Voyage of Life

3人の子育てパパが日常と読書から学んだコト

「月はぼくらの宇宙港」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書、中学生)

こんにちは、ぐもじんです。読書感想文応援キャンペーンも大詰めです。 今日は「月はぼくらの宇宙港」をざっくり紹介します。 2017年読書感想文コンクールの課題図書(中学校の部)になっているものです。 文の量としては、中学生にふさわしく多めです。 印…

「チキン」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「チキン」 こんにちは。ぐもじんです。 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校高学年の部)になっているものです。 高学年にふさわしく、文の量は多めです。 印象に残ったポイントを挙げておきます。 自分の気持ちを正直に伝えることの難し…

「干したから」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「干したから」 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。 この本は文の量としては少なく、写真集に近いものなのですぐに読めます。観察力とそこから何を感じられるかが問われる1冊です。 印象に残ったポイ…

「ばあばは、だいじょうぶ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「ばあばは、だいじょうぶ」 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。 この本は文の量としては少なめです。 少し重たいテーマですが、低学年の子どもたちにどういう感想をもたらすのか、とても気になる1冊…

「転んでも大丈夫」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「転んでも大丈夫」 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校高学年の部)になっているものです。文の量としては比較的多めです。 印象に残ったポイントを挙げておきます。 28歳までやりたいことがわからなかった 義足を作る技師として、足…

「アランの歯はでっかいぞこわーいぞ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「アランの歯はでっかいぞこわーいぞ」 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。 この本は文の量としては少なめですぐに読めます。 印象に残ったポイントを挙げておきます。 怖い存在でないといけないと思…

「空にむかってともだち宣言」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「空にむかってともだち宣言」 こんにちは。ぐもじんです。 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。 文の量としては、わりと多めです。 印象に残ったポイントを挙げておきます。 隣に引っ越してきたミャン…

「なにがあってもずっといっしょ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「なにがあってもずっといっしょ」 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。文の量としては低学年にとってはそこそこあるほうかもしれません。印象に残ったポイントを挙げておきます。 犬にもいろんな気持…

「耳の聞こえないメジャーリーガー ウイリアムホイ」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

「耳の聞こえないメジャーリーガー ウイリアムホイ」 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。文の量としては少なくてすぐ読めます。印象に残ったポイントを挙げておきます。 耳が聞こえないことに負けない…

「くろねこのどん」を読んで(2017年読書感想文コンクール課題図書)

こんにちは。ぐもじんです。 この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校中学年の部)になっているものです。 文の量としてはそこそこ多いです。 印象に残ったポイントを挙げておきます。 不思議なねこと女の子の交流 女の子と言葉を交わせるくろ…

「すばこ」を読んで(2017年読書感想文課題図書)

この本は2017年読書感想文コンクールの課題図書(小学校低学年の部)になっているものです。 文の量としてはそれほど多くないのであっさり読めるし、おもしろいお話です。 印象に残ったポイントを挙げておきます。 巣箱の起源てそうだったんだ 鳥が大好きだ…

グッとくる読書感想文を簡単に書く方法と課題図書(青少年全国コンクール)2017年版

こんにちは。ぐもじんです。 今年もいよいよ夏休みです。 恒例の青少年読書感想文全国コンクールの課題図書が発表されていますね。 全国学校図書館協議会|青少年読書感想文全国コンクール 長いようであっという間の夏休み。 しかし、いつも授業で1日5時間…

英語で仕事するためにこれが足りなかった/「プロフェッショナルイングリッシュ(大前研一)

英語を話せるようになりたい。 雑談くらいならまあまあいける。 しかし、海外との仕事が増える中で、仕事の中身に関して自分が思っていることを外国人に自分の言葉で伝えたい。 そんな想いを持ち続けて、何年経ったかわからない。 今回出会った大前研一氏が…

「君の膵臓をたべたい」心に残った2つのフレーズ

週末に本屋さんを通ったとき、小説「君の膵臓をたべたい」が、相変わらず文庫本ランキング1位として並べられてました。映画化もされるようです。 ということで、今日はこの小説を読んで心に残った言葉を2つほど紹介します。 その前に、まずは注意点から書…

家庭用ビールサーバーがちょっと欲しい

ますますビールが好きになってる 最近、ぼくはますますビールが好きになっている。 平日もまずまずだが、特に土日が最高である。 少し明るいうちから、ジョギングのあとに風呂に入って、風呂上がりにテラスで喉越しで飲むと、めちゃくちゃおいしい。 ぼくが…

ほぼ日手帳のカバーも買ってしまったがめちゃくちゃいい。

先日、ほぼ日手帳を買ってしまった話をしましたが、かなり満足しています。 新年度はほぼ日手帳 - Voyage of Life 1日1日の振り返りを、ほんの少しでも書き込みたいというこの気持ちは、この手帳を買ったからこそ高まっているのだと思います。 持っていた…

フィットネスリストバンドFITBIT AltaHRを購入してよかった7つのこと

フィットネスリストバンドを身につけ始めて、2年半になります。そして3代目のバンドとして、2017年4月に発売されたFITBITのAlta HRを購入しました。 使い始めて1週間ですが、今までにない、ちょっといいかも!というポイントが7つばかりありました。 2代…

難局を乗り切るためにリーダーに必要な6つの資質

ぼくは、たくさんの製品がからみあって構成されるプロジェクトの中の一製品の設計に携わっているのですが、プロジェクト全体の要求が流動的で、かつ優先事項が不明確な状況のなかで、仕事が錯綜・膨張し、いまの人員に対して仕事の量が過剰となり、日々の締…

来たるべき八ケ岳型の人生を生き抜く大人に育てるための3つのヒント

これは八ケ岳からの富士山旅行にいったあとで知ったことだが、これからは、ピークが1回の富士山型から、年を追うごとにピークが連なる八ケ岳型の人生観が必要になるらしい。 【藤原和博・前編】「正解のない社会」に必要な教育とは 寿命が長くなり、人工知…

メジャーリーグの神走塁。コグラン選手とイチロー選手のホームイン映像

メジャーリーグブルージェイズのコグラン外野手が、ものすごい走塁を決めたそうですね。 まず、このコグラン選手は、塁上の壊し屋と言われているそうですが、岩村選手への強烈なスライディングのシーンから振り返っておきましょう。 き、厳しいですね。 しか…

漫画インベスターZが15巻まで全て買っても129円

ゴールデンウィーク突入ですね。 先日、コルクの代表佐渡島庸平さんの「ぼくらの仮説が世界をつくる」を読んだなかで、たびたび出てきて気になっていた漫画「インベスターZ」が、kindleで超お安くなっていたので大人買いしました。 インベスターZはお金の話…

乳酸菌L8020配合のラクレッシュで虫歯菌と歯周病菌が8割減

薬局で売り切れているマウスウォッシュ発見 薬局で花粉症に効くものないかなと探していると、なんとテレビで話題沸騰ということで、売り切れてしまっているマウスウォッシュを発見しました。 ラクレッシュというマウスウォッシュ このラクレッシュには、広島…

海外サッカーみるなら今DAZNで間違いなし

バルセロナ対レアル・マドリード戦はやっぱすごい おとといのリーガエスパニョーラのバルセロナとレアル・マドリードの試合、すごかったですね。 スピードのある中盤の展開から、ゴール前のダイナミックな流れの中で得点を取りあうのはリーガエスパニョーラ…

子供のやり抜く力(GRIT)を伸ばすための5つのヒント

才能よりも大切なものがあるという。 それは、「粘り強くやり抜く力(GRIT)」である。 成否を分けるのはIQではなく「やり抜く力」である - Voyage of Life やり抜く力はどうすれば伸ばせるのか? 子を持つ親としてもっとも気になるこの質問に、この本は明確…

富士山と八ケ岳の2泊3日の家族旅行(おすすめルート)

3月の終わりに家族で行ってきた、八ケ岳から富士山への二泊三日の旅。 すでにいくつか記事で紹介しましたが、今日は3日間で行ったところをさっくりまとめてみます。みなさんの旅行プランの際に何かお役に立てればうれしいです。 八ケ岳・ENGAWAカフェでラ…

雨でも楽しめた富士山西湖のコウモリ穴探検

富士山西湖ネイチャーセンターへ 富士山(山梨)旅行の最終日は雨というか雪になってしまい、どこに行こうかと悩んだあげく、西湖ネイチャーセンター(クニマス展示館・西湖コウモリ穴)にいきました。 西湖ネイチャーセンター(クニマス展示館・西湖コウモ…

リニアモーターカーのすごさを体感できる山梨県立リニア見学センター

先日、春休みの家族旅行に行ってきました。 春休みというのは、意外に寒かったり天気も晴れたり曇ったりで難しいのですが、子供が一度富士山を見たいというので、長野経由で八ヶ岳近くに泊まり、そこから山梨側に入って富士山を見てきたわけです。 そんな中…

新年度はほぼ日手帳

明日からは新年度の仕事が始まるということで、今年度は手帳をいつものシリーズから変えてみました。 ロフトなんかでよく一番売れている手帳として売り場に並んでいる「ほぼ日手帳」です。 何と言っても売りは1日1ページになってるところ。 1日1日をより…

今年度をポジティブに振り返り来年度の目標を定めるための3ステップ

ついに年度末ですね。みなさん今年度もお疲れさまでした。年度の区切りのタイミングで1年を振り返るのがぼくの恒例ですが、今年はスタンフォード流を取り入れました。 アメリカのスタンフォード大学心理学者のケリー・マクゴニガルさんが教えてくれている、…

成否を分けるのはIQではなく「やり抜く力」である

なんと、成功するかしないかを分けるものは、IQでも才能でもないらしいです。 成否を分けるのは何か? Angela Lee Duckworth(アンジェラ・リー・ダックワース)が、TEDでプレゼンしたのは、 成否を分けるのは、IQとかではなく、「やり抜く力(Grit)」であ…

しあわせはいつも自分の心がきめる

先日、会社でまたまた大きな理不尽を突きつけられました。 なんでやねん!(ため息)というやつです。 アルフレッドアドラーの「嫌われる勇気」や仏陀の「反応しない練習」、カバットジンの「マインドフルネス」、斉藤ひとりさんの「上きげんの修行」などな…

娘の小学校卒業式がすばらしかったこと

今日は、長女の小学校卒業式でした。 ついこの間幼稚園から小学校に入ったと思ったのに早いもんです。 本当に感動的な式でした。 先生方と生徒、親たちの想いがぎっしりつまり、言葉にしようとすると泣きそうになるからうまく言えず、言葉にしたら泣きながら…

おばあちゃん最期のピースサイン

3月になると、少し気分が上向きになる。 誕生月だから。 そういうと、その歳になって、誕生日気にしてるのあなただけよ、と嫁に笑われる。 確かにそれだけでもない。 春がもう、すぐそこ。 だから嬉しくなってる。 それもある。 むしろ、好きなものに理由な…

仕事して幸せになるために知っておくべき9つのこと(ぼくらの仮説が世界をつくる)

1月にオーディオブック(febe)で聴いた「ぼくらの仮説が世界をつくる(佐渡島庸平)」が、あまりに心にビシビシときたので、文字でも読んでみたくなり、本も買ってしまいました。 大きな時代の変化が起きているなかで、大企業を飛び出して、コルクという会…

初心者が急に雪道を運転することになったら

2週間くらい前、関西でも大雪が降ったことを覚えていますか? その週末、ぼくは家族で温泉に行く計画だったのですが、ものすごい雪が金曜日の夜に降ったので、明日はタイヤチェーンを買ってから出かけようと決めたのでした。 そのことについて、今日は書いて…

4歳も小学生も大人も夢中になれる美しいパズルアプリ Monument Valley

先日、プレジデントFamilyで、算数力、なかでも空間認識能力を高めるパズルアプリとして紹介されていたアプリが、こちらです。 Monument Valley ustwo Games Ltd ゲーム ¥480 さっそく入れてみましたが、4歳の長男も、小学生の姉たちも、夢中でやっていまし…

茨城への出張が便利に。特急ひたち・ときわの車両も進化してた

久しぶりに、関西から東京を通過して水戸のあたりまで出張しました。 飛行機の時間が微妙だったので、電車で行ったのですが、いろいろ変わっててびっくりしました。5年くらいの月日、侮れません。 特に関東の方や、電車に詳しい方には、何を今更な記事です…

中学受験の結果は人生にたいして影響ない

受験シーズン、小学校6年生の娘からは、あの友達があそこに受かったとか、あの友達はダメだったから同じ公立に行くことになったとか、いろいろ話が聞こえてきます。 その話を聞いて思い出すのは、ボクも中学受験に落ちて公立中学に行ったこと。 そして高校…

注文していたジャパネットたかたの掃除機が来た

先日、掃除機が壊れて、いろいろ検討した結果、ジャパネットたかたの掃除機を注文した話をしましたが、ついに配達されてきました。 箱をみて気づいたのですが、ジャパネットの謳い文句は、 「今を生きる楽しさ」を! なんですね。 今を生きるというのは、こ…

風邪気味のときウェットマスクして寝たら楽になった

この冬は、寒い日はめちゃくちゃ寒いですね。 風邪ひいたときには、ひきはじめが肝心と言われます。 そこで叩きたいと思いつつ、早く寝たりしてるのですが、最近は、鼻炎など免疫系を揺さぶられてしまうせいか、夜には咳や鼻水が出てきたり、さっくり治りま…

祝ドラマ化「嫌われる勇気」アドラー心理学の基本をざっくりまとめ

(写真:フジテレビホームページより) アドラー心理学をわかりやすく物語にした、あのベストセラー「嫌われる勇気」が、刑事物語としてドラマ化されるらしい。 というか、今日放送開始なんですね。 嫌われる勇気 - フジテレビ アドラー心理学の基本をざっと…

初めてジャパネットたかたで掃除機を注文してみた

掃除機が壊れました。 これまで使ってきた日立のサイクロン掃除機。 先端の吸い込み部の小さなモーターが焼きついたのを何度か修理をしてきたのですが、ついに変な匂いもしてきたので、いよいよヤバイということになったのです。 弱いハンディな掃除機で耐え…

自分の強みを知り必殺技にしよう(ストレングスファインダー)

自分の強みを強化するべし あなたの強みはなんですか? 勝間さんの「断る力 (文春新書)」の中で、「自分の強みを強化するところに集中する」ことが推奨されています。 自分の強みとは何か?をはっきりとわかってないかも。と思った方は、これを知るツールと…

オーディオブックは聴き放題のaudibleから個別購入のfebeに移行してみた

通勤の隙間やジョギング、運転などの時間に本を読めるオーディオブックは、2016年に、新しい習慣として取り入れたビッグアイテムの一つでした。 オーディブルというサービスから、febeというサービスに変えているので、このあたりのことについて、少し紹介し…

日々、寝る前に5分だけ振り返ろう(論語の三省)

今年もすっかり始まってしまいました。 本年も、よろしくお願いします。 今回のお正月は、家族とゆっくり過ごすと決めてしまっていたし、年末に「反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」」を読み込んでいたせいか、自分が、…

今年買って本当に良かったモノ 2016

2016年の締めくくりとして、今年買って、本当に良かったモノを振り返り、まとめておきたいと思います。 2ルームテント キャンプに行くのは年に2,3回のわが家ですが、老朽化に伴い、ついに今年はテントを新調しました。 憧れの2ルームテント。 これ…

今年読んで本当に良かったオススメの本13冊 2016

今年もあと僅かですね。 今年読んだ本や記事のうち、特に心にグッときたものをまとめておきたいと思います。 1.海賊とよばれた男(百田尚樹) 久しぶりに長編小説を読みきれたのは、オーディオブックのおかげでした。 映画化もされているこの本は、さまざ…

まずは自分の存在を受け入れてもらうことだ

堀江貴文氏の「ゼロ」を読んで、特にグッときた話を今日は書きます。 考えを理解してもらうためには、まず「堀江貴文という人間」を理解し、受け入れてもらわなければならない。 堀江貴文さんは、そのときのことを忘れさせるくらい、大活躍されてますが、刑…

3人の子供の父親になったときのこと

クリスマス、どう過ごされましたか? ボクは、大阪のユニバーサルスタジオジャパンに行って、家族5人で過ごしました。 帰り道。車の後ろで爆睡する子供たちの姿を見ていると、ああ、ボクは3人の子供の父親なんだなぁと改めて感じてしまいました。 いや、ほん…

日本人が空気を読んで行動するのはもしかして仏教の影響か?

クリスマスになんですが、今年ハマった、仏教の本を読み返しています。 この本は、すごく感じるところが大きいのですが、その中から、もしかして、日本人が空気を読んで行動する理由はこれかもしれないという話です。 周りとの関係で正解を決める日本人 一般…