Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

9割の力がちょうどいい(山本昌)

f:id:gumojin:20110612142747j:plain

先日の山本昌のインタビュー記事(山本昌に学ぶチャンスをモノにする3つのヒント)の中には、実は次のような言葉もありました。

これは、結構示唆に飛んでいて、明日からも使えそうな考え方です。

 

9割の力で投げることも覚えました。8割の力では打たれる、10割の力ではすぐにへばってしまう。だから、9割がちょうどいいのです。

長く現役を続けたピッチャーだからこそ、説得力のある言葉ですね。

緩急もつけるという話もあったけれど、9割の力をベースにするのがちょうどいいということのようです。

 

これはそうかもしれませんね。

常に100パーセントだと、疲れてしまうし、こんなにやってるのにという、変な気持ちも生まれてきてしまう。

時々10割の力を出すと、「おっ」と周りに思わせる迫力が出る。

9割くらいの方が、余裕が出てきて、周りが見える。

 

9割の力をベースにするというアイデアは、とてもいいかもしれないな。

 

先日の記事で紹介した「全力で、ほがらかに」の考え方に通じるものがあります。