Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

【読書】会社に頼らず生きるために知っておくべきお金のこと

泉正人氏の「会社に頼らず生きるために知っておくべきお金のこと」 を読んだ。

 特に感じたことは、以下である。

 

①やっぱり甘くない

借金をして、大きな資本を基にいろいろ工夫して、 得られる年間の利益は、売上のほんの数%。

そういう世界で、商売はせめぎ合っている。

年間500万円稼ごうと思うと、1億円くらいの売上が必要なのだ。 材料を仕入れて、加工して、売る。 月々回しているキャッシュフローも、それなりの額となるので、 何かのきっかけで資金繰りが厳しくなるということが、よくわかった。

それに引きかえ、サラリーマンは 特に、材料費などの先行投資を要さずに、 年収数百万円などをもらえる。 ローリスクでミドルリターン。

そりゃ、多少の上司の理不尽くらいは、耐えなさいという感じだ。

 

②だけど商売をやってみたい

アパート経営や、楽天でのネットショップなどの、 具体例に触れられていたので、 商売の時のお金の動きがすごくイメージできた。 商売が身近に感じられ、やってみたくなった。

 

具体的な例を複数挙げて語られていたので、 起業したときのお金のことがイメージできた。

 

まとめ

サラリーマンをしっかりとやりつつ、しかるべき時にも備えながら、自分を磨いていきたいものだ。

 

会社に頼らず生きるために知っておくべきお金のこと (Sanctuary books)

会社に頼らず生きるために知っておくべきお金のこと (Sanctuary books)

  • 作者: 泉正人
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2011/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログを見る