え!

国も企業も個人も今はドルを買え! 「Xデー」に備えるマネー&キャリア防衛術 PHPビジネス新書

藤巻健史氏のドルを買えという話。
1ランクアップです。

9.会社四季報業界地図 2016年版

会社四季報 業界地図 2016年版

1ランクダウン。

10.再発する世界連鎖暴落ー貧困に沈む日本

再発する世界連鎖暴落――貧困に沈む日本 (Econo-Globalists 18)

またどこかで株は急落するのか?
資産運用をしている人が気になるタイトルの本はやはり強い。
 
 
以上、2015年11月のビジネス書の売れ筋ランキングでした〜。