読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

3人目の子どもが産まれると告げられた長男のリアクションがすごい!

f:id:gumojin:20140905234755j:plain

今日は、いい動画に出会いました。

お母さんから、妊娠したのと告げられた長男が、「何考えてんだよ母ちゃん!2人で十分じゃねえか」と、えらい剣幕で怒るビデオです。

まずは、ご覧ください。1分40秒ほどです。

 

 


Little Boy Goes Off On His Mom For Getting Pregnant ...

 

産まれてきたら、取り換えられてしまう?みたいなことを言って、本当に必死で怒ってるけれど、声はかわいくて、愛らしい映像です。

最後はなんだか、耳栓すればいいや、みたいな話?で、怒りは収まったようですが・・。

 

ボクの子どもたちに3人目が産まれることを告げたのは、どんな感じだったか記憶は定かではないのですが、お姉ちゃんたちは弟が欲しいと本気で思っていたようだったので、喜んでくれたような気がします。

 

しかし、お母さんを新しい赤ちゃんに取られてしまうのではないか?という焦りは子どもなら誰しもあるみたいです。

今となっては、ボクの娘たちも、やっぱり3人目にジェラシーを感じてしまうときもあるようです。

 

このお母さんからの妊娠したのよという一言で、そこまで想像できたうえで、一気に反論したこの男の子は、ものすごく想像力があって、モノを考える力があるのだろうなと、感心しました。

 

アドラーの言葉に、次のようなものがあります。

子供にとって家族は「世界そのもの」であり、親から愛されなければ生きていけない。そのための命がけの戦略がそのまま性格の形成につながるのだ。

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

まさに、親からの愛を独り占めしたいという本能を表現したこの映像は、子供たちの気持ちに寄り添って、バランスよく接していかないといけないなーということを思い出させてくれました。

 

今日は、いじょうでーす。