Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

Google翻訳がものすごい進化をとげている!

 

f:id:gumojin:20161112211119j:plain

うそー、ほんとに?

Google翻訳の進化がものすごいことになっています。

日本語を英語に翻訳するシーンが劇的に変わるかもしれません。

 

Google翻訳が、Google Neural Machine Translation system (GNMT)という、最新のラーニング手法を用いて翻訳の品質を大幅に向上させたという発表が行われていたが(以下の記事)、ついに、日本語→英語の翻訳にも導入されたようです。


どれくらいすごいのか、試してみました。

 

「ディープラーニングって、どんなものか、まだよくわからないけれど、とても人間にはかなうものではないはず。特に、日本語なんて、文法が複雑だし、行間を読んでもらうことを前提に、日本語で聞いたって、何が言いたいのかわからないことが多いのだから。」

 

はい。これをGoogleくんに英訳してもらった結果がこちら。

 

”I do not really understand what kind of deep learning is, but it should not be very suitable for human beings. Especially in Japanese, the grammar is complicated, so it is often that you do not know what you want to say by listening in Japanese on the premise that you will read the line spacing.”

 

す、すごい。

これは、仕事に使えるレベルだ。少しの手直しで済むかもしれない。

すばらしいよ。Google様。

 

もうひとつくらい、試してみた。

「今日は、カーテン屋さんに注文していたカーテンが仕上がったという連絡を受けて、さっそく、クルマに乗って、受け取ってきた。領収書を見せると、問題なく、注文していたカーテンを店員さんが渡してくれた。クルマにカーテンを詰め込んで、家に帰るなり、カーテンを取り付けたんだ。」

 

はい。翻訳をお願いします。Google様。

 

”Today, I received a message from the curtain shop that the curtain I had ordered was finished, I got on the car and received it. When I showed the receipt, the clerk handed me the curtain he ordered without any problem. I packed the curtains in the car and as I returned home, I installed the curtains.”

 

うん。すばらしい。強いて言えば、店員さんが持ってきてくれたカーテンをオーダーしたのは"he"ではなくて、"I"だけれど、そこまでの文脈は読み取れなかったか。ふふ。

でも、すごいわ。Google先生。

 

皆さんも、さっそく試してみてください。 

Google 翻訳

 

ちまたの噂では、英語から日本語の翻訳は、これからなんだとか。

海外のサイトが言葉の壁なく読めるのは、楽しみが拡がりそうですね。

そして、英語学習との向き合い方が、少し変わってくるのかもしれません。