Voyage of Life

3人の子育てパパが日常と読書から学んだコト

広重展(芦屋市立美術博物館)がとても良かった理由

f:id:gumojin:20171120223134j:image

 

関西文化の日というものをご存知ですか?

実は昨日と一昨日がそうでした。

関西のミュージアムが軒並み無料!というありがたい日です。

ボクは、芦屋市美術博物館で行われていた「広重展」へ行きました。

先日オーディオブックで聴いた「蔦重の教え」で、なんとなく江戸時代の浮世絵というものが気になっていたためです。

生誕220年。なかなかの時間が経ってますが、色あせてませんね。

 生誕220年 広重展(芦屋市立美術博物館|兵庫)|ART NAVI EX

 

総じていうと、とても良かったです。

あまりアートになじみの薄いボクには、よい刺激になりました。素人ながら感じたこと、少しメモしておきます。

 

150点というボリューム感

まず、作品が沢山展示されてて、お腹いっぱいになりました。どれも細やかに細部まで描かれていて、こんなのを生涯で2万点描いたとは、ものすごいことだ。

 

空と海の色使いが天才的

空の上の方が宇宙のような濃さの青で、少し白んでいる中に雲があり、また海の近くで青くなり、海と接する。海の色も様々だし、細かい白のさざ波や泡まで描かれている。

空を描いてみたくなった。

 

雨ってそう描くのか

ふつう雨粒を描くのかなと思ってしまう。

しかし広重さんは線で描いた。

しかも、並行でもなく均等でもないことで雨や風の強さを表してる。

霧の立ち込めた感じをふんわりしたシルエットだけで描いてる絵もあったな。

 

人物の感情が伝わってくる

すごく細かく描かれた人物で顔はろくにかかれてないのに、その人が退屈してたり、本気になってたりという感情が伝わってくるから面白い。身体のちょっとした傾きなどがそれを生みだしているみたいだ。

 

いろんな東海道がある

東海道を描いた作品が、いろんな版元から出ていることを知った。

少しずつタッチが違うのは、広重が時代によってタッチを変えていたせいだろうか。

絵に唄を重ねるというバージョンが目を引いた。濃い背景に黒で文字書いたりしてるし、文字小さいけれど、それでもいいんだな。

 

版画ってどうなってるの?

版画ってすごい。どういう風にあのフワッとした境界やグラデーションや影を作り出すのだろう。やはりもともとは手彫りなんだよねぇ。

ちょっと調べてみると、浮世絵に色付けをしていく神業の動画を見つけました。

世界の木版画 浮世絵 Japanese Woodblock Printing, Tokyo JAPAN - YouTube

絵師はもちろん大事だけれど、彫り師と塗り師によってだいぶタッチが変わるだろうな。

というか、チームワークが問われそうだ。

ここをこんな風にできないかい?

それは難しいが、これならできる。

よしじゃあ、雨はこう描こう。

みたいなやりとりの中で、斬新な絵が生まれていったのではないだろうか。すごいなぁ。

 

f:id:gumojin:20171120224144j:image

 保永堂版東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪

 

まとめ

ということで、広重展。よかったです。

たまには、アートもいいですね。

芦屋ではあと数日やってるみたいですよ。

七五三の記念写真を一軒家貸切型のフォトスタジオで撮ってみた

 f:id:gumojin:20171113221434j:image

こんばんは。ぐもじんです。

先週、息子(5歳)の七五三を終えました。

七五三の写真は、みなさんどうしていますか?

うちは、ボクの自慢のミラーレス一眼で七五三当日勝負でも十分だとは思うんですが、姉二人の七五三のときも、写真館で写真を撮ってきたこともあり、3番目の長男は大トリですし、やっぱり記念撮影は写真館で撮っておこうやということになりました。

今、流行りなんですかね。

会社の後輩が貸切一軒家の写真館がよかったと言うので、ちょっと高いけど、もうサイゴだろうから、そこで撮ろうということになりました。

まあ高いですよ。4万くらいしました。それなりのレンズとかも買える値段です。

しかし最後には満足感が残りました。だから、よかったかなと思ってます。

 

これまでの写真館ではどうだったか

これまでボクらが行ってた写真館は、こんな感じでした。

散々衣装に着替えて、髪型も綺麗にしてもらって、子供もノリノリで写真を撮ってもらった挙句に、最後に写真を選ぶ。

微妙に顔の表情が違う2枚のうちのどちらがいいですか?という選定を散々やって疲れ果てた後に、さあどれを買いますか?ということになる。

しかしその1枚当たりの単価にたじろいで、結局買うのは2、3枚程度。それで1万円くらい。

まあ実際これでも十分です。

しかしなんか疲れるし、あの撮影時間はなんだったの?と心が晴れない感じもしてました。

子供達も、あんなに撮ったのに、これだけなの?パパ。と言いたかったかもしれません。

だから、バシッと、買う写真だけ撮る!というような町の写真館の方が潔いのでしょうが、なんとなく、前撮りで今なら安いよというチラシに惹かれて、そういう写真館に行ってきたのでした。

 

一軒家貸切型写真館の何がよかったか?

そして今回、一軒家貸切型写真館では、最後に満足が残りました。

何がよかったのか?

思いつく5つのポイントを挙げておきます。

 

1.リラックスして撮影できた

貸切のせいもあるのでしょうが、ボクらが行ったところは5人のスタッフが全員女性で、みんなでチームワークよく、楽しい雰囲気を演出してくれました。

関西特有なのかわかりませんが、ブルゾンちえみのモノマネとかしてくれて、子供たちには大ウケでした。

うちのシャイボーイは、人見知りなので、あまり来られると逃げて、逆に無表情になり、全くいい写真が撮れないままに、4万円を支払うという状況を最大のリスクとして恐れていたのですが、彼が声を出して笑うほどリラックスさせてくれたので、なかなかいい笑顔が撮れてよかったです。 お笑いネタとシャボン玉攻撃が効いたと思います。

これが一番のポイントでしたね。

それにしても、5人が我々のためだけに動いてくれているというのは、やはり贅沢であり、そりゃ、それなりの値段になるわなと思いました。

 

2.写真がモダンでおしゃれな仕上がり

なかなかセンスのよいセットと小道具で、おしゃれな写真に仕上げてくれました。

着物だけれど、帽子をかぶっている写真とか、なかなかかっこよかったです。

f:id:gumojin:20171113222851j:image

ちなみに、息子以外の家族は、スーツや制服などの衣装を持ち込みました。

 

3.データ丸ごともらえる。

数時間の撮影を終えた後、それを一連のスライドショーに仕上げて、音楽付きの映像で見せてくれます。なかなかかっこいい仕上がりでした。達成感ありましたね。

そして、そのデータを丸ごとくれる。

買う写真を選ぶ手間はないし、データなので、後で好きなように加工できる。

 

まあ、だからそれなりの値段なわけですが。

ちなみに、どれくらいのカット数をもらえるかは決まっています。

そのうち、どのくらいの割合を主役である息子にして、どのくらいを家族写真に割り当てるかは、こちらの要望を聞いてくれて最初に決めさせてくれました。

ボクらは、姉二人の1ショット写真も欲しかったし、家族揃った写真も多めにしたかったので、主役の1ショット写真はやや少なめだったかもしれません。すまぬ。

 

4.自分のカメラで撮れる喜び

せっかくの衣装を着ている子供たちを、自分のカメラでも撮影できます。

もちろんスマホでも。

ちょっと着替えているシーンとか、撮影の合間に見せる表情など、自分のカメラで撮るのはなかなかよかったです。

決めポーズのときの写真はプロに委ねるべきなので、なるべく邪魔しないように注意しました。

 

5.撮影そのものが思い出になった

一軒家貸切なので、よそのお宅にお邪魔している感覚でした。

下の写真は、撮影後に映像を見せてくれた部屋です。

f:id:gumojin:20171113222528j:image

トイレとか、もう誰かのお家のトイレをお借りした感覚。

1階から2階に上がって、また降りてきてとか、撮影をこなしていく過程を、リラックスして、結構楽しむことができました。

振り返ると、ああ、あのときあそこで家族写真を撮ったねと言えるくらい、撮影そのものが思い出になったなと思います。

     

まとめ

たかが家族写真。されど家族写真。

それなりのデジカメを持っているから、なにも写真館で撮ることもないという思いがベースにあるのですが、今しかないという思いが高まり、そして、流行りに流されて、一軒家貸切型のところで、撮影をしました。

いつもなら1万円で済むところを、その4倍くらいのお金を払うというところに抵抗がかなりありましたが、結果的には満足できました。

やはり、プロはプロ。

写真はオシャレでモダンな仕上がりでした。

そして、何より、ひとつの家族の思い出が作れたのです。

11月なので、もう七五三は終わったよという方も、12月とかの方が安いプランもあるみたいなので、前撮りならぬ、後撮りもよいかもしれませんよ。 

 ちなみに、ボクらが撮ったのプレシュスタジオというところでした。

こども写真館プレシュスタジオ 一軒家貸切型のフォトスタジオ

今年の年賀状は、悩まなくていいわ。

サッカー風間八宏監督に学ぶ指導者として親として大切にすべき14のこと

f:id:gumojin:20171105100708j:plain

こんばんは。ぐもじんです。 

先日のJリーグYBCルヴァンカップは、セレッソの優勝となりましたが、やはり川崎フロンターレの攻撃サッカーは素晴らしいものでした。

川崎フロンターレの前監督として多くの若手を育て、かつ、ベテランの大久保嘉人選手や中村憲剛選手の大活躍を生んだ風間八宏氏は、どのようなことを大切にしてチームを作り、選手と向き合っていたのでしょうか。

風間八宏氏の本「超「個」の教科書 -風間サッカーノート-」の中に、彼の考え方、そして、子育てや教育において大切なヒントがたくさん詰まっていました。

今日は、そのなかから、指導者として、親として、大切にすべきと感じたことをピックアップして紹介します。

 

1.まずは個人がフルパワーを出せるようにする

組織の枠をまず作ると、個人がそこに合わせ、求められていることをやろうとしてしまいます。そのうち、求められていることだけをやろうとしてしまいかねないのです。

個人がまずは思い切りやれる環境を作ること。

それから、個人と個人をつなげていけば良い。 

原文はこちらに。

 

2.まず上の選手を伸ばすことで下も上がってくる

上の選手がうまくなれば、下の選手もうまくなるらしいです。

子供のサッカー教室を見ていると、上の選手の方が意識が高いし、気づいていることが多いので、少しの指導でさらにうまくなる。

そういうなかで、下の選手にもっと配慮した指導をしてほしいと思うこともありますが、みなうまくなりたいという気持ちさえ揃っているならば、このやり方のほうがチーム全体のレベルを高めやすいということなのだと思います。

やる気のない子は置いていかれるのみですが・。

 

3.自分の才能に気づかせてあげること

プロの世界にまでくる選手は、みんななんらかの才能を持っている。

差がつくかどうかは、自分の才能に気づいているかどうかだけらしいです。

自分が何を持っていて、何を伸ばせば良いのか。

指導者の役目は、それに気づかせてあげることなのです。

 

4.欠点を見ない

長所を伸ばすために、欠点は見なくても良い。

こんなことができるのか。と、驚きをもってポジティブに観察しましょう。

そうした眼差しが、積極的にチャレンジできる雰囲気を生み出すのだと思います。

 

5.本気になるまでやらせない

本人が本気になっているかどうかに、風間さんはこだわります。

本気になっていない。やらされ感があるようななかでは、むしろやらせない。

それくらい、厳しいのです。

あ、オレ、やりたいんだわ。そう気づくまで待つということなんでしょうね。

親は親身になりすぎて待つことは難しい。時間のロスを恐れてしまいますから。

しかしあえて、お前の人生だろうと突き放してやることが愛なんだと思います。

 

6.逃げ道をつくらせない

風間さんは、人のせいや物のせいにしないことが、個を伸ばすための必須の姿勢だと言ってます。

ボクも、そんなに子供をしかることはないですが、人のせいにする言動には目を光らせています。

どんなときだって、自分でやれることが残っている。それを全てやりきっていないのに、他人や物のせいにして、今の目の前の課題から逃げてしまっては、成長はありません。ここぞというときに逃げてしまうことになるからです。

 

7.うまく刺激を与える

練習では、継続と刺激が大切です。

刺激を与えるためには、選手をとにかくよく見ることだそうです。

どんな風にやっているか、マンネリになっていないかを見ながら、面白いことをやっていたら面白いねと伝えたり、ちょっと違うやり方を伝えたりして、刺激や新しい気づきをプレゼントするのです。

 

8.自分に期待させ続ける

まだまだやれるんだということを自分で思えることが大切です。

自分のことを誰よりも信じることができるのは自分です。

誰よりも強く望むことで、細かいところにもこだわれる。そうして技術が高まるのだ。

 

9.自由にしてあげる

人間は、やれと言われたらやりたくなくなります。

自由にしてあげましょう。

自分で目標を設定し始めるまで待つのです。

 

10.目標をフレーズ化する

川崎フロンターレでは、攻撃サッカーをしようという代わりに、5−0で勝とうと伝えたそうです。やりたいことを、みんながイメージして行動に変えやすいフレーズで伝えることが大事になります。

 

11.怒るときは「お前にできないわけがないだろう」

感情で怒ってはいけません。

どんなに強く言ったとしても、心は冷静で、あえて言うということなんです。

怒るときは、期待していることをメッセージとして添えましょう。

「お前にできないわけがないだろう!!」

 

12.監督は笑っていろ

監督が笑っているときはうまくいくのだそうです。

どんな局面にあっても、その状況を監督や親も楽しんでいなければならないのです。

親自体が冷静さを失って焦燥感に乗っ取られていたとしたら、子供にもその焦りが伝わって、落ち着いてチャレンジできなくなってしまうのです。

どんなことがあっても、この状況を楽しんでいきましょう。

 

13.プレッシャーはかけない

本人が持っているものを出し切ることが大切です。

そのために、プレッシャーが邪魔をするかもしれません。

プレッシャーはかけずに、送り出しましょう。見守りましょう。 


14.エースがイライラしているときは放っておく

エースを信じましょう。

エースですからイライラすることもあるでしょう。

興奮しているときは、何を言っても無駄です。

本人も後でわかるでしょうから、放っておきましょう。

うちの長女も、信じようかな。

 

まとめ

以上、風間八宏氏の本から、指導者として、そして、親として、大切にすべきだなと感じたことを14つ、抽出してまとめました。

サッカーの話も、「動きすぎるな」とか、具体的で意外な話がたくさん書かれていましたが、そう言われたらそうだよなあと納得できるものでした。もっと考えながら、生きていかないといけないと思いました。

風間氏が今シーズン監督をされている名古屋グランパスエイトからも目が離せませんね。

上記は、ボクの解釈も含まれていますので、気になった方はぜひ原著を確認ください。

超「個」の教科書 -風間サッカーノート-

超「個」の教科書 -風間サッカーノート-

 

 

秋元康さんに学んだ柔らかく生きるための考え方(98%は運だよ)

 f:id:gumojin:20171030225417j:image

こんばんは、ぐもじんです。月曜ですね。さて今日は、柔らかく生きる考え方についてです。がっついてないのに自然体でヒットを繰り出す秋元康さんは、どういう考え方をしてるのでしょう。

 

NHK「仕事学のすすめ」制作班によって編集された「秋元康の仕事学」に、秋元さんの頭の中が惜しげも無く語られていました。

とってもやわらかい考え方に基づいて日々の努力を続けられているのだなあということが知れて、すごくよかった。

もしかしたら、そういう考え方こそが、秋元さんの大きな発明なのかもしれません。

ボクがなるほどなあと感じた考え方を少しまとめておきます。 

 

1.人生、計算通りに行くことなんてない。

人生は計算通りに行くことなんてない。人生は98%が運だと思っているとのことだ。(ちなみに残りは、1%が才能で、1%が努力)

これは、秋元さんが、中学受験で、すごく一生懸命勉強して、ものすごく自信があったのに落ちたという子供時代の原体験に基づいているらしい。

ボクの場合、中学受験で適当にやっていたから落ちたんだが、ちゃんと準備してリベンジしたら高校受験では受かった。ちゃんとやれば受かるんだという解釈をしてきたので、まるで反対だ。そして大人になってから、世の中は計算通りにいかないことが多く、理不尽だなと嘆いたりしていたわけだが、そんなことに中学でとっくに気づいていた秋元さんはすごいなと思う。

成功してきた人は、やっぱり努力だよというのが普通だが、98%運だよと言っちゃうところが、かっこいいなと思う。

運だよと言いながら、努力を続けられる考え方。それはこうだ。

 

2.しかし、自分には運があると信じている。

世の中、98%運だけど、その運が自分にはあると信じているというのだ。

根拠はない。ポジティブにそう思うかどうかは自分次第であり、自由なのだ。ただ信じればいい。

 

3.だから、目の前の縁を大切にして生きる。

自分には運があるから、自分が出会う出来事や人、縁というものは、運命がくれているチャンスだと思える。

目の前に出てきたことを受け容れて面白くやる。それを続けてきて、気づいたら、今の自分があったというのだ。

こういう自分になりたいというものはない。こうじゃなければだめとか、こうしなければならないという考えもない。

そのほうが自由を発揮できる。

自然体で、今を懸命に楽しんで生きるという考え方なのだ。

「今死んでも後悔しないような生き方がいい」という言葉も書かれており、ただの成り行き任せではなく、目の前のことを面白くすることにかけては、かなりの熱があると感じた。 

秋元康さんが歌詞を書いた「川の流れのように」、おだやかに、この世の中に、この身をまかせていたいと感じた。

 

4.人生に無駄なんてない。

運命を信じるということは、人生には無駄がないという思考にもつながっている。

過去のあの出来事には必ず理由があって今につながっているし、今起きていることも、これから起きることも、自分の人生のどこかに必ずつながっているのだ。

「人生は一筆書き」。

失敗なんてなくて、それも必然なのだ。

なるほどね。こうなるんだねと言って、次へ進めば良い。

www.book-power.net

 

5.夢は、手を全力で伸ばした1mm先にある。

運命任せのように聞こえるが、夢はそう遠くにはないという。

1mmと思うといろいろ考えるでしょう?という言葉から察するに、自分がいい感じで前向きに動いていくために考え出したイメージなのだろうと思う。

 

www.book-power.net

 

6.世の中98%運だけど、自分には運がある。だから、手を伸ばし続ける。

その1mmは決して届かない1mmではなく、何かの拍子に届く1mmなのだという。

そこにはやっぱり、自分には運がある。ついている。という根拠のない自信がある。

だから、あきらめず、いろいろ考えて手を伸ばし続けられるのだ。

言葉にも出すことで、チャンスが与えられることにもつながる。

「継続は力なり」という言葉が好きだという。

聞きなれたこのフレーズが秋元氏から出てくることは意外であった。あえて予想を裏切ってきているのかも知れない。

 

まとめ

夢に向かって、日々努力を続けていく。

それはよく聞く成功者の話と何も変わらないのだが、その根底にある考え方がまるで違っていて、しなやかで強かった。

秋元康さんが、生きていく中で、前向きに生きるために、発明した考え方・思い込み方なのかもしれない。

世の中は98%が運である。しかし、自分には運があるから、出会うものすべてに意味がある。失敗も挫折も必然であり、それがなにかにつながっていく。こうでなければダメとか、そういうことはなく、日々出会うものを面白く全力でやっていくことだ。人生に無駄はないのだ。

こういう自分になりたいというものはないが、夢はある。全力で伸ばした指先1mm先に夢が存在している。そこには届かないかもしれないけれど、自分は運がいいから、届いてしまうかもしれない。

だから、あきらめずに、謙虚に、続けていこう。 

そんな風に理解した。

自分のOSをバージョンアップできそうだ。

 

秋元康の仕事学 ( )

秋元康の仕事学 ( )

  • 作者: NHK「仕事学のすすめ」制作班
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2011/05/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 6人 クリック: 54回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 

 

ジョコビッチの言うとおり2週間小麦断ち(グルテンフリー)してみた結果

 f:id:gumojin:20171023232826j:image

こんばんは。MONDAYですね。ぐもじんです。

プロテニスプレーヤー、ジョコビッチのアドバイスに従い、2週間小麦断ちしてみたので、その結果をお伝えします。

 

1.「ジョコビッチの生まれ変わる食事」を読んだ

きっかけは、「ジョコビッチの生まれ変わる食事」を読んだこと。

試合中に突然身体に変調をきたし、勝てる試合を落としたジョコビッチは、その映像をみていた自国の医師から、小麦を食べないように指導された。

これをきっかけに、彼は早い反応を取り戻し、世界一のタイトルを数多く奪っていく。

ジョコビッチ本人が、小麦をやめたことが強くなったきっかけと言っているのだから、なんらかのメリットがあるに間違いない。

小麦を食べない14日間で劇的に変わることがある/「ジョコビッチの生まれ変わる食事」 - 1分★読書

この本には、いろいろ書いてあるが、頭が整理できたのは、最後の解説のところだ。

ボクの理解した小麦を食べないメリットは、次の4つである。

  1. グルテンアレルギーの人がいる。気づいてないが、もし自分がそうだったら、グルテンを多く含む小麦を摂取することは、身体に負担をかけている。
  2. 腸で吸収されたグルテンにより、腸内細菌からの毒素が出て、脳で炎症を起こす。神経伝達物質をうまく蓄えられなくなる。
  3. グルテンが腸で吸収されたとき、脳の中でモルヒネ状の成分が生み出され(オピオイド受容体と結合し)、脳が霧のかかったような状態になる。禁断症状を起こさせ、また食べたくなる。
  4. 小麦が血糖値を急激に高め、インシュリン濃度も急激に高め、臓器を腐食させる。余った糖分が脂肪として蓄えられやすくなる。

頭がモヤっとするときがあるのは、寝不足のせいだと思ってたけど、そういう話があるのかと、とりあえず2週間、彼の言葉に従い、ボクも小麦をやめてみた。

 

2.小麦を食べないことでボクが得たかったもの

嫁からは言われました。

なにめざしてるの?

ジョコビッチって、ほんの一瞬の反応が勝敗を分けるような厳しい世界で戦ってるから、それも効くのかもしれないけれど、あなたはそうなの?

まったくその通り。

なぜ、あれほど感情豊かに生きている嫁が、ときにこれほどの正論を冷静に語るのか。

世間ではグルテンフリーダイエットなる言葉も溢れているが、別に痩せたいわけではない。

ボクが欲しかったのは次の2つだった。

・キレキレの頭と身体

・安定した血糖値による健康な身体

 

3.その結果どうだったか?

2週間、なるべく小麦を食べないようにした。

パンは一切食べなかった。

うどんやパスタ(サラダについてくるちょっとしたパスタさえ)も我慢した。

白米は食べた。

揚げ物の衣は、ちょっと食べた。

ビール、ちょっと飲んだ(小麦のビールではない)。

家族で丸亀製麺のうどんを食べに行けないことへの嫁さんの不満を笑顔でしのぎつつ、ビールはいいんかい?という視線にも耐えまくった。

その結果どうだったか。

 

<キレキレの頭と身体>

頭がすっきりして、身体もキレている感覚はある。しかし、小麦を食べていても、このキレがあるときはあったと思う。これがホントに小麦をほぼ食べてないおかげなのか、もう少し試していきたい。

ただ、そんなに麺類を食べたいとも思わなくなった。食べれば食べるほどまた食べたくなるグルテン特有の禁断症状は排除できているのかもしれない。

 

<安定した血糖値>

血糖値は測っていないのでわからないが、会社で前ほど間食をとりたいと思わなくなった。残業の時も、少しピーナッツを食べることでしのげた。

血糖値の乱高下に伴う低下が抑えられていたからかという気もするが、今は気のせいだったと思う。

だって、白米はしっかり食べていたから。

血糖値の上がり方を示すGI値でいうと、白米は決して小麦に劣るものではないから、血糖値の乱高下の防止を目的に、小麦断ちをするとしたら、白米も断って玄米にするとかしないと、意味がなさそうだ。

ハリウッド女優がグルテンフリーダイエット成功などの記事を目にするが、それは欧米人があまり米を食べないなかで、小麦も断ったら、かなり血糖値としては安定する方向に改善されたのではないかと思う。

米を食べる日本人はそう簡単ではない。だから、本気でこれをやるなら、せめて玄米にしないといけない。

 

4.まとめ

小麦断ちは、頭をキレキレにするのに役立つ感触は少し得られた。

ただし、血糖値については、白米を断たないと、安定をはかることはできないと思う。

米の玄米化はまだ考えていくとして、小麦断ちはゆるやかに続け、なるべくパンや麺類を避けようかなと思う。

特に、勝負どきの前なんかは小麦を取らないようにしよう。

また、嫁に言われそうだな。

あなたの勝負どきって、いつなの?と。

 

ジョコビッチの生まれ変わる食事

ジョコビッチの生まれ変わる食事

 

 

柔道・古賀選手に学ぶ「勝てる子ども」を育てる5つのヒント

f:id:gumojin:20170623232948j:plain

こんばんは。ぐもじんです。

バルセロナオリンピック金メダリストの柔道家・古賀選手には、3人の子どもがいるそうです。その3人の子どもたちも柔道家として頭角を表しつつあり、自ら主催する柔道場「古賀塾」の塾生もすばらしい成績をあげているそうです。

古賀選手の子供達がすごいことについて、古賀選手は決して遺伝子のせいではないし(自分の親は柔道していなかったとか)、かといって、親として特別なことをしているわけではないと言います。

じゃあ、なんなの?

その秘訣が、彼の本「「勝てる子ども」が育つ究極の教え方 育てる技術」に書いてありました。

そこには、いろいろなことが書いてあったのですが、5つだけ、「勝てる子ども」を育てるためのヒントを絞り出してみました。

 

1.口を出しすぎず、感じたことを伝え、考えさせる

 子どもたちの頑張りたいという気持ちに水をささないために、親はうるさく口を出さないことです。好きなものも嫌いになるから。

ちゃんと準備したのかとか、真剣にやれているかとか、そういう勝負にこだわる姿勢のようなものは伝えるとしても、細かいことを言い過ぎるなということです。

それが自主性を育むのです。

あそこまでの実績と細かいノウハウを持っている古賀選手でさえ、我が子にそれを伝えることを我慢しているのですね。

 

具体的に本に書かれていることは、1分★読書のこちらの記事を参照ください。

親はうるさく口を出さない/「勝てる子どもが育つ究極の教え方 育てる技術」 - 1分★読書

勝負にこだわるが結果にはこだわらない/「勝てる子どもが育つ究極の教え方 育てる技術」

 

2.信じて見守る(よく見る)

自分で工夫して何かをやろうとする。

そんな瞬間が来ることを信じて待ちましょう。

そして、そんな瞬間を見逃さないことです。

ちょっと様子が変ならば、「どうしたー」とさらっと伝えましょう。

見守ってくれているという安心感の中で、子供たちはチャレンジするし、見てくれている人に相談しようかなと思うのです。

 

信頼するから信頼される/「勝てる子どもが育つ究極の教え方 育てる技術」

自分のことを見てくれているという安心感を醸成しよう/「勝てる子どもが育つ究極の教え方 育てる技術」

 

3.楽しめて、ライバルのいる環境をつくる

自主性を高めるためには、ライバルに負けたくないという気持ちが有効だと言います。

親にできることは、見守ること、勇気付けることくらいですが、意欲の高い人たちやライバルのいる環境、そして、良い指導者のいる環境を見つけてやることが大事です。

 

自主性を生み出すのはライバルに勝ちたいという思い

 

4.世界一くつろげる家庭をつくる

 子供たちは、外の世界で日々戦っています。

せめて家の中では、ゆったりとくつろげるようにしてあげましょう。

子どもの気持ちを楽にする方向で、話を聞いてあげることです。

家庭は世界一くつろげる場所にする/「勝てる子どもが育つ究極の教え方」

 

5.親が模範となる

何事も全力で取り組むこと。真剣に準備と工夫をすること。

それをまず親が実践することで、子どもはそうなろうとするのです。

日頃の親の在り方が子どもを育てる/「勝てる子どもが育つ究極の教え 育てる技術」

 

まとめ

要するに、子どもたちが、自主的に考えて、楽しんで、安心してチャレンジできる。

そんな状況を作ることが大事なんだと思います。

そして、子どもに言うまえに、まず親が模範となって行動してみせること。

自分もできないようなことを言わないことです。

「勝てる子ども」が育つ究極の教え方 育てる技術

「勝てる子ども」が育つ究極の教え方 育てる技術

 

時差ぼけがフィットネスリストバンドで確認できた件

f:id:gumojin:20171012214504j:image

こんばんわ。ぐもじんです。

先月、出張でドイツに行ってきました。

1週間の出張でしたが、やはり帰国後の1週間は時差ぼけに苦しみました。

苦しんだというか、やっぱり昼間の仕事のパフォーマンスが落ちるんですよね。

それが、なんとフィットネスリストバンドでしっかり捉えられていたという発見がありました。

 

1.時差ぼけ対策として行ったこと

ヨーロッパの出張も何度目かなので、今度こそダメージを最小化すべく、次の時差ぼけ対策を行いました。

 

  • 飛行機に乗るとすぐに、日本の時刻に時計を合わせる。
  • 日本時刻の夜になるべく寝ようと試みる。つまり、ヨーロッパの夕方の便の場合はすぐに寝る。
  • 帰国後はなるべく陽の光を浴びる。
  • 帰国後はなるべく昼寝しないようにアクティブな予定を入れる(BBQの予定を帰国後に入れてました。台風で流れましたが)

 

2.時差ぼけ対策の結果

上記の対策の効果があってか、夜はよく眠れました。普通は寝つきが悪くなって、明らかにあまりよくないんですが、結構寝れたんですよ。

これは、今までにない大きな成果でした。

しかし。

やっぱり昼間の仕事のパフォーマンスが悪い。

頭がきれていないし、なんとなくふわふわしている間に時間だけがすぎてしまう感覚。

これが人間の適応能力の限界なのかもしれません。

 

3.Fitbit Alta HRではどう捉えられていたか?

まあまあ寝れているのになあと思いつつ、愛用しているフィットネスリストバンドfitbitをチェックしました。

帰ってきた次の日の睡眠状態はこちら。

 f:id:gumojin:20171012213326j:image

まあ、割と寝れているという感覚がFitbitでも確認できました。

しかし、異変はしっかりと測定されていたのです。
 安静時の心拍数データに異変がありました。

起きるちょっと前の心拍数の変化をチェックできるものです。

それがこちらです。

f:id:gumojin:20171011215635p:image

通常は55bpm(1分あたりの心拍数)くらいなんですが、帰国した次の日は61bpmを叩き、それが1週間かけて、落ち着いていく状態が確認できました。

夜なのに、身体や脳は活動しようという状態にあったためなのか、起きる直前の心拍数が上がっていたと思われます。

時差が7時間なら時差ぼけが治るまでに7日かかるといわれていますが、今回の測定結果からも、これは正しそうです。 

 

4.次に試したい時差ぼけ対策

先日読んだ本「ジョコビッチの生まれ変わる食事」で、プロテニスプレーヤーのジョコビッチが時差ぼけ対策に挙げていたのは、メラトニンのサプリです。

強制的に体内時計をリセットするという意味で、これは一度試す価値があるかなと思います。

具体的には挙げられていませんでしたが、次のようなメラトニンの元になるトリプトファンなどの必須アミノ酸が含まれたものを見つけました。 

 

貼る薬もあります。 

 

ちなみに、ボクが使ったウェアラブル端末は「Fitbit Alta HR」

この記事で紹介しているものです。

安静時の心拍数は、大事な打合せの前日は高めになったり、なかなか繊細なフィードバックをくれるので、面白いですよ。ああ、ちょっと気楽にいこうやとか、思えますし。

 

 

 今回のまとめ

ということで、今回のまとめです。

時差ぼけは、対策をとってしっかり寝れているようでも、見えない影響を受けてパフォーマンスは落ちる。判断力も落ちているかもしれない。それをフィットネスリストバンドは、安静時の心拍数という形で捉えられたと思われる。

時差のある国で過ごした後には、見えにくいパフォーマンスの低下を織り込んだ過ごし方を心がけましょう。あまり大事な判断を避けるほうがよさそうです。

もし博多ラーメン店員のように「自分の好きなもの」を名札に書くとしたら

 f:id:gumojin:20170927213729j:image

こんばんは。ぐもじんです。

気がつけば9月もあとわずかですね。

今日は、久しぶりの記事になってしまいましたが、博多ラーメンの店員さんを見ていて考えたことを書きます。

 

自分の好きなことを他人に伝える意味

先日博多ラーメンを食べに行った時、店員さんの名札に「私の好きなこと:お笑い」と書いてありました。

そのとき、ぐっと親近感が湧いたわけです。このきっかけくれたら、声かけれますよね。

自分の好きなものを誰かに伝えることって、大事だなと思いました。

まずは自分の好きなことをしっかり語れることが大切です。

 

好きなことが外見から分かる人

そして、そんな風に名札に書いたり、語ることもなく、自分の好きなことが、容姿や見た目に表れている人は、ものすごい強みを持ってるということなのだと思います。

 

たとえば、

走ることが好きな人は、見た目でわかります。

短髪で色黒でスリム。

露出度の高いウェアを着こなせる。

GARMINとかのランニングギアを普段から手首につけている。

だから見た目でわかります。

 

サーファーも、わかります。

テニス好きな人もわかります。

オタクの人もわかります。

 

外から見てわかるくらい何かにハマってる人って、スゴイなと思います。

 

自分はどうなのか?

ボクは、今何かにハマってるかというと、思いつくのは以下です。

  • 子どもと過ごすこと。
  • 本を読むこと。
  • ブログを書くこと。
  • プチ筋トレとジョギングとマインドフルネス。

 

でも多分、外見には出てないです。

子育てにハマってるというのは、そもそも外から分かる話ではないのかもしれません。

その他のことは、少ない自分時間の中で、やれる範囲でやってる状況だから、特に外から見えるほどのものになってないのでしょう。

 

今は、子どもと過ごすこと。

ライフスタイルにも影響するような熱狂を取り戻さないと、なかなかその域には到達しない。

しかし、今一番時間を使いたいことってなんなのか。

それはやはり、子どもと過ごすことなんだと思います。

3人の子どもたちは、そこそこ大きくなってきた。3人目の長男だって、もう5歳。

子どもとガッツリ過ごす時間は、あと10年ないかもしれない。

会社生活約20年になろうとしているが、20年はあっという間だった。ここからの10年なんてあっという間に違いない。

 

だから、改めて思うのは、子どもと過ごす時間を最優先にしたいということです。

(そういう意味では働き過ぎかもしれないが、仕事は仕方ないさ。)

 

人から見てわかりやすい「好きなこと」ではないかもしれない。これといった趣味もないに近い。

 

だけどもし、博多ラーメンの店員のように、名札に自分の好きなこと書いて と言われたら、今は迷わず、「子どもと過ごすこと」と書こう。

 

そう思うと、子供の習い事の付き添いで、やけに日焼けしていることも、悪くない。

土日くらいしか家にいない親父のタワゴトかもしれないけど。

「月はぼくらの宇宙港」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書、中学生)

f:id:gumojin:20170812121131j:image
こんにちは、ぐもじんです。読書感想文応援キャンペーンも大詰めです。

今日は「月はぼくらの宇宙港」をざっくり紹介します。

2017年読書感想文コンクールの課題図書(中学校の部)になっているものです。

文の量としては、中学生にふさわしく多めです。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

月で人が暮らせるようになるために

地球にはそのうち住み続けられなくなる日が来るかもしれない。

そうしたら人類は滅亡してしまうかも。

だから、月に暮らせるようにすることを今から真剣に考えていこう。

そんなワイルドな想定のもと、月のことをいろいろな角度から切り出して書かれた科学書です。

先日、ホーキング博士も地球の気温について恐ろしいことを予言していましたよね。

 

ボイジャー レコードってすごい。

ボイジャーレコードというものがあると書かれていました。

宇宙人に向けたメッセージ。

もっと知りたくなって調べたら、写真がたくさん乗っているサイトがありました。

【画像】無人宇宙船ボイジャー号が運ぶ、宇宙人に向けた人類のメッセージと写真 - e-StoryPost

 

太陽系の外の誰かに向けてメッセージを放つという、ものすごいロマンです。

海に手紙を入れたビンを浮かべて、誰かから返事が来るのを待つとか、風船に手紙をつけて飛ばすということをやったことがありますが、それの宇宙版という感じでしょうか。

ただ、宇宙はあまりに広すぎて、誰かに何かが4万年後に伝わったことで何が変わるんだろうか。英語が伝わるのかなと思ってしまいます。

大人っていやですね。

 

しかし、4万年前に、もしどこかの宇宙人が我々に向けて何かを発信してきていて、我々が拾うことができたら、ものすごく宇宙を知る手がかりになるでしょうね。

たくさんの写真や音と文字の意味を、たくさんの人が夢中になって読み解くことになるでしょう。

宇宙人が悪い人だったら、こんなに情報を与えたら、まずいんじゃない?と思ってしまうけれど、アメリカの一存で送っているのかなとか、いろいろ感じてしまいました。

大人っていやですね。

その他、実験コーナーなど

この本には実験コーナーという章もあり、実験のアイデアがたくさん書かれていて、好奇心のある子どもたちはやってみたくなるかもしれません。

また、「え、そうだったの!」と思えるような月にまつわる話がいろいろ書かれています。

 

読書感想文を書くヒント

読書感想文を書く人のために、ヒントを挙げておきます。

なんとなく、読み物的な本なので、感想文として書きやすいのか微妙ですが、この本で宇宙に関してイメージが広がることは間違いないので、その自分なりの思いや疑問をぜひ膨らませてみてください。

  • 地球に人類が住めなくなるとしたら、なぜだと思いますか?
  • 月に住むなんてできると思いますか?
  • その他に住める星ってあるのでしょうか?
  • 宇宙人はいると思いますか?
  • ボイジャーレコードで、あなたが宇宙人に伝えるとしたら、何を伝えますか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

 

月はぼくらの宇宙港

月はぼくらの宇宙港

 

「チキン」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

f:id:gumojin:20170807204435j:image
「チキン」

こんにちは。ぐもじんです。

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校高学年の部)になっているものです。

高学年にふさわしく、文の量は多めです。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

自分の気持ちを正直に伝えることの難しさ

主人公のひいろくんは争いが嫌いな男の子でした。見て見ぬ振りや、自分の気持ちを押し殺しながら過ごしてきたのでした。

そこに転校してきた真中さんは、思ったことをストレートに言葉にする女の子でした。

そのせいで周りの人を傷つけることも多く、彼女は強いのですが、やはり自身も傷ついてしまってました。

正直でいることは不自由であり、見て見ぬ振りをすることでうまくやれる。ウソをつくことでうまくやれるというふうに考えていたようです。正直じゃないのはなんかズルイ!という気持ちがあったのかもしれません。

 

自分にウソをつかずに、正直に行動することは簡単なことではありませんから、そんな真っ直ぐな姿勢に惹きつけられる友達もいましたが、やはり彼女はどこかで傷ついていたのだと思います。

 

彼女が率直に行動し発言する理由

真中さんがそのような態度をとる理由が最後の方に書いてありました。

彼女のお母さんが亡くなる前に、次のような言葉を彼女に伝えたというのです。

「自分の目で見て感じたことに正直でいてね」

 

母との約束。

強い態度のその裏側には、悲しみを乗り越えてきた辛さや寂しさなどが感じられます。

人にはいろいろな事情や理由があるんですよね。

 

たくさん傷つけ傷ついて気づいた

真中さんはついに気づきました。

正直でいることとは押し付けることではなくわかってもらうことなのだと。

なんだかんだ巻き込まれながら、ちゃんと向き合ってくれたひいろ君の役割が大きかったのかもしれません。

正直でいることとそれをそのまま言い放つことは別の話であり、正直な気持ちを相手にわかってもらえるように伝えていかないと意味がないということです。分かりあおうという気持ちが大切だということかもしれません。

 

そして去っていった

常に真中さんに押されつつも冷静に応えてくれるひいろ君に、真中さんは心を開き、ひいろ君に手紙を送りました。

家族から逃げずに一緒に暮らすことにしたというのです。逃げずに正直に生きると言いながら、大切なことから逃げていたというのです。

じわっときました。

なんか「君の膵臓を食べたい」の二人が頭に浮かびました。

 

読書感想文のヒント

子どもの心ってまっすぐで、特に思春期の頃には白か黒かはっきりさせたくなる感覚、ありますよね。正解と思ってきたことが正解とは限らないことを感じるような痛い経験を重ねながら、少しずつ大人になっていく。

確かにそういう感じだったかもしれません。というか、ぼくは今でもそんな経験を重ねつづけてるのですが、、。おっと、脱線しました。

読書感想文を書く人のためにヒントを挙げておきます。

  • 自分に正直に生きてますか?
  • 友達や家族を傷つけたことはありますか?
  • 自分の感じたことをどう相手に伝えればよいでしょうか?
  • 自分の意見を相手に伝えることについて、この本を読んだ後に、何か考えが変わったことはありますか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

 

チキン! (文研じゅべにーる)

チキン! (文研じゅべにーる)

 

「干したから」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

f:id:gumojin:20170723143308j:image
「干したから」

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。

この本は文の量としては少なく、写真集に近いものなのですぐに読めます。観察力とそこから何を感じられるかが問われる1冊です。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

なぜ干すのか?

干したもの。

そう言われたら身の回りに干したものはけっこうある。

なぜわざわざ干しているのか?

そんなことはあんまり考えたことはなかったけれど、そういう理由だったのだ。

自然の恵みをすべて食べきれないとき、保存が効くように水分を抜くのだ。そしてまた、水に戻したりして、美味しく食べることができる。

誰が思いついたのかな。

人の知恵はすごいなあと思う。

 

珍しい写真がいっぱい

干したものという切り口で、これだけ色々な写真を集めたということが面白い。

いろいろな国の写真もあるから、世界の文化の違いも感じられる。

 

読書感想文のヒント

読書感想文を書く人のためにヒントを挙げておきます。

  • 干したもので、ほかに見つけたものありますか?
  • なぜ食べものは腐るんでしょうか。腐るとはどういうことでしょうか?
  • 干すことがいいと気づいた人は、なぜ気づいたのだと思いますか?
  • 身近なもので、なぜこうしてるんだろうと気づいたことはありますか?
  • 日本の特徴って何かありますか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

 

干したから… (ふしぎびっくり写真えほん)

干したから… (ふしぎびっくり写真えほん)

 

「ばあばは、だいじょうぶ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

f:id:gumojin:20170723143358j:image
「ばあばは、だいじょうぶ」

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。

この本は文の量としては少なめです。

少し重たいテーマですが、低学年の子どもたちにどういう感想をもたらすのか、とても気になる1冊です。印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

忘れていく病気があること

いつも、「だいじょうぶ」と言って安心させてくれていたばあばが、忘れていく病気になった。

だんだん症状が悪化していく様子がリアルで切なくなる。

大人には甘えっぱなしで生きてきた子どもたちにとって、どううつるのだろうか。このような病気に対して何を感じるだろうか。

 

目をそらせてはならない老いという課題

今まで守ってくれた存在を今度はこちらが守らないといけない。そんな状況は受け容れたくないし、目をそらしたくなる。

しかし、ある日ばあばが外を裸足で歩き回って帰ってきたときに、ばあばに靴下を履かせてあげる姿が印象的だった。

今度はぼくが守るからね。そんな思いが生まれてきたのかもしれない。

 

読書感想文のヒント

読書感想文を書く人の参考になればとヒントを挙げておきます。

  • 忘れていく病気についてどう思いますか?
  • 自分のばあばやじいじが、そのような病気になったとしたら、あなたはどうすると思いますか?
  • もし自分が忘れる病気になったとしたら、いちばん忘れたくないものって何ですか?いちばんいやなことって何だと思いますか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

 

ばあばは、だいじょうぶ (絵本・ちいさななかまたち)

ばあばは、だいじょうぶ (絵本・ちいさななかまたち)

 

「転んでも大丈夫」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

f:id:gumojin:20170731124911j:image
「転んでも大丈夫」

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校高学年の部)になっているものです。文の量としては比較的多めです。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

28歳までやりたいことがわからなかった

義足を作る技師として、足を失った人々を助けつづけ、本を出すまでになっている臼井さんは、28歳までやりたいことがわからず、アルバイトをしながら暮らしていたそうです。

あるきっかけでこの仕事に出会ってから、義足をつくる仕事に打ち込むようになったとのことです。

なぜ義足の仕事を?

臼井さんが小学6年生の時に、先生が病気で義足になった思い出があり、これも理由になったみたいですが、運命というか、そのときどきの思いや考えに正直に生きてこられた結果なのだと思います。

それは、臼井さんの次の言葉に表れています。

なんでもやってみなけりゃわからない。
目の前のことにチャレンジしてください。
きっと何か見えてくるはず。


あきらめないを手助けしたい

ある程度大きくなってから、病気をきっかけに足を切断される方が多いことに驚きました。

足を切るとなったときの気持ちを想像すると、本当につらい。あんなこともしたいのにできなくなるのだろうかと、暗い気持ちになります。

しかしそのなかで、義足という選択肢により、希望の光を与えることができる。すばらしい仕事だと思いました。

義足の開発にさらなる夢を

まだまだ義足は手づくりでつくるものだそうです。

義足をつくれる人手にも限りがあるなかで、義足を3dプリンタで誰でも作れるようにという試みがなされているようです。 

自分の手仕事の世界に留まらず、自分の技術を新しい技術に応用していくというのは、多くの人をもっとサポートしたいという熱い気持ちの表れなのではないかと思います。

 

読書感想文のヒント

少しヒントになるかもしれないことを挙げておきます。

  • 自分が足を切断することになったとしたら、どういう気持ちになるでしょう。なにを諦めることがつらいでしょう。
  • それを諦めない方法を考えてくれる人がいたら、どんなに心強いでしょう。
  • 将来やりたい仕事はありますか?
  • 臼井さんの仕事をどう感じますか?
  • それはなぜですか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

「アランの歯はでっかいぞこわーいぞ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

f:id:gumojin:20170723155217j:image
「アランの歯はでっかいぞこわーいぞ」

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。

この本は文の量としては少なめですぐに読めます。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

怖い存在でないといけないと思い込んでいた

アランはみなを怖がらせるのが日課だった。

みんなが怖がることをみて満足していた。

なんか寂しい毎日ですね。

どんなときに喜びを感じるか?って聞かれたら、みんなが自分を怖がったときと答える人生はツライと思う。

 

恥ずかしい思いをして友達ができた

アランがみんなを驚かすための歯は、実は入れ歯だった。その入れ歯がなくなったときに、歯なしで出掛けたアランは、みんなを怖がらずことができなくなり、大笑いされて、恥ずかしくて、泣いてしまいます。

しかし、それを励ましてくれる友達が現れました。恥ずかしい思いをしたことをきっかけに、自分の感情をさらけ出したことで、友達ができたのです。

こころを開かずに虚勢をはっていた彼は、こころを開いたことで仲間を得たのでした。

 

怖い存在でいるよりも仲間がいることの方が幸せ

仲間といるときのアランは、怖がらせて楽しんでたときの彼よりも、ずっと楽しそうでした。

こころを開いて仲間といることの幸せを知ったのでしょう。

 

読書感想文のヒント

読書感想文を書く人のためにヒントを挙げておきます。

  • みなを怖がらせていたときのアランと、入れ歯をなくした後のアラン、どちらが好きですか?
  • 自分がアランなら、入れ歯をなくしたとき、どうしましたか?
  • あなたの周りで、誰かを怖がらせたり、威張ったりしている人はいますか?
  • あなたは、自分のこころを開いて接している人がいますか?
  • そのとき、どういう気持ちですか?
  • こころを開かないときの理由は、どういうものだと思いますか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 


アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ

アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ

 

「空にむかってともだち宣言」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

 f:id:gumojin:20170723155925j:image

「空にむかってともだち宣言」

こんにちは。ぐもじんです。

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。

文の量としては、わりと多めです。

印象に残ったポイントを挙げておきます。

 

隣に引っ越してきたミャンマーからの家族

主人公あいりは、隣に同級生がいる家族が引っ越してくると知り、楽しみにしていました。

驚いたのは外国人だったこと。

ナーミンたちの家族は、ミャンマーからほとんど荷物を持たずにやってきたのでした。

 

言葉を話せないナーミンたちをサポート

あいりはナーミンたちをお店に連れて行ったり、言葉を教えたりして、夏休みが終わったらスムースに学校に行けるようにサポートします。

 

難民とはなんだろう

学校が始まるとすぐにナーミンたちは難民だと言っておもしろく騒ぐ人たちが出てきました。

そこでナーミンはどういうことがあってどういう思いで日本に来たのかをみんなの前で話しました。
安心して自分の国で暮らせないことは、今の日本では考えられません。

しかし、それは当たり前のことではないのです。

 

踊れば楽しくなる

国や人種が違ったら、あたりまえのことがあたりまえでなかったりします。ご飯は手で食べるとか、男でもスカートをはくとか、文化もいろいろ違います。

しかし、最後はいっしょにミャンマーの踊りを踊って楽しむことができました。

 

読書感想文のヒント

読書感想文を書く人のヒントになればと、以下を挙げておきます。

  • あなたの周りに外国人はいますか?
  • あなたの周りに外国人が引っ越してきたらどういう気持ちになりますか?
  • あなたが言葉もわからない外国に引っ越すとなったら、どういう気持ちですか?
  • 外国に行って、外国の友達と日本の歌を歌って楽しめたら、どんな気持ちになるでしょう?
  • 自分の国で安心して暮らせない人って、日本にはいるでしょうか?
  • 外国に行ったら珍しいと思われるような、日本特有の文化や習慣はなんでしょうか?

 

読書感想文を書くコツや、その他の課題図書については、こちらの記事もご覧ください。 

  

空にむかってともだち宣言

空にむかってともだち宣言