Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

ほぼ日手帳のカバーも買ってしまったがめちゃくちゃいい。

 f:id:gumojin:20170530213947j:image

先日、ほぼ日手帳を買ってしまった話をしましたが、かなり満足しています。

新年度はほぼ日手帳 - Voyage of Life

 

1日1日の振り返りを、ほんの少しでも書き込みたいというこの気持ちは、この手帳を買ったからこそ高まっているのだと思います。

持っていた小説用のブックカバーをつけて、しばらく過ごしていたのですが、ほぼ日が売り出しているカバーをついに買ってしまいました。

f:id:gumojin:20170530213905j:image

手帳サイズより一回り大きいのですが、チャックを締めて、まとまりある形になるのがいい感じです。

 

 外のポケットにはスマホが入ります。

f:id:gumojin:20170530214034j:image

 

ペンを2本さして、さらにメッシュのポケットもあるので、蛍光ペンも入れられます。

f:id:gumojin:20170530214152j:image

ということで、

手帳×ペンケース×スマホケース

的なマルチなこのケースは、質感も良くて、持ってるだけで心を高めてくれます。

 

このケースが届いた時の段ボール。

f:id:gumojin:20170530214234j:image

 

ここにも、ほぼ日的なメッセージがありました。 

f:id:gumojin:20170530214317j:image

暗く深い森のなかであろうが、

海に浮かぶ孤島の波打ち際であろうが、

かならず、一人はあんたの味方がいる。

ぐるりと周りを見渡してごらん。

最大の味方は、その、

周りを見渡している人だよ。

「セフティ・マッチ氏の焚き火話」より

 

なかなか高かったけど、

この言葉に出逢えただけでも、

この手帳カバー買った価値があったわ。

そう思ってます。