読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

今年度をポジティブに振り返り来年度の目標を定めるための3ステップ

ついに年度末ですね。みなさん今年度もお疲れさまでした。年度の区切りのタイミングで1年を振り返るのがぼくの恒例ですが、今年はスタンフォード流を取り入れました。 アメリカのスタンフォード大学心理学者のケリー・マクゴニガルさんが教えてくれている、…

日本人が空気を読んで行動するのはもしかして仏教の影響か?

クリスマスになんですが、今年ハマった、仏教の本を読み返しています。 この本は、すごく感じるところが大きいのですが、その中から、もしかして、日本人が空気を読んで行動する理由はこれかもしれないという話です。 周りとの関係で正解を決める日本人 一般…

30代を生きていくための11のヒント

すっかり40代のボクではありますが、30代の頃に読んでいた本の読書メモを読み返して、ちょっと気持ちが高まりました。 その本は、中谷彰宏氏の「30代で出会わなければならない50人」です。 30代を過ごすためのヒントを11個、まとめてみました。 30代の…

目的を見失わずに生きるために時々チェックしたい20のこと

1998年に心理学者で臨床セラピストであるリチャード・カールソンのベストセラー「小さいことにくよくよするな!しょせん、すべては小さなこと」について書いた昔の読書メモを、今日は書き起こします。 一度は聞いたことのある考え方がほとんどですが、本書を…

変化が求められる時代にやるべき7つのこと(嫌われ者の流儀より)

堀江貴文氏×茂木健一郎氏の対談をまとめた「嫌われ者の流儀」の読書メモを読み返しました。 堀江氏のライブドア事件による収監直前の対談であり、お二人の自由な発想と世界観・歴史観、熱い想いに触れ、視野が広がるとともに、やっぱりこのままではイカンよ…

普通にしてたら不安な気持ちになるのは遺伝子のせい

遺伝子で幸せか不幸か感じるのが決められているのなら 、無理にあがいても仕方がない 。運気を高めようと風水や占いにハマったり 、救いを求めて宗教にすがっても 、遺伝子は変えられないのだから 、不安を完全に消すことはできない 。それを知っておくのが …

うまくやる人生 vs 面白い人生

人生、うまくやるだけなら簡単だ。 ニーバーの祈り 人生をうまくやる秘訣の一つに、「ニーバーの祈り」がある。 それは次のような言葉だ。 神よ変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。変えることのできないものにつ…

京都春光院の禅の教室でマインドフルネス・瞑想体験

京都の春光院の川上全龍副住職は、とても流暢な英語で、座禅のワークショップを行うことで有名である。Googleなどが社員の教育や社内の活動の中に取り入れているというマインドフルネスについても造詣が深く、世界中のエリートが、彼の禅のクラスを受けに来…

競争社会で自由に生きるための4つの心がけ(「反応しない練習」より)

「反応しない練習」という本にある仏教の教えから、今日は4つの心がけを紹介します。 この心がけを人生のモチベーションに据えてみることで、この世知辛く、理不尽な競争社会においても、クリアな心を保ち、自由を手に入れることができるということです。 競…

歳をとって人が丸くなる理由と丸くなっても失ってはいけないこと

こんにちわ。ぐもじんです。 歳をとったら人は丸くなる理由と、だけどこれは失ってはいけないことについて、今日は書きます。 歳をとったら丸くなる 会社生活も長くなると、年齢とともに、人は丸くなることを実感する。 会社に対して感じた不満と提言を、あ…

9割の力がちょうどいい(山本昌)

先日の山本昌のインタビュー記事(山本昌に学ぶチャンスをモノにする3つのヒント)の中には、実は次のような言葉もありました。 これは、結構示唆に飛んでいて、明日からも使えそうな考え方です。 9割の力で投げることも覚えました。8割の力では打たれる、1…

山本昌に学ぶチャンスをモノにする3つのヒント

野球解説者の山本昌さんとインテグラル代表の佐山展生さんのトーク記事がなかなか面白かった。 その中に、チャンスをモノにするためのヒントがありましたので、3つ紹介します。 1. 貪欲に狙っている人のところにチャンスは来る チャンスは待っている人のと…

正しいかどうかより大切な3つのこと

今日は、「リクルートで学んだリーダーになるための77の仕事術(小倉宏・著)」の中に書いてあった、正しいかどうかより大切な3つのことについて、書きたいと思います。 あなたの仕事がうまくいっていないのは、もしかしたら、正しいかどうかにこだわりすぎ…

いつかは死ぬのだから(「超訳・ニーチェの言葉」より)

今日は満足いく一日でしたか? 朝、本をぱらぱらめくっていると、ああそうだなぁという深い言葉に出会いました。 ニーチェの「いつかは死ぬのだから」という話です。 死ぬのは決まっているのだから 死ぬのは決まっているのだから、ほがらかにやっていこう。 …

失意のどん底でも投げやりにならないために(中国の古典「菜根譚」を読んで考えたこと)

400年ほど前に中国の学者・洪自誠が処世訓をまとめた「菜根譚」という本があります。 この本を座右の書として挙げる日本の経営者や政治家がわりと多かったのを覚えていて、今回本屋さんで、ああこれかぁと手にとって読んでみました。 「菜根譚」は心のサ…

人生の大事な選択をする際に一度は考えてみるべき5つのこと(就活を振り返って)

先日の記事では、人生の選択において、コレさえあればスッキリ決められるよという話を書きました。 【読書】自分のアタマで考えよう(ちきりん著)人生の選択をすっきりと行うヒント 自分の判断基準をクリアにして絞り込むこと。 そのために、めざす姿や目標…

忙しいからこそ事をなせる(ジムロジャーズの言葉より)

先週金曜日は、大切な資料をお客さんに送る期日だというのに、その日に限って、どうしても打合せしてその後食事したいという海外からの客人を迎えることとなった。 それなのに、資料を作るためのネタが依頼先からなかなか送られてこないし、15時過ぎに送られ…

自分のやりたいことにも締め切りをつくる

締め切りによって、やる気や集中力(やるしかない状況)が生まれるのはもちろんですが、創造力も高まる 締切があるから成長できる(「結果を出せる人になる「すぐやる脳」のつくり方」より) 仕事においては、否応無しに締め切りは設定されますので、この考…

「めんどうくさい」ことを後回しにせずにやるための考え方

何かをやろうとしたときに「面倒くさい」という気持ちが起こることがあります。 しかし、そんなときにもブレーキを踏まずに、躊躇なく行動していける「スイッチ」を見つけました。

不器用な人間が世界を変えてく

糸井重里さんとライフネット生命の出口治明さんの対談を読んで勇気をもらえる話があった。 (対談:「ゼロになる40代」から「何でもできる50歳」へ。 - ほぼ日刊イトイ新聞) 世界を変えるのは、 不器用な人間なのだということ。

試練が人を豊かにする。だから恐れなくていい。

先日の記事(「子供に人生のおもしろさを伝えるということ」)に引き続き、40歳をテーマにした特集(雑誌AERA、糸井重里さんと宮沢りえさんとの対談「宮沢りえ×糸井重里『試練という栄養。』 - ほぼ日刊イトイ新聞」)から教えてもらった「試練が人を豊かに…

40歳代は「ゼロになって、ちゃんともがく」のだ

今年、不惑と言われる40歳になった。 40という数字に異常に敏感になっているボクに、神様は、雑誌AERAでの糸井重里さんの文章「40歳は、惑う」と出会わせてくれた。

強さと温かさを併せ持つために心がけたい3つのこと

同性異性を問わず、「あの人いいよね。」と言われる人って、いますよね。 人の心をぐっとつかむ人たちとそうでない人たち、いったい何が違うのでしょうか? その答えは、「強さ」と「温かさ」を両方備えている人物かどうかということらしいです。 これは、ハ…

アンガーマネジメント 怒りをなんとかする5つの方法

日本アンガーマネジメント協会の理事・小林浩志氏の記事(第2回 優れたパフォーマンスを発揮できる思考とテクニック | 人生なぜかうまくいく人のアンガーマネジメント | 東洋経済オンライン |)では、特にスポーツの世界を中心に、怒りをなんとかするための…

できないという制約がやりたいことを教えてくれる

先月、英語の試験TOEICを受けたのですが、さすがにその直前はテスト対策のために追い込む必要がありました。 いつもならば、本を読んだり、考えごとをしたり、記事を書いたりする時間に、英語の試験勉強をしなければならなかったのです。 その数週間(と言っ…

マーケティング調査をしてはならない時代

バルミューダという従業員50人の会社がめちゃくちゃ美味しいパンが焼けるというトースターを開発し、予約が殺到しているらしいです。 http://www.balmuda.com/jp/toaster/ 社長の寺尾玄氏のインタビューから、気になる言葉を拾ってみました。 水曜インタビュ…

Googleが成長を加速させられる理由

最近ではすっかりお世話になっているGoogleフォトをリリースしたり、自動運転車を開発したり、Googleは勢いを失うことなく、次々に製品やサービスを生み出し、暮らしを変えつつあります。 これほどまでにGoogleが成長を加速させられる理由は何なのでしょうか…

歳をとっても幸せに生きるためには働き続けることだ。

医療の進歩などにより、平均寿命が伸び続けていますが、長生きすることが幸せに結びつくことがなにより大切です。 歳をとっても、幸せに生きるためには、どうすればいいか?これは自分にとってはまだ先の課題のように思いますが、自分の入社した頃の上司がも…

変化がチャンスをもたらす理由

新興国の成長など世界が大きく変わる中で、成熟期を迎えている日本に、変化が求められていることは間違いなさそうです。 「変化はチャンスだ」。 著書「君は、世界がうらやむ武器を持っている」の中で、田村耕太郎氏はこう語り、ボクらに勇気を送ってくれて…

日本人の強みとは何か?

少子高齢化、新興国の成長、組織の意思決定の弱さなど、日本の未来について憂う声をよく聞きます。 海外と仕事をしていても、仕事のスピードや合理性などは確かに日本の方が劣っていると感じます。ドイツの生産性が日本より高い2つの大きな理由 - Voyage to …

集中力を持続したり誘惑に負けないための意思力は消耗していく

勉強、筋トレ、ダイエット等、何かを続けるためには、気合や根性だけでは無理ですよという話は、以下の記事のとおりであり、続けるためのテクニックは確かにありそうです。 何かを続けるために必要なのは根性ではなく技術である しかし、先日ある本にて「意…

何かを続けるために必要なのは根性ではなく技術である

ジョギング、筋トレ、勉強、英会話、禁煙、ダイエット。何かをやろうと決めたのに長続きしない。自分はなんて意思が弱い人間なのだと落ち込んだことはないでしょうか? ストレートなタイトルに惹かれて石田淳氏の「新版「続ける」技術 Forest2545新書」を読…

感情的にならずに生きるための12のヒント

あなたは、毎日を、感情的にならずに、機嫌よく生きていますか? 会社では、プレッシャや理不尽な要請に対して、冷静さを保ちつつ仕事をしなければなりません。自分の感情を押し殺し続けている状態で、後輩のふとした気の利かない一言に対して不満が出てくる…

衣類の片付けの3つのポイント(人生がときめく片づけの魔法より)

ゴールデンウィークにやりたいことの一つに、部屋の片付けがあります。 先日、アメリカのタイムズ紙によって「世界で最も影響力のある100人」として選ばれた日本人2人のうちの1人。近藤麻理恵さん。 「世界で最も影響力のある100人」2015年版公開、日…

未来を恐れず過去に執着せず今を生きろ〜堀江貴文氏の近畿大学卒業式講演より

ホリエモンこと堀江貴文氏が近畿大学の卒業式で講演された映像がYOUTUBEで公開されています。 「平成26年度近畿大学卒業式」 堀江貴文氏メッセージ - YouTube 常々勇気をいただいている堀江貴文さんの講演ということで、さっそくチェックしました。 彼のメッ…

中堅社員が成長力を維持していくための6つのポイント(サッカー日本代表・遠藤保仁選手の教え)

2014年にガンバ大阪の3冠を成し遂げ、今回のアジアカップで日本代表150試合出場を果たすなど、サッカー選手・遠藤保仁選手の活躍には目を見張るものがあります。 平均的な引退年齢は20代後半と言われるサッカー界において、彼は35歳を目前に今なお成長を…

楽に生きるための9つのヒント (「ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法(ちきりん著)」より)

やらないといけないことに追われがちな毎日ですが、今日は「ゆるく考えよう~人生を100倍ラクにする思考法(ちきりん著)」を読んで、そこから9つの楽に生きるヒントを挙げてみました。 ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法 (文庫ぎんが堂) 作者…

正月明けの憂鬱に負けずに仕事始めを迎えるために

本年が皆様にとって良い年になることをお祈りしています。 今年も、よろしくお願いします。 さて、仕事始めを目前に、テンションが下がっている方も多いかもしれませんが、正月明けの憂鬱に負けずにまずは初日を乗り切りたいものです。 (あぁつらい) とい…

ネガティブな深読みはその人を信じていない証拠である(麻生大臣発言より)

麻生さんの「子供を産まないのが問題」という発言が失言であると騒がれている。 子ども産まないのが問題…麻生氏発言、また物議 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) まずは発言の雰囲気を動画でチェックしてみた。 「子ども産まないのが問題」麻生太郎財務…

会社を面白くするには戦略思考で提案していくしかない〜大前研一氏「企業参謀ノート」より

大前研一氏の名著である「企業参謀ノート」を分かりやすくした本を読んだ。 企業参謀ノート[入門編] (超訳・速習・図解) 作者: プレジデント書籍編集部 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2012/07/30 メディア: Kindle版 購入: 3人 クリック: 3回 …

デザインの7つのポイント(「稼ぐデザイン力!」を読んで)

モノの設計は、デザインの美しさみたいなものを伴わなければ差別化できない世の中になっています。 大口二郎氏の「稼ぐデザイン力! 経営者・管理者のためのデザイン戦略入門」を読んでみました。 稼ぐ「デザイン力!」―経営者・管理職のためのデザイン戦略入…

論理で勝負する前に押さえておくべき大切なこと (「プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法」を読んで)

弁護士の石井琢磨氏の著書「プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法」を読みました。 プロ弁護士の「心理戦」で人を動かす35の方法 作者: 石井琢磨 出版社/メーカー: すばる舎 発売日: 2013/07/31 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 筆者…

道路を占拠する大群のアヒル動画を見て思ったこと

morgueFile free photos 今日出会った動画を紹介します。 タイで、道路にアヒルの大群が押し寄せるという映像です。もう見ましたか? 食用のアヒルらしいですが、何が起こったのか、ものすごい行列とスピードで道路を通り過ぎていきます。

ベビーカー問題で考えるぜいたく品と必需品の境目

ferobanjo | Pixabay ベビーカーは、子供のためではなく、親が楽をするための道具であるというようなことを語ったPRESIDENTの記事が炎上しているらしいですね (トピック「ベビーカー」について)。 日本男子は、なぜベビーカー女子を助けないのか 女の言い…

後悔しない生き方とはなにか? 「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰」

久しぶりに電子ブックではなく、紙の本を買いました。 「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰」です。 覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 作者: 池田貴将 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版 発売日: 2013/12/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る この本…

子どもの脳を簡単に目覚めさせる6つの方法

今日は、プレジデントFamily(ファミリー)の2014年10月号にある、脳科学者の中野信子さんの講座「脳が目覚める3ステップ講座」を読んで、ボクなりの解釈でまとめた、子どもの脳を目覚めさせる6つの方法を紹介します。 もちろん、大人にも効くはず…

「東大首席弁護士が教える 超速「7回読み」勉強法」の7回読みとはどのようなものか?

ボクは本を読むのは遅い方です。スキマ時間でちょっとずつ読めるkindleの電子図書をiphoneで読むようになってからは随分改善したが、やはりもうちょっと速く読めて、かつ、意味が分かる状態になれないものかという思いは常にあります。 もちろん、「世界のエ…

リーダーシップの3原則をONEPIECEのルフィや安倍総理や本田圭祐などに当てはめてみた

昨日のリーダーシップに関する記事はおかげさまでたくさんの方に読んでいただきました。 オープンな集まりの中で主導権☆リーダーシップをとるための3つの原則 - Voyage to the Future 今を時めくリーダーたちの場合、このリーダーシップ3原則はどうなってい…

オープンな集まりの中で主導権☆リーダーシップをとるための3つの原則

今朝の日経新聞には、これまで温暖化対策に消極的だったアメリカと中国が2020年以降の温暖化対策の新しい枠組み作りに積極的な姿勢を見せることに転換したという記事が載ってました。 温暖化対策、米中が主導権 気候変動サミット :日本経済新聞 アメリカと…

行動を始めるタイミングは問題がまだ起こっていないときがよい

勝負はいつ決まるのか? 世の中には問題がたくさんある。 問題を抱えた人たちが問題解決に向けて奮闘する様子は、うまくいけば世の中では美談として語られるだろうし、失敗すれば責任を取らされることになる。 しかし、多くの場合、勝負はその前の時点で決ま…