Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

オーディオブックは聴き放題のaudibleから個別購入のfebeに移行してみた

 

f:id:gumojin:20150214164921j:plain

通勤の隙間やジョギング、運転などの時間に本を読めるオーディオブックは、2016年に、新しい習慣として取り入れたビッグアイテムの一つでした。

オーディブルというサービスから、febeというサービスに変えているので、このあたりのことについて、少し紹介しておきます。

オーディブルaudibleがきっかけ

月々定額1500円で聴き放題のオーディブル(audible)。

昨年、amazonが新たに始めたこのサービスが、ボクがオーディオブックを始めたきっかけでした。

Audible (オーディブル) 1か月無料体験

 

普段お金を払って買おうと思わないような本を、気軽に読んでみることで、本の世界を広げることができました。

読み放題の世界は、このメリットが大きいですね。 

 

そして、febeも結構いい。

そして、audibleはまずまず聞き散らかしたところで一旦お休みし、今はフィービー(febe)というサービスの方をメインに使っています。

 

febeは、オーディブルと違って、聴き放題ではありません。

聴きたい本を一冊ずつ購入するサービスです。

しかし、ベストセラーや話題作がかなり揃っています。

1冊ずつにお金を払うというところに、少し抵抗はありましたが、月々980円支払い、プレミアム会員になれば、毎月1冊のクーポンがもらえますし、会員のみが購入できる特別セールがちょくちょく開催され、ポイントも貯まっていくので、以外にわずかな追加費用で、ホントに読みたいと思う本を月に何冊かゲットできます。

あのアドラーの「嫌われる勇気」とか、「海賊とよばれた男」なども、febeならば聴けるわけです。この、読みたい本があったことが、大きかったですね。

「海賊とよばれた男」戦後の日本が失いかけている大切なこと

 

audibleと違って、プレミアム会員を辞めても読める(はず)なので、安心ですよね。

耳で読む本「オーディオブック」febe

 

今後のオーディオブックとの付き合い方

今後もしばらくはfebeを使っていこうと思います。

オーディオブックは小説や物語と相性がよいように思うので、欲を言えば、もう少しメジャーどころの小説を扱ってほしいところです。

あまり小説を読んでこなかったボクですので、ここらで取り戻すべく、ジョギングしながら、今気になっている村上春樹、松岡圭祐、東野圭吾、西加奈子とかの小説を聞ければいいのになあ。

 

ただ、audibleでも、ハリーポッターシリーズなどもラインナップされているので、febeで読みたい本がなくなってきたら、またaudebleの方復帰するかもしれません。

ハリー・ポッターと賢者の石

 

それでは〜。