Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

7月以降忘れず申請しよう 子育て世帯臨時特例給付金

 

消費税が8%に上がってから1か月が経とうとしている。

消費税が与える影響はどうだったのか。

ボクは、欲しいものを我慢する原動力までにはならなかったが、レジで最終のお会計を聞くと、「あ、なんか高い」と感じました。

おそらく、ボディのように効いてくるのでしょう。

 

そういう中で、子育て世帯を少しでも救おうとする臨時特例給付金なるものがあることをご存知でしょうか?

 

 

厚生労働省は、「子育て世帯への(消費税増税の)影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、臨時的な給付措置として行うもの」として、「子育て世帯臨時特例給付金」を支給することを決めている。「子育て世帯臨時特例給付金」は、対象児童1人につき1万円が1回だけ支給されるまさに臨時的な給付金。支給対象者は、平成26年1月分の児童手当の対象となる児童が基本とされている。つまり、0~15歳の児童手当を受給している子ども1人につき1万円が、世帯単位で支給されるのだ。

子ども1人につき1万円!「臨時特例給付金」とは:PRESIDENT Online - プレジデント

平成26年1月分の児童手当の対象となる児童1人につき1万円が支給される。

我が家の場合、3人なので3万円。

ちょうど100万円を使う家庭の消費税3%上昇分に相当する。

まあ、1回限りなので、あまり納得できる話でもないのだが、給料を上げることで全体的に景気を底上げしようという考え方に乗らない専業ママ世帯にとってはやはりありがたい。

 

この支給を確実に得るためには、必ず申請が必要だ。

自動で振り込んでよ といいたいところだが、例外の家庭とか、辞退する家庭を想定しているようだ。

詳細には自治体から案内があるとは思うが、住民税が確定したのち、7月~9月(12月)までに申請するイメージになりそうだ。

ゲットしたい方は、忘れずに申請しよう。