Voyage of Life

3人の子育てパパが日常と読書から学んだコト

「月はぼくらの宇宙港」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書、中学生)

f:id:gumojin:20170812121131j:image
こんにちは、ぐもじんです。読書感想文応援キャンペーンも大詰めです。

今日は「月はぼくらの宇宙港」をざっくり紹介します。

2017年読書感想文コンクールの課題図書(中学校の部)になっているものです。

文の量としては、中学生にふさわしく多めです。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

月で人が暮らせるようになるために

地球にはそのうち住み続けられなくなる日が来るかもしれない。

そうしたら人類は滅亡してしまうかも。

だから、月に暮らせるようにすることを今から真剣に考えていこう。

そんなワイルドな想定のもと、月のことをいろいろな角度から切り出して書かれた科学書です。

先日、ホーキング博士も地球の気温について恐ろしいことを予言していましたよね。

 

ボイジャー レコードってすごい。

ボイジャーレコードというものがあると書かれていました。

宇宙人に向けたメッセージ。

もっと知りたくなって調べたら、写真がたくさん乗っているサイトがありました。

【画像】無人宇宙船ボイジャー号が運ぶ、宇宙人に向けた人類のメッセージと写真 - e-StoryPost

 

太陽系の外の誰かに向けてメッセージを放つという、ものすごいロマンです。

海に手紙を入れたビンを浮かべて、誰かから返事が来るのを待つとか、風船に手紙をつけて飛ばすということをやったことがありますが、それの宇宙版という感じでしょうか。

ただ、宇宙はあまりに広すぎて、誰かに何かが4万年後に伝わったことで何が変わるんだろうか。英語が伝わるのかなと思ってしまいます。

大人っていやですね。

 

しかし、4万年前に、もしどこかの宇宙人が我々に向けて何かを発信してきていて、我々が拾うことができたら、ものすごく宇宙を知る手がかりになるでしょうね。

たくさんの写真や音と文字の意味を、たくさんの人が夢中になって読み解くことになるでしょう。

宇宙人が悪い人だったら、こんなに情報を与えたら、まずいんじゃない?と思ってしまうけれど、アメリカの一存で送っているのかなとか、いろいろ感じてしまいました。

大人っていやですね。

その他、実験コーナーなど

この本には実験コーナーという章もあり、実験のアイデアがたくさん書かれていて、好奇心のある子どもたちはやってみたくなるかもしれません。

また、「え、そうだったの!」と思えるような月にまつわる話がいろいろ書かれています。

 

読書感想文を書くヒント

読書感想文を書く人のために、ヒントを挙げておきます。

なんとなく、読み物的な本なので、感想文として書きやすいのか微妙ですが、この本で宇宙に関してイメージが広がることは間違いないので、その自分なりの思いや疑問をぜひ膨らませてみてください。

  • 地球に人類が住めなくなるとしたら、なぜだと思いますか?
  • 月に住むなんてできると思いますか?
  • その他に住める星ってあるのでしょうか?
  • 宇宙人はいると思いますか?
  • ボイジャーレコードで、あなたが宇宙人に伝えるとしたら、何を伝えますか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

 

月はぼくらの宇宙港

月はぼくらの宇宙港

 

「チキン」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

f:id:gumojin:20170807204435j:image
「チキン」

こんにちは。ぐもじんです。

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校高学年の部)になっているものです。

高学年にふさわしく、文の量は多めです。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

自分の気持ちを正直に伝えることの難しさ

主人公のひいろくんは争いが嫌いな男の子でした。見て見ぬ振りや、自分の気持ちを押し殺しながら過ごしてきたのでした。

そこに転校してきた真中さんは、思ったことをストレートに言葉にする女の子でした。

そのせいで周りの人を傷つけることも多く、彼女は強いのですが、やはり自身も傷ついてしまってました。

正直でいることは不自由であり、見て見ぬ振りをすることでうまくやれる。ウソをつくことでうまくやれるというふうに考えていたようです。正直じゃないのはなんかズルイ!という気持ちがあったのかもしれません。

 

自分にウソをつかずに、正直に行動することは簡単なことではありませんから、そんな真っ直ぐな姿勢に惹きつけられる友達もいましたが、やはり彼女はどこかで傷ついていたのだと思います。

 

彼女が率直に行動し発言する理由

真中さんがそのような態度をとる理由が最後の方に書いてありました。

彼女のお母さんが亡くなる前に、次のような言葉を彼女に伝えたというのです。

「自分の目で見て感じたことに正直でいてね」

 

母との約束。

強い態度のその裏側には、悲しみを乗り越えてきた辛さや寂しさなどが感じられます。

人にはいろいろな事情や理由があるんですよね。

 

たくさん傷つけ傷ついて気づいた

真中さんはついに気づきました。

正直でいることとは押し付けることではなくわかってもらうことなのだと。

なんだかんだ巻き込まれながら、ちゃんと向き合ってくれたひいろ君の役割が大きかったのかもしれません。

正直でいることとそれをそのまま言い放つことは別の話であり、正直な気持ちを相手にわかってもらえるように伝えていかないと意味がないということです。分かりあおうという気持ちが大切だということかもしれません。

 

そして去っていった

常に真中さんに押されつつも冷静に応えてくれるひいろ君に、真中さんは心を開き、ひいろ君に手紙を送りました。

家族から逃げずに一緒に暮らすことにしたというのです。逃げずに正直に生きると言いながら、大切なことから逃げていたというのです。

じわっときました。

なんか「君の膵臓を食べたい」の二人が頭に浮かびました。

 

読書感想文のヒント

子どもの心ってまっすぐで、特に思春期の頃には白か黒かはっきりさせたくなる感覚、ありますよね。正解と思ってきたことが正解とは限らないことを感じるような痛い経験を重ねながら、少しずつ大人になっていく。

確かにそういう感じだったかもしれません。というか、ぼくは今でもそんな経験を重ねつづけてるのですが、、。おっと、脱線しました。

読書感想文を書く人のためにヒントを挙げておきます。

  • 自分に正直に生きてますか?
  • 友達や家族を傷つけたことはありますか?
  • 自分の感じたことをどう相手に伝えればよいでしょうか?
  • 自分の意見を相手に伝えることについて、この本を読んだ後に、何か考えが変わったことはありますか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

 

チキン! (文研じゅべにーる)

チキン! (文研じゅべにーる)

 

「干したから」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

f:id:gumojin:20170723143308j:image
「干したから」

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。

この本は文の量としては少なく、写真集に近いものなのですぐに読めます。観察力とそこから何を感じられるかが問われる1冊です。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

なぜ干すのか?

干したもの。

そう言われたら身の回りに干したものはけっこうある。

なぜわざわざ干しているのか?

そんなことはあんまり考えたことはなかったけれど、そういう理由だったのだ。

自然の恵みをすべて食べきれないとき、保存が効くように水分を抜くのだ。そしてまた、水に戻したりして、美味しく食べることができる。

誰が思いついたのかな。

人の知恵はすごいなあと思う。

 

珍しい写真がいっぱい

干したものという切り口で、これだけ色々な写真を集めたということが面白い。

いろいろな国の写真もあるから、世界の文化の違いも感じられる。

 

読書感想文のヒント

読書感想文を書く人のためにヒントを挙げておきます。

  • 干したもので、ほかに見つけたものありますか?
  • なぜ食べものは腐るんでしょうか。腐るとはどういうことでしょうか?
  • 干すことがいいと気づいた人は、なぜ気づいたのだと思いますか?
  • 身近なもので、なぜこうしてるんだろうと気づいたことはありますか?
  • 日本の特徴って何かありますか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

 

干したから… (ふしぎびっくり写真えほん)

干したから… (ふしぎびっくり写真えほん)

 

「ばあばは、だいじょうぶ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

f:id:gumojin:20170723143358j:image
「ばあばは、だいじょうぶ」

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。

この本は文の量としては少なめです。

少し重たいテーマですが、低学年の子どもたちにどういう感想をもたらすのか、とても気になる1冊です。印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

忘れていく病気があること

いつも、「だいじょうぶ」と言って安心させてくれていたばあばが、忘れていく病気になった。

だんだん症状が悪化していく様子がリアルで切なくなる。

大人には甘えっぱなしで生きてきた子どもたちにとって、どううつるのだろうか。このような病気に対して何を感じるだろうか。

 

目をそらせてはならない老いという課題

今まで守ってくれた存在を今度はこちらが守らないといけない。そんな状況は受け容れたくないし、目をそらしたくなる。

しかし、ある日ばあばが外を裸足で歩き回って帰ってきたときに、ばあばに靴下を履かせてあげる姿が印象的だった。

今度はぼくが守るからね。そんな思いが生まれてきたのかもしれない。

 

読書感想文のヒント

読書感想文を書く人の参考になればとヒントを挙げておきます。

  • 忘れていく病気についてどう思いますか?
  • 自分のばあばやじいじが、そのような病気になったとしたら、あなたはどうすると思いますか?
  • もし自分が忘れる病気になったとしたら、いちばん忘れたくないものって何ですか?いちばんいやなことって何だと思いますか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

 

ばあばは、だいじょうぶ (絵本・ちいさななかまたち)

ばあばは、だいじょうぶ (絵本・ちいさななかまたち)

 

「転んでも大丈夫」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

f:id:gumojin:20170731124911j:image
「転んでも大丈夫」

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校高学年の部)になっているものです。文の量としては比較的多めです。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

28歳までやりたいことがわからなかった

義足を作る技師として、足を失った人々を助けつづけ、本を出すまでになっている臼井さんは、28歳までやりたいことがわからず、アルバイトをしながら暮らしていたそうです。

あるきっかけでこの仕事に出会ってから、義足をつくる仕事に打ち込むようになったとのことです。

なぜ義足の仕事を?

臼井さんが小学6年生の時に、先生が病気で義足になった思い出があり、これも理由になったみたいですが、運命というか、そのときどきの思いや考えに正直に生きてこられた結果なのだと思います。

それは、臼井さんの次の言葉に表れています。

なんでもやってみなけりゃわからない。
目の前のことにチャレンジしてください。
きっと何か見えてくるはず。


あきらめないを手助けしたい

ある程度大きくなってから、病気をきっかけに足を切断される方が多いことに驚きました。

足を切るとなったときの気持ちを想像すると、本当につらい。あんなこともしたいのにできなくなるのだろうかと、暗い気持ちになります。

しかしそのなかで、義足という選択肢により、希望の光を与えることができる。すばらしい仕事だと思いました。

義足の開発にさらなる夢を

まだまだ義足は手づくりでつくるものだそうです。

義足をつくれる人手にも限りがあるなかで、義足を3dプリンタで誰でも作れるようにという試みがなされているようです。 

自分の手仕事の世界に留まらず、自分の技術を新しい技術に応用していくというのは、多くの人をもっとサポートしたいという熱い気持ちの表れなのではないかと思います。

 

読書感想文のヒント

少しヒントになるかもしれないことを挙げておきます。

  • 自分が足を切断することになったとしたら、どういう気持ちになるでしょう。なにを諦めることがつらいでしょう。
  • それを諦めない方法を考えてくれる人がいたら、どんなに心強いでしょう。
  • 将来やりたい仕事はありますか?
  • 臼井さんの仕事をどう感じますか?
  • それはなぜですか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

「アランの歯はでっかいぞこわーいぞ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

f:id:gumojin:20170723155217j:image
「アランの歯はでっかいぞこわーいぞ」

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。

この本は文の量としては少なめですぐに読めます。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

怖い存在でないといけないと思い込んでいた

アランはみなを怖がらせるのが日課だった。

みんなが怖がることをみて満足していた。

なんか寂しい毎日ですね。

どんなときに喜びを感じるか?って聞かれたら、みんなが自分を怖がったときと答える人生はツライと思う。

 

恥ずかしい思いをして友達ができた

アランがみんなを驚かすための歯は、実は入れ歯だった。その入れ歯がなくなったときに、歯なしで出掛けたアランは、みんなを怖がらずことができなくなり、大笑いされて、恥ずかしくて、泣いてしまいます。

しかし、それを励ましてくれる友達が現れました。恥ずかしい思いをしたことをきっかけに、自分の感情をさらけ出したことで、友達ができたのです。

こころを開かずに虚勢をはっていた彼は、こころを開いたことで仲間を得たのでした。

 

怖い存在でいるよりも仲間がいることの方が幸せ

仲間といるときのアランは、怖がらせて楽しんでたときの彼よりも、ずっと楽しそうでした。

こころを開いて仲間といることの幸せを知ったのでしょう。

 

読書感想文のヒント

読書感想文を書く人のためにヒントを挙げておきます。

  • みなを怖がらせていたときのアランと、入れ歯をなくした後のアラン、どちらが好きですか?
  • 自分がアランなら、入れ歯をなくしたとき、どうしましたか?
  • あなたの周りで、誰かを怖がらせたり、威張ったりしている人はいますか?
  • あなたは、自分のこころを開いて接している人がいますか?
  • そのとき、どういう気持ちですか?
  • こころを開かないときの理由は、どういうものだと思いますか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 


アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ

アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ

 

「空にむかってともだち宣言」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

 f:id:gumojin:20170723155925j:image

「空にむかってともだち宣言」

こんにちは。ぐもじんです。

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。

文の量としては、わりと多めです。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

隣に引っ越してきたミャンマーからの家族

主人公あいりは、隣に同級生がいる家族が引っ越してくると知り、楽しみにしていました。

驚いたのは外国人だったこと。

ナーミンたちの家族は、ミャンマーからほとんど荷物を持たずにやってきたのでした。

 

言葉を話せないナーミンたちをサポート

あいりはナーミンたちをお店に連れて行ったり、言葉を教えたりして、夏休みが終わったらスムースに学校に行けるようにサポートします。

 

難民とはなんだろう

学校が始まるとすぐにナーミンたちは難民だと言っておもしろく騒ぐ人たちが出てきました。

そこでナーミンはどういうことがあってどういう思いで日本に来たのかをみんなの前で話しました。
安心して自分の国で暮らせないことは、今の日本では考えられません。

しかし、それは当たり前のことではないのです。

 

踊れば楽しくなる

国や人種が違ったら、あたりまえのことがあたりまえでなかったりします。ご飯は手で食べるとか、男でもスカートをはくとか、文化もいろいろ違います。

しかし、最後はいっしょにミャンマーの踊りを踊って楽しむことができました。

 

読書感想文のヒント

読書感想文を書く人のヒントになればと、以下を挙げておきます。

  • あなたの周りに外国人はいますか?
  • あなたの周りに外国人が引っ越してきたらどういう気持ちになりますか?
  • あなたが言葉もわからない外国に引っ越すとなったら、どういう気持ちですか?
  • 外国に行って、外国の友達と日本の歌を歌って楽しめたら、どんな気持ちになるでしょう?
  • 自分の国で安心して暮らせない人って、日本にはいるでしょうか?
  • 外国に行ったら珍しいと思われるような、日本特有の文化や習慣はなんでしょうか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 

  

空にむかってともだち宣言

空にむかってともだち宣言

 

「なにがあってもずっといっしょ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

 f:id:gumojin:20170723180444j:image

「なにがあってもずっといっしょ」

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。
文の量としては低学年にとってはそこそこあるほうかもしれません。
印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

犬にもいろんな気持ちがある

犬のサスケは、飼い主のサチコさんだけにこころを開いていた。サチコさんは、サスケが言いたいことをよくわかってくれるから。

しかし、毎日通りがかる小学生、公園で一緒に散歩するサチコさんの友達、ときどき家の庭を通りがかるネコはわかってくれないと思っていた。

だから、サチコさん以外とは特に関わろうとしなかった。友達になろうとしなかったのだ。

 

信じるべきものは信じよう

サチコさんが急に帰ってこなかったとき、サチコさんさえも信じられなくなった。

サスケは自分を置いてけぼりにしたサチコさんを探しに出かけて迷子になる。

そのとき出会った、ときどき会うネコに、お前サチコさんを信じてないのか?と言われた。

自分が信じるべきものを、簡単に疑ってはいけないということを、あのネコに教えられたのだ。

 

みんなに助けられたサスケはみんなを信じるようになった

迷子になってお腹が空いた時に、きゅうりを持ってきてくれたのはあのネコだった。

迷子になったサスケを家に連れて帰ってくれたのは、いつもの小学生だった。

そして、エサを持ってきてくれたのは、サチコさんの友達だった。

サスケは、結局、みんなに助けられた。みんな、結構やさしかった。

サチコさんだけにしか心を開かないという態度では、生きていけなかったのである。

 

読書感想文のヒント

 読書感想文を書く人に向けて少しヒントを挙げておきます。

  • あなたの身近にいる犬やネコはあなたに何かを話しかけていますか?
  • サチコさんが急に帰ってこなかった時、あなたがサスケならどうしていましたか?
  • お母さんやお父さんを疑ったことはありますか?
  • あまり身近ではない人に助けてもらったことはありますか?
  • 心を開くとはどんなことだと思いますか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

なにがあっても ずっといっしょ

なにがあっても ずっといっしょ

 

「耳の聞こえないメジャーリーガー ウイリアムホイ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

f:id:gumojin:20170723105943j:image

「耳の聞こえないメジャーリーガー ウイリアムホイ」

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。
文の量としては少なくてすぐ読めます。
印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

耳が聞こえないことに負けない気持ち

子どもの頃から、大好きな野球をいっしょうけんめい練習していたホイ。

耳が聞こえないことに負けずに大好きな野球に打ち込み、誰にも負けないくらい高い技術を身につけた。


チャンスはいつか、やってくる。

野球選手にいきなりなれたわけではなかった。しかし、あるきっかけで、ボールを投げ返したときに、野球のウマさが認められ、野球選手になれた。

ホイは努力して練習していたにもかかわらず、簡単に野球選手になれたわけではなかったが、やはり技術があれば、チャンスはやってくるのだ。

 

笑われても前向きに方法を考えた

みんなの前で野球をプレーして、耳が聞こえなくて笑われて傷ついた。

他人はわりと厳しいものだ。

しかし逃げずにいい方法を考えて、審判に伝えた。ストライク、アウトが分かるようにジェスチャーをしてほしいと。

そのアイデアが認められて、審判が判定をジェスチャーでも行うようになった。

そして、ホイは審判の判定を間違わないようになり、結果を出し始めた。みながナイスプレーを認めるようになった。

他人に笑われても、前向きにアイデアを考え伝えて、自分にできることをやり続けたことが結果につながったのだ。

 

読書感想文のヒント

読書感想文を書く人のために、少しヒントを挙げておきます。

  • 耳が聞こえない状態で野球することを想像しましょう。何が困るでしょう。
  • 自分のプレーがみんなに笑われたとき、どんな気持ちになるでしょう。
  • 自分なら審判にストライクのとき、こういうポーズをしてほしいと言えますか?
  • たくさんの人たちが自分のプレーに拍手してくれたらどんな気持ちになりますか?
  • あなたがいっしょうけんめいやってることはなんですか?それがもっとうまくいくために工夫してみたいことはありますか?

読書感想文の書き方と他の課題図書はこちらもどうぞ。

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版 - Voyage of Life

耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ

耳の聞こえないメジャーリーガー ウィリアム・ホイ

  • 作者: ナンシーチャーニン,ジェズツヤ,Nancy Churnin,Jez Tuya,斉藤洋
  • 出版社/メーカー: 光村教育図書
  • 発売日: 2016/11/01
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

「くろねこのどん」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

f:id:gumojin:20170721214549j:image

こんにちは。ぐもじんです。

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。

文の量としてはそこそこ多いです。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

不思議なねこと女の子の交流

女の子と言葉を交わせるくろねこのどん。

不思議でかわいい本だ。

少しファンタジーな本なので、正直、読書感想文としては書きにくい部類だと思います。

そのファンタジーの世界に乗っていって、もし私だったらとか、あれはこういうことではないかと、世界を広げていければ、面白いかもしれません。

 

ねことえみちゃんが入れ替わった

くろねこのどんと入れ替わったえみちゃんは、新しい世界を知ることになります。

もし、その辺の野良猫と入れ替われるとしたら、きみならどこに行く?なにする?

 

どんがいなくなってしまったのはなぜ?

くろねこのどんが最後にいなくなってしまう。

体の調子が悪い時は1人がいいとどんが言ってたとか、えみちゃんの知り合いに追っ払われたとか、いろいろ書いてあるが、何が起こったのだろう。

 

読書感想文のヒント

読書感想文を書くという人に向けて、少しヒントになりそうなことを挙げておきます。

  • あなたがねこと話せたらどんなことを話す?何して遊ぶ?
  • あなたがねこと入れ替わったら、どこに行きたい?
  • 最後にどんがいなくなったのはなぜだろう?
  • どんが結婚式を迎えるという不思議な夢の意味はなんだろう?

 

読書感想文のコツや他の課題図書はこちらを参照ください。

くろねこのどん

くろねこのどん

 
応援いただける方は、以下のfacebook「いいね!」をクリックください。励みになります。

 

「すばこ」を読んで(2017年読書感想文課題図書)

f:id:gumojin:20170721211227j:image

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。

文の量としてはそれほど多くないのであっさり読めるし、おもしろいお話です。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

巣箱の起源てそうだったんだ

鳥が大好きだったベルレプシュだんしゃくというドイツの人が、100年ほど前に、たくさんの鳥に会いたくて考えた末に作ったのが巣箱。

自分の家の周りの木々に数千個も巣箱を取り付けた。

ドイツ中の木や森が葉巻虫という害虫にやられたときに、この男爵の家の周りの木々だけが助かったことで、いっきに巣箱が普及したのだとか。なぜかわかりますか?

 

好きなことにこだわることの大切さ

彼にはたぶん、世界的に巣箱が普及するきっかけを作りたいとか、そんな想いはなかったのだろう。

自分がやりたいことにとてもこだわって行動したことが、たまたまだけど、こういう結果になったのだ。

好きなことにこだわり、のめり込むことは、とてもすばらしいことだというひとつの例を示している。

 

いろんな形や素材の巣箱がある

いろんな形や素材の巣箱があるそうです。

ペンギン用の巣箱もあるのだとか。

ヘビを寄せ付けないような場所におけるかたちとか、そこにはいろんな工夫があるのだ。

巣箱ひとつとっても奥が深い。

自分だったらどんな巣箱作る??

 

木を切ることは鳥の住処を壊すこと

巣箱を作ることは鳥の家を作ってあげることだが、その一方で、ぼくらは木を切りたおして、家の材料にしたり、割り箸にしたりしている。森を壊して鳥の住むところを奪うということを実はやってしまっているのだ。

自分の行為が自然とつながっているということを、少し子供たちが感じるきっかけになるかもしれない。


この本読んで、ちょっと巣箱を作って置いてみたくなったわ。実家にね。。

 

読書感想文のヒント

読書感想文を書くという人に向けて、少しヒントになりそうなことを挙げておきます。

  • 身の回りで巣箱をみたことありますか?
  • この男爵にとっての鳥のように、大好きなことありますか?
  • あなたなら、誰のためにどんな巣箱を作りますか?
  • こんな巣箱があったら面白い!というものありますか?
  • 木を切ること、木で作られたものを使うことをどう感じますか?
  • 木を切らないわけにもいかないなかで、どうすればいいでしょうか?

 

読書感想文のコツや他の課題図書はこちらを参照ください。

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版 - Voyage of Life

すばこ

すばこ

 

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

 

f:id:gumojin:20170719111539j:plain

こんにちは。ぐもじんです。

今年もいよいよ夏休みです。

恒例の青少年読書感想文全国コンクールの課題図書が発表されていますね。

全国学校図書館協議会|青少年読書感想文全国コンクール

 

長いようであっという間の夏休み。

しかし、いつも授業で1日5時間くらい使ってきた時間が、自分の自由な時間になるのです。

1日5時間あれば、なんかやれます。

今日は何をやってやろうかな!と、ワクワクした毎日をもっと自由に過ごすためにも、まずは宿題をやってしまいましょう。

そしてどうせなら、少し気持ちを込めて宿題をやりましょう。

その方が、ワクワクするからです。

 

この記事では、読書感想文をどう書けばよいかわからない子供たちとそれをサポートする大人たちに向けて、読書感想文を簡単に書く方法を改めてまとめています。

そして、友達と同じようなことを書きたくないし、ちょっといい感想文に仕上げたいという人に向けて、差をつけるコツについても書いています。

そして、2017年版の課題図書を紹介します(個別の本についての紹介は随時更新していきます)。 

 

1.読書感想文を書く心構え

読書感想文に正解はありません。

うまく書こうなんて、最初から思う必要もありません。

ただ、自分が感じたことを、その熱い心の動きを、人に伝えればよいのです。

どう感じたか、それはあなたの自由ですから、正解なんてないのです。

ただし、日記ではないので、他人が読んでわかるようにしっかりと伝わる文章を書きましょう。

人は一人では生きていけませんから、自分が感じたことや思いを、他人にわかってもらう力(コミュニケーション力)が必要になります。

生きていくために必要になるこの力を鍛えるために、読書感想文を書くのです。

書くための心構えについては、こちらの記事もぜひご覧ください。

 

2.読書感想文を書くときの5ステップ

本をふんふんと読んで、いきなり原稿用紙に向かってうーんと考え始めていませんか?

それは、ちょっと難しいやり方かもしれません。

つぎの5つのステップを踏めば、読書感想文が書きやすくなります。

 

ステップ1:書きたいことを箇条書きでたくさん挙げる

ステップ2:ステップ1で挙げたなかから、自分が一番伝えたいことを3つ選ぶ

ステップ3:文章の構成を考える

ステップ4:原稿用紙に書く

ステップ5:自分が書いた文章を読み返し・見直しをする

 

詳しくは、こちらの記事をチェックください。

 

ステップ1の「書きたいことを挙げる」には、本を読んでいるときから、本にメモやふせんを貼りながら読む方がいいです。

 

3.読書感想文の構成の基本

ステップ3で構成を考えるときには、読書感想文の構成の型やパターンを知っておくとよいでしょう。

例えば、

  • 自分が一番伝えたい3つのうち、一番書きたいものからずばっと書き始める。
  • なぜ、この本を読もうと思ったか?から始める。
  • グッときた本の中のセリフを、いきなり引用するところから始める。

などいろいろパターンがあります。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

4.読書感想文で差をつけるコツ

誰にでも書ける文章を書いてもつまらない。

せっかく書くのですし、正解なんてないのだから、自分にしか書けない、自分目線の文章を書きましょう。

本の中で「グッときたこと」を伝えるときに、なぜそれが自分にとってグッときたのかを、自分の体験を交えながら、熱く、ちょっとオーバーなくらいに書くのです。

2015年の課題図書紹介と読書感想文のコツを紹介した記事にも書きましたが、作家の村上春樹さん曰く、思い切って脱線して好きなことを書くのが、読書感想文を面白くするコツだそうです。

読む人は、そんな意外性を期待しているわけですね。

 

以上は、斎藤孝さんの「だれでも書ける最高の読書感想文 (角川文庫)」を大いに参考にしました。

読書感想文に関する記事はおかげさまでたくさんの方に読んでいただいていて、4年目を迎えました。昨年までの記事もぜひ参考にご覧ください。

グッとくる読書感想文の書き方と2016年の課題図書

読書感想文のコツと課題図書 2015

読書感想文のコツ 2014

 

5.2017年の課題図書

今年はどんな課題図書が挙げられているでしょうか、ざっくりと挙げておきます。

気になった本については、個別の紹介記事を随時アップしていく予定です。

ときどきチェックしてみてください。 

 

小学校1・2年生(低学年の部)

ばあばは、だいじょうぶ

ばあばが、わすれていく病気に。少し重たいテーマですね。

本のポイントについて、こちらの記事に少し紹介します。

「ばあばは、だいじょうぶ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書) - Voyage of Life

 
なにがあっても ずっといっしょ

犬のサスケがある事件をきっかけに少し成長するお話。

本のポイントについて、こちらの記事に少し紹介します。 

「なにがあってもずっといっしょ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書) - Voyage of Life

 
アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ

みんなを怖がらせるのが日課のアランには秘密がありました。

本のポイントについて、こちらの記事に少し紹介します。 

「アランの歯はでっかいぞこわーいぞ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書) - Voyage of Life

 
すばこ

鳥の巣箱がどうして生まれたか。

なるほどーという一冊。

本のポイントについて、こちらの記事に少し紹介します。 

「すばこ」を読んで(2017年読書感想文課題図書) - Voyage of Life

 

 

小学校3・4年生(中学年の部)

くろねこのどん

女の子と黒猫のふれあいがかわいい本。

本のポイントについて、こちらの記事に少し紹介します。 

「くろねこのどん」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書) - Voyage of Life

 
空にむかってともだち宣言

ミャンマーからの転校生を守り成長する女の子のお話。

本のポイントについて、こちらの記事に少し紹介します。 

「空にむかってともだち宣言」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書) - Voyage of Life

 
耳の聞こえないメジャーリーガー ウイリアム・ホイ

アメリカの野球リーグで活躍した耳の聞こえない選手のお話。

本のポイントについて、こちらの記事に少し紹介します。 

「耳の聞こえないメジャーリーガー ウイリアムホイ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書) - Voyage of Life

 
干したから・・・ 

写真メインの本です。なぜ人は食べ物を干すのか・・。

本のポイントについて、こちらの記事に少し紹介します。 

「干したから」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

 

小学校5・6年生(高学年の部)

チキン!

面倒なことをさけてきた男の子が転校生の女の子の関わりの中で成長するお話。

なんとなく、「君の膵臓を食べたい」を思い出す感じ。

本のポイントについて、こちらの記事に少し紹介します。 

「チキン」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

 
ぼくたちのリアル 

人気者と転校生と平凡なぼく。3人の少年の忘れられない夏の友情物語。

 
霧のなかの白い犬

白い子犬を飼った理由には、戦争に関わる祖母の過去が・・。

家族のつながりを描く物語。

 
転んでも、大丈夫

義足を作る職人さんのお話。

本のポイントについて、こちらの記事に少し紹介します。 

「転んでも大丈夫」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書) - Voyage of Life

 

中学校の部

円周率の謎を追う(江戸の天才数学者・関孝和の挑戦)

江戸時代、さむらいなのに、こんな天才数学者がいたんだね。

物語風でおもしろそう。

 
ホイッパーウィル川の伝説

森で暮らす姉妹と子ギツネの魂が響きあう神秘的な物語。

伝説?気になる。

月はぼくらの宇宙港 

最新の月科学や人類と月の関わりについて。

科学的な読み物ですね。

本のポイントについて、こちらの記事に少し紹介します。 

「月はぼくらの宇宙港」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書、中学生)

 

高等学校の部

フラダン

震災から5年後の福島を描く、涙と笑顔の青春ストーリー。

女子ばかりのフラダンス愛好会に集められた4人の男子高校生のお話。

映画にありそうなストーリーで、気になります。

 
ストロベリーライフ

つぶれかけたイチゴ農家と家族の再生をかけて、農業ど素人の長男がイチゴづくりに挑むお話。おもしろそう。

 
犬が来る病院

日本で初めて小児科病棟にセラピー犬を受け入れた聖路加国際病院でのお話。

感動の記録。

以上です。また個別の本については随時紹介していきますね。 

英語で仕事するためにこれが足りなかった/「プロフェッショナルイングリッシュ(大前研一)

 f:id:gumojin:20170705211732j:image

英語を話せるようになりたい。

雑談くらいならまあまあいける。

しかし、海外との仕事が増える中で、仕事の中身に関して自分が思っていることを外国人に自分の言葉で伝えたい。

そんな想いを持ち続けて、何年経ったかわからない。

今回出会った大前研一氏が監修した英語学習本はなかなかよくて、自分の足りないところがよくわかった。何を鍛えないといけないのかがよくわかった。

プロフェッショナル イングリッシュ―世界に通じる英語力」という本である。

 

この本は正しい努力の方向を示すことを目的としている とはじめに書いてあり、潔い!と感じた。楽々身につく!とか、そんな方法はないけれど、ビジネスで使える英語を身につけたい人のために正しい努力の方向を示すというのだ。

 

仕事での英語は自分の考えを伝えて人を動かすことが求められる。

伝えたい自分の考えを持つことはもちろん大前提だが、ビジネスの世界では、それを「書く」「話す」力が求められる。

「読む」力と「聴く」力はうっすらとあるものの、自分に欠けていると感じている「書く力」、「話す力」こそが、ビジネスの英語では重要なんだと力説されて、ぼくは英語との向き合い方を完全に変えなければならないということを悟った。

 

英語を発信するには英作力

書けない英語は話せない。

そもそも言いたいことがあるか、ロジカルなつながりがあるかということが大事だが、それはさておき、言いたいことを発信できるようになるには、その言葉やイメージを英語で発信する、つまり英作文のような能力が必要だ。

しかしそんな能力はたいして鍛えてきていない。

打ち合わせの限られた時間のなかで、言いたいことを考えて整理しつつ、英作するなんて無謀。だから、考えることに集中して、英語は通訳頼みで過ごしてきたのだ。

限られた時間のなかで頭の中のことばやイメージを英語で発信することが求められる。この壁を超えない限り、自分の英語でつたえるなんて一生無理なのだ。

じゃあどうすればいいか。

 

とてもシンプルな短い文を連続して繰り出していく

ひとつの答えは、短い英文を繰り出すと決めることだ。

受験英語で学んできたような、かっこいい文章なんて全く必要ない。

だれでもわかるような、主語と述語と目的語があるだけというような「ミニマムセンテンス」を連続して繰り出していけばよいということだ。

1分間に15個の文章を繰り出せるくらいのスピード感と発話力。

身の丈にあっためざすべきイメージはこれだ。はっきりした。

 

フレーズごとマスターする

短い文を繰り出すためには、ある程度型を身につけることが役に立つ。

使いそうなフレーズを丸ごと単語カードに書いて、日本語から英語に変換できる力をつける手法は原始的だが有効とのことだ。

そして、応用の効く基本フレーズというものがある。パワーフレーズというらしい。

When will it be 〜〜?

ここに、backとか、readyとか、fixedとか、入れればよい。

これは、ちょっと何かやれそうな気がしてきた。

このようなパワーフレーズが多数掲載されている本(この本で紹介されていた)も買ってしまった。

英会話ペラペラビジネス100 ? ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

 

 

ビジネス英語では格式よりわかりやすさ。つまり、ロジカルでシンプルなこと。

 ビジネスの英語では、とにかく格式よりわかりやすさが大切。

そのためには、上に書いてきたシンプルなことのほかにロジカルなことが大切だ。

ロジカルな文章のコツとして、5行エッセイのことが書いてありました。

まず結論。そして3つの根拠。さいごにまた結論。

 

エッセイの音読が最強

そうやって自分が書いたエッセイを音読してトレーニングするのが最強のトレーニングだ。

自分の考えを整理できるし、それを書いて、読んで、話して、聴く。音読すれば、読んで、話せるし、それを耳で聴ける。

聞き流すだけでは聴けるようにならないけど、発音できれば聴けるようになる。音読が大切というのはそういう理由だ。

 

ということで、エッセイの音読により、英語を発信するための全てが鍛えられるのだ。

 

その他

声量を高めること。

最後まで聴くより、sorry?と、都度確認する方が良いこと。

こんなヒントが多数載せられている。

 

よし、より明確になったポイントに絞って、トレーニングを始めよう!

 

プロフェッショナル イングリッシュ―世界に通じる英語力

プロフェッショナル イングリッシュ―世界に通じる英語力

  • 作者: 花田徹也,青野仲達,スティーブ・ソレイシィ
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2016/11/18
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

英会話ペラペラビジネス100 ? ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

英会話ペラペラビジネス100 ? ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

  • 作者: スティーブソレイシィ,Steve Soresi,ロビンソレイシィ,Robin Soresi
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2002/03/16
  • メディア: 単行本
  • 購入: 26人 クリック: 200回
  • この商品を含むブログ (40件) を見る
 

 

「君の膵臓をたべたい」心に残った2つのフレーズ

 

週末に本屋さんを通ったとき、小説「君の膵臓をたべたい」が、相変わらず文庫本ランキング1位として並べられてました。映画化もされるようです。

ということで、今日はこの小説を読んで心に残った言葉を2つほど紹介します。

 

その前に、まずは注意点から書きます。

 

この本を読むときの注意点

この本を読むときは注意が必要です。

特にぼくは最近、小説にはもっぱらオーディオブックを利用しており、febeなどのサイトから購入したオーディオブックをスマホにダウンロードして聞いたのですが、絶対に注意して欲しいことがあります。

 

それは、ラストシーンに向かって話がグッと加速していくところから先は、電車とか公共の場で読まない/聴かないようにして欲しいということです。

なぜか。

 

号泣して涙が止まらなくなるからです。

たぶん、電車だったら困った状況になったと思います。

なにを、42歳のお父さんが高校生の想いに共感してるんだ。気持ち悪いっ。

と言われるかもしれませんが、正直まあ泣きました。これは泣いた。

住野よるさんの、情景を事細かに描写していくタッチがすごくて、それがぼくのボディにジャブとして効いてきていて、最終的には足がガクガクになってたんだと思います。

 

心うたれた2つのフレーズ

余命わずかを宣告されつつも、明るく毎日を生きようとする高校生の女の子「さくら」。他人と距離を保ちながら大好きな本の世界と自分の世界で生きてきた「はるき」は、不器用で、「さくら」の境遇に対して距離をおけたからこそ、彼女に「日常」を運ぶ貴重な存在になれたのだと思います。

そんな二人の会話の中から、心に残った2つのフレーズを紹介します。

 

生きるということの意味

生きるっていうのはね、きっと、だれかとこころを通わせること、そのものを指して、生きるっていうんだよ

生きる意味みたいなことを考えたとき、何を残せるか、何を成し遂げられるかと、未来のことを考えてしまいがちになります。

自分には未来がないことを知っている彼女は、生きることの意味は、今だれかと心を通わせることそのものだと言います。

今何ができるか?というところを強く意識せざるを得ない彼女の結論な訳ですが、人は誰しも何があるかわからないわけで、明日生きているとは限らないわけですから、このことは誰にとっても大切な生きる意味になります。

 

今だれかと心を通わせることそのものが生きるってことだ

そう考えたとき、ぼくはこれまでよりもっと、

今を大事にして

目の前の人を大事にして

生きていけそうな気がしました。

 

この言葉については、以下の記事にも書いています。

生きるとは誰かと心を通わせること/「君の膵臓をたべたい」 - 1分★読書

 

伝えたいことを伝えるということ

もしかしたら、わたしに何かを伝えたいと思ってた人もいるかもしれない。 もしそうだったら、わたし以外の人には、伝えたいことを全て伝えるようにしてください。好きだとかきらいだとか、そういうすべてを伝えるようにしてほしい。じゃないと、わたしみたいにいつの間にか死んじゃうかもしれないよ。

さくらの遺書の一節です。

心で思っているけれど、まあ口に出すほどではないかなと思い、伝えてないことってありますよね。

こころで思っていることが大切であり、それが事実なんだからそれでいい。逆に言葉にしてしまうと、なんか軽くなってしまう。

たぶん、主人公の「はるき」も、どちらかというと、こういう考え方をするタイプであって、あとは、めんどうだったり、自分が傷つくことを恐れて、わざわざ相手に伝えることはしてこなかったのではないだろうか。

その辺がすごくわかるだけに、「さくら」のこの言葉がぼくにはグサリと刺さりました。

やっぱり大切な人には、思っていることをちゃんと伝えたい。伝えないと後悔するのだろうなということを思いました。

 

この言葉については、以下の記事にも書いています。

伝えたいことはちゃんと伝えよう/「君の膵臓をたべたい」 - 1分★読書

 

君の膵臓をたべたいの映画化 

 

本屋さんで、この小説がこの夏に映画化されるということを知りました。

モニターに繰り返し映し出されたプロモーションビデオ(PV)を見ると、なかなかのキャスティングですね。小栗旬とか。

そしてこのPVだけで、涙が出そうでやばかったです。

大人になったあとに、あの高校生のころを振り返るというような切り口が、小説から新たに加わっているみたいでした。

映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイト

 

テーマソングがMr.Children。これまたやばい。

ぼくはきっと、映画館では見れないと思います。

 

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

 

家庭用ビールサーバーがちょっと欲しい

 

ますますビールが好きになってる

最近、ぼくはますますビールが好きになっている。

平日もまずまずだが、特に土日が最高である。

少し明るいうちから、ジョギングのあとに風呂に入って、風呂上がりにテラスで喉越しで飲むと、めちゃくちゃおいしい。

ぼくがビールを飲むと、息子が照れながら、チーズを持ってきてくれる。

至福のときとは、こういうことをいうのだろう。

 

家庭用ビアサーバーという選択肢

そんななか、先日ショッピングモールで「父の日のプレゼントにオススメ」という商品として目に入った代物が気になっている。

缶ビールに取り付けて注ぐだけで、いい泡ができて美味しいビールになるという「ビアサーバー」である。

 

 

3つのタイプがあるみたい

まずは、本格的なスタンド式のビールサーバー。

中に缶ビールが入るらしいのだが、レバーを倒してビールをグラスに注ぐという動作は、どう考えても気分がいいだろう。

しかし、こんなのを置く場所がないと、嫁に怒られるだろう。 

f:id:gumojin:20170604205733j:image

 

 ということで、選択肢としては、以下のハンディタイプのものになる。

f:id:gumojin:20170604205922j:image

 

ただ、若干存在感がありすぎる。

注ぐ瞬間の心地よさや見た目のナチュラルさが欲しい。

f:id:gumojin:20170604205940j:image

 

そういう意味で、こちらのタイプの方がよい。

瓶ビールを注いでいる感じで、とってもナチュラルである。

ボタンを押せば超音波が出て、泡をクリーミーなものにしてくれるのだとか。

2千円ちょっとなら、ちょっと試してみたいかも。。

f:id:gumojin:20170604210221j:image

 

電池入れたり、洗ったりという手間はあるし、父の日特集の品を自分で買うのもはばかられたので、今回買うまで行かなかったけれど。。

f:id:gumojin:20170604210137j:image

 

ちなみに、父の日、君たちの笑顔があれば、パパは何もいらないよ。

何にもいらないよ。