読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

20年間治らなかった水虫を完治してわかった治療の3つのポイント

健康

 

f:id:gumojin:20160529204516j:plain

5月も終わりにさしかかり、ジメジメした湿度の高い季節がやってこようとしています。

ちょっとしたカミングアウトなのですが、実はボク、学生時代に研究室の先輩から貰い受けた軽微な水虫に20年近く悩まされてきました。

学生時代、工場で実験装置とか自作するんですが、そのときに履く共用の安全靴が原因だったに違いないと思います。

それ以来、少し湿気があって暖かい日に足が蒸れたりすると、水疱が3つか4つ足の裏に現れて、ちょっと臭うかなぁという不安な感じになり、その度に薬局で高〜い薬を買ってきて、患部にちょんちょんと塗っては、事なきを得る。

年に3,4回くらいの頻度ではありましたが、こんなことを毎年繰り返して、気づいたら20年くらいたっていたわけです。

20年ですよ。赤ん坊が大人になるレベルの年月です。

そんな水虫をついに根治

そんなボクですが、なんと、今年の3月と4月の2ヶ月で、この水虫を完全に治療することに成功しました。

きれいな足を取り戻したのです。

f:id:gumojin:20160529210313j:plain

 

なんだ、こんな簡単に治るんだったら、早くやっておけばよかった〜と感じつつ、もしかして、同じような悩みを抱える皆さんのお役に立てるのではないかと、恥ずかしながらも、今日は、水虫を根治するための方法について書きます。 

このやり方で治療を行えば、たったの2ヶ月で水虫とおさらばできます。

根治できれば、こんな嬉しいことがあります。

  • 足が蒸れてもドキドキしなくて済む。
  • 素足にスニーカーという石田純一ばりのオシャレ?もやれないことはなくなる。
  • 子供にうつるんじゃないの?という嫁からの警戒の目線もなくなる。
  • 高い水虫の薬を薬局で買わなくてもよくなる。

 

水虫を根治した方法とは

そのための方法を一言で言うと、

皮膚科に行って、薬をもらって、2ヶ月間、ほぼ毎日足の裏と指全体に塗り続ける。

ただ、それだけです。

 

皮膚科に行ったのは、この3月に、今年初めての水疱が現れたことがきっかけです。

ああまた来たなと。

そして、はたと考えました。

またボクは、もぐらたたきのように、こいつを一時的にやっつけた気になって、でもやっぱり再発することへの恐れ、いやむしろ、確信をしながら過ごしていくのだろうか。

そんなのはもういやだ。

今年に入って、以下の記事に書いたように「めんどくさいと思ったらやる!」という考え方を身につけていたボクは、まずは一回皮膚科に行ってみようと、ついに行動を起こしたのです。

「めんどうくさい」ことを後回しにせずにやるための考え方

 

皮膚科の医師が教えてくれた水虫治療のポイント

皮膚科に行ったら、まずは足の細胞を採取され、プレパラートに乗せた細胞を顕微鏡で確認されました。そして、お願いして見せてもらいました。

そしたら、いわゆる水虫菌(白癬菌というカビ)が居りました。

糸みたいなやつです。

こ、こいつか〜。

そして、お医者さんに根掘り葉掘り聞いて得たアドバイスを基に、2ヶ月間の治療を行ったのです。

そこで医師から教わった、水虫治療の3つのポイントは次のようなものでした。

 

1.もらった薬を毎日塗る

皮膚科では、チューブ状の塗り薬をもらいました。

ルリコンクリーム(ルリコンクリーム1%の効果・副作用 - 医療総合QLife)というやつです。

軟膏でとても塗りやすいです。

副作用として炎症を起こすケースもあるようですが、ボクは大丈夫でした。

f:id:gumojin:20160529202228j:image

 

これを足の裏などに塗るのですが、塗り薬なので、皮膚の内側に入り込んだ水虫菌に対して、表面にしか塗れないところがネックです。(爪水虫とかは、塗り薬が届かないから飲み薬という手もあるようですが、それはそれでなかなか大変らしい)

だけど、皮膚は毎日少しずつ新しい皮膚に入れ替わっていき、古い皮はむけていくので、毎日続けて塗ることで、少しずつ奥深くにいた水虫菌にアプローチできるというわけです。

ボクは夜寝る前に塗ってました。

ちなみに、水虫菌というのは、24時間くらいかけて皮膚の内側に侵入していくようなスピード感らしいです。

思ったよりゆっくりなので、逆に言うと、表皮に付着した菌は24時間の間にちゃんと洗えば入っていかないようです。予防としては、まずは毎日足だけでも洗うことが大切ですね。学生時代は徹夜で実験したりしてたから、もうイチコロだったんでしょうね。

2.足の裏全体と指、かかとまで広く塗る

 菌は、思ったより広い範囲に生息しているようです。だから、水泡が出た周辺にちょっと薬を塗っただけでは、足の裏の菌を根絶できない。だから、いつまでも再発するのです。

足の裏と足の指全体。そして、かかとの少し上の方(アキレス腱の周囲)。

そこまで全体に薬を塗るのです。

 

3.2ヶ月塗り続ける

足の裏の皮膚(角層)は2カ月かけて完全に入れ替わるらしいです。

だから、その2カ月は薬を塗り続けてください。

わりとみるみる、足の裏はキレイになってきますが、そこでくれぐれも油断しないように!と、お医者さんに釘を刺されました。

 

ということで、水虫を根治したかったら、

皮膚科に行って、薬をもらって、2ヶ月間、ほぼ毎日足全体に広く薬を塗り続ける。

ただ、それだけです。

 こんなパンフレットももらいました。

  

費用はどんなものか?

市販の薬だと、小さいくせに1個2000円くらいするでしょ?

ラミシール、ダマリン、ブテナロック、エクシブ、ピロエース。 いろいろ種類があるけど、どれも高い。

足の裏全体に毎日2ヶ月塗るためには、何本必要なんだろう。

f:id:gumojin:20160529144924j:plain

ちょっと現実的ではないですよね。

だけどあれだけ薬局で売ってるということは、ニーズがあるんだと思います。

そんな方には是非、一度皮膚科に行ってみてほしい。

ボクの場合、2回の通院で、かかった費用は薬2カ月分を含めて、だいたい5000円くらい。保険が効いたのがデカいのかな。

本日のまとめ

皮膚科に行くという一歩目を踏み出すだけで、長年付き合ってきた水虫を2ヶ月で根治できました。

根治してしまえば、足が蒸れやすくなる梅雨の季節も、革靴をずっと履いている出張の日とかも、変な心配をしなくても済む。これは想像以上に心を軽くする出来事になりました。

 水虫にちょっとでも悩まれている方は、まずはお近くの皮膚科に行ってみてください。

 

ちなみに、水虫に悩む女性の方へ

聞くところによると、水虫に悩まれている女性の方も多いみたいですね。

ストッキングで革靴とか、汗をすわないだろうし、そりゃ、大変だと思います。

皮膚科に行くのが一番確実ですが、もし恥ずかしい気持ちもあったり、忙しいならば、今回紹介したやり方で、2ヶ月根気よく、市販の薬でもいいから、足全体に塗り続けてください。

足に広く塗るには、クリーム状が良いと思います。

 市販薬で完治したわけではないので、わかりませんが、クリーム状だと、こんなものがあります。

【指定第2類医薬品】ブテナロックVαクリーム 15g

【指定第2類医薬品】ブテナロックVαクリーム 15g

 

   

【指定第2類医薬品】メンタームディープナー10クリーム 35g

【指定第2類医薬品】メンタームディープナー10クリーム 35g