Voyage of Life

3人の子育てパパが日常と読書から学んだコト

ジム通いより圧倒的に強くなれる自重筋トレの6つのトレーニング/「プリズナートレーニング」

どもっ、ぐもじんです。 本年もよろしくお願いします。 「2018年の抱負」の一つに、筋トレを継続していくというものがあります。 昨年、teststeron氏の本「筋トレが最強のソリューションである」を読んだことをきっかけに、プチ筋トレに目覚めていますが、こ…

今年読んで本当に良かったオススメの本26冊 2017

今年もあとわずかですね。1年間を振り返り、とっても良かった本をまとめておきます。気になったものがあれば、年末年始にぜひどうぞ。 モチベーション革命 モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book) 作者: 尾原和啓 出版社/…

今年買って本当に良かったモノ〈17選 〉2017

今年も残すところあとわずかになりました。 2017年に買って良かったものを振り返ってまとめておきたいと思います。 ほぼ日手帳とカバー 毎日使う手帳をほぼ日手帳にしました。 毎日の予定や、その日やれたこと、出会ったこと、感じたことを書く習慣がついて…

自宅でガンガン焼肉するために油飛びが70%減というホットプレートを購入

こんばんは。ぐもじんです。 結婚時に購入したホットプレートの加熱力がかなり鈍ってきていたので、買い替えを検討していたのですが、このたび、ついに選び抜いた一品を購入しました。 ホットプレート購入の5つの基準 今回ホットプレートを選んだときの5つ…

ボクが12月に駆け込んだふるさと納税の自治体と返礼品

こんばんは。ぐもじんです。 12月は案の定あっという間に後半に差し掛かりましたね。年内にキリが良いところまでやってしまいたいというみんなの思いが社会に渦巻いているせいで、なんでもかんでも年内締め切りで動いていて、忙しいて仕方がない。ぐっと寒…

伊方原発運転停止の仮処分ニュースに感じる疑問

昨日、広島高裁により愛媛県の伊方原発運転停止の仮処分が出されたというニュースがありましたよね。 ボクはこのNHKニュースを読んだのですが、え、そうなの?と疑問を感じるところがいくつかあったので、珍しく時事ネタですが、書いてみたいと思います。 ww…

ズルを許せない子どもがコーチから言われた言葉

その幼稚園児はズルを許せなかった 「あいつ、ズルしてるねん。」 うちの3番目の子が通っている幼稚園児向けサッカースクールの練習で、子どもの一人が声を大きくしてコーチに告げ口した。 「ズルすんなやぁ」 と、その子本人にも言った。 コーチは笑いなが…

本物のリーダーが備えておくべき7つの力/「なぜ、あなたがリーダーなのか」

リーダーシップ論は、仕事だけでなくて、親としてどうあるべきかということにおいても参考になるので、ついついそれ系の本を手に取ってしまうのですが、今回は、「なぜ、あなたがリーダーなのか[新版]――本物は「自分らしさ」を武器にする」を読みました。 今…

広重展(芦屋市立美術博物館)がとても良かった理由

関西文化の日というものをご存知ですか? 実は昨日と一昨日がそうでした。 関西のミュージアムが軒並み無料!というありがたい日です。 関西文化の日 ミュージアムへ行こう ボクは、芦屋市美術博物館で行われていた「広重展」へ行きました。 先日オーディオ…

七五三の記念写真を一軒家貸切型のフォトスタジオで撮ってみた

こんばんは。ぐもじんです。 先週、息子(5歳)の七五三を終えました。 七五三の写真は、みなさんどうしていますか? うちは、ボクの自慢のミラーレス一眼で七五三当日勝負でも十分だとは思うんですが、姉二人の七五三のときも、写真館で写真を撮ってきたこ…

サッカー風間八宏監督に学ぶ指導者として親として大切にすべき14のこと

こんばんは。ぐもじんです。 先日のJリーグYBCルヴァンカップは、セレッソの優勝となりましたが、やはり川崎フロンターレの攻撃サッカーは素晴らしいものでした。 川崎フロンターレの前監督として多くの若手を育て、かつ、ベテランの大久保嘉人選手や中村憲…

秋元康さんに学んだ柔らかく生きるための考え方(98%は運だよ)

こんばんは、ぐもじんです。月曜ですね。さて今日は、柔らかく生きる考え方についてです。がっついてないのに自然体でヒットを繰り出す秋元康さんは、どういう考え方をしてるのでしょう。 NHK「仕事学のすすめ」制作班によって編集された「秋元康の仕事学」…

ジョコビッチの言うとおり2週間小麦断ち(グルテンフリー)してみた結果

こんばんは。MONDAYですね。ぐもじんです。 プロテニスプレーヤー、ジョコビッチのアドバイスに従い、2週間小麦断ちしてみたので、その結果をお伝えします。 1.「ジョコビッチの生まれ変わる食事」を読んだ きっかけは、「ジョコビッチの生まれ変わる食事…

柔道・古賀選手に学ぶ「勝てる子ども」を育てる5つのヒント

こんばんは。ぐもじんです。 バルセロナオリンピック金メダリストの柔道家・古賀選手には、3人の子どもがいるそうです。その3人の子どもたちも柔道家として頭角を表しつつあり、自ら主催する柔道場「古賀塾」の塾生もすばらしい成績をあげているそうです。…

時差ぼけがフィットネスリストバンドで確認できた件

こんばんわ。ぐもじんです。 先月、出張でドイツに行ってきました。 1週間の出張でしたが、やはり帰国後の1週間は時差ぼけに苦しみました。 苦しんだというか、やっぱり昼間の仕事のパフォーマンスが落ちるんですよね。 それが、なんとフィットネスリスト…

もし博多ラーメン店員のように「自分の好きなもの」を名札に書くとしたら

こんばんは。ぐもじんです。 気がつけば9月もあとわずかですね。 今日は、久しぶりの記事になってしまいましたが、博多ラーメンの店員さんを見ていて考えたことを書きます。 自分の好きなことを他人に伝える意味 先日博多ラーメンを食べに行った時、店員さ…

「月はぼくらの宇宙港」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書、中学生)

こんにちは、ぐもじんです。読書感想文応援キャンペーンも大詰めです。 今日は「月はぼくらの宇宙港」をざっくり紹介します。 2017年読書感想文コンクールの課題図書(中学校の部)になっているものです。 文の量としては、中学生にふさわしく多めです。 印…

「チキン」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「チキン」 こんにちは。ぐもじんです。 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校高学年の部)になっているものです。 高学年にふさわしく、文の量は多めです。 印象に残ったポイントを挙げておきます。 自分の気持ちを正直に伝えることの難し…

「干したから」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「干したから」 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。 この本は文の量としては少なく、写真集に近いものなのですぐに読めます。観察力とそこから何を感じられるかが問われる1冊です。 印象に残ったポイ…

「ばあばは、だいじょうぶ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「ばあばは、だいじょうぶ」 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。 この本は文の量としては少なめです。 少し重たいテーマですが、低学年の子どもたちにどういう感想をもたらすのか、とても気になる1冊…

「転んでも大丈夫」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「転んでも大丈夫」 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校高学年の部)になっているものです。文の量としては比較的多めです。 印象に残ったポイントを挙げておきます。 28歳までやりたいことがわからなかった 義足を作る技師として、足…

「アランの歯はでっかいぞこわーいぞ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「アランの歯はでっかいぞこわーいぞ」 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。 この本は文の量としては少なめですぐに読めます。 印象に残ったポイントを挙げておきます。 怖い存在でないといけないと思…

「空にむかってともだち宣言」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「空にむかってともだち宣言」 こんにちは。ぐもじんです。 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。 文の量としては、わりと多めです。 印象に残ったポイントを挙げておきます。 隣に引っ越してきたミャン…

「なにがあってもずっといっしょ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「なにがあってもずっといっしょ」 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。文の量としては低学年にとってはそこそこあるほうかもしれません。印象に残ったポイントを挙げておきます。 犬にもいろんな気持…

「耳の聞こえないメジャーリーガー ウイリアムホイ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「耳の聞こえないメジャーリーガー ウイリアムホイ」 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。文の量としては少なくてすぐ読めます。印象に残ったポイントを挙げておきます。 耳が聞こえないことに負けない…

「くろねこのどん」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

こんにちは。ぐもじんです。 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。 文の量としてはそこそこ多いです。 印象に残ったポイントを挙げておきます。 不思議なねこと女の子の交流 女の子と言葉を交わせるくろ…

「すばこ」を読んで(2017年読書感想文課題図書)

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。 文の量としてはそれほど多くないのであっさり読めるし、おもしろいお話です。 印象に残ったポイントを挙げておきます。 巣箱の起源てそうだったんだ 鳥が大好きだ…

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

こんにちは。ぐもじんです。 今年もいよいよ夏休みです。 恒例の青少年読書感想文全国コンクールの課題図書が発表されていますね。 全国学校図書館協議会|青少年読書感想文全国コンクール 長いようであっという間の夏休み。 しかし、いつも授業で1日5時間…

英語で仕事するためにこれが足りなかった/「プロフェッショナルイングリッシュ(大前研一)

英語を話せるようになりたい。 雑談くらいならまあまあいける。 しかし、海外との仕事が増える中で、仕事の中身に関して自分が思っていることを外国人に自分の言葉で伝えたい。 そんな想いを持ち続けて、何年経ったかわからない。 今回出会った大前研一氏が…

「君の膵臓をたべたい」心に残った2つのフレーズ

週末に本屋さんを通ったとき、小説「君の膵臓をたべたい」が、相変わらず文庫本ランキング1位として並べられてました。映画化もされるようです。 ということで、今日はこの小説を読んで心に残った言葉を2つほど紹介します。 その前に、まずは注意点から書…