読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

16年前の缶ビールをついに開けてみた話

16年前に購入した缶ビールが、1本家にありました。
2000年の沖縄サミットのときの記念缶ビールです。
f:id:gumojin:20160605230831j:image

沖縄でサミットが開催された当時、沖縄旅行にいってまして、思わず購入したものを大切にとっておいたのです。
沖縄の海に浮かんでいたとき、要人を乗せていると思われる、でっかいアメリカの飛行機が沖縄に着陸したを思い出します。

今回、伊勢志摩サミットが終わったことを記念して(もう遅いけど)、我が家では、この16年前のオリオンビールを開封することにしました。
ワインならまだしも、さすがにアルミ缶もそろそろヤバイカモということも気になってて、開封に至った訳です。

16年前のビール開封

16年はそこそこ長い。
ボクの人生でもいろいろありました。
その間、どんな気持ちで、このビールは暗い缶の中で閉じ込められてたのでしょうね。
なーんて、思いを馳せつつ、さっそく16年前の缶ビールを開けました。
プシュっ。ジョボジョボジョボ。

グラスに注いだビールは、こんな感じでした。
f:id:gumojin:20160605231718j:image

泡立ちも良くて、まあそんなに違和感ありません。オリオンにしては、色濃いのかな?
まあいける感じです。

f:id:gumojin:20160605231758j:image

口に含みました。
まずかったです。

ビールは本来のどごしで飲むべきなのを、そうしなかったせいなのか、よくわかりませんが、まあ、ごくっといく勇気はありませんでした。

まとめ

この16年、ずっと大事に残してきた特別な缶ビール。
思いきって開けてみたら、見た目は思ったより良かったけど、さすがに飲めなかったという話でした。

(昨夜、この記事を寝ぼけながら公開してしまい、途中だったので、改めて公開し直しました。)