読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Voyage of Life

日々の読書、子育て、暮らし、仕事から学んだコト

海外サッカーみるなら今DAZNで間違いなし

バルセロナ対レアル・マドリード戦はやっぱすごい おとといのリーガエスパニョーラのバルセロナとレアル・マドリードの試合、すごかったですね。 スピードのある中盤の展開から、ゴール前のダイナミックな流れの中で得点を取りあうのはリーガエスパニョーラ…

子供のやり抜く力(GRIT)を伸ばすための5つのヒント

才能よりも大切なものがあるという。 それは、「粘り強くやり抜く力(GRIT)」である。 成否を分けるのはIQではなく「やり抜く力」である - Voyage of Life やり抜く力はどうすれば伸ばせるのか? 子を持つ親としてもっとも気になるこの質問に、この本は明確…

富士山と八ケ岳の2泊3日の家族旅行(おすすめルート)

3月の終わりに家族で行ってきた、八ケ岳から富士山への二泊三日の旅。 すでにいくつか記事で紹介しましたが、今日は3日間で行ったところをさっくりまとめてみます。みなさんの旅行プランの際に何かお役に立てればうれしいです。 八ケ岳・ENGAWAカフェでラ…

雨でも楽しめた富士山西湖のコウモリ穴探検

富士山西湖ネイチャーセンターへ 富士山(山梨)旅行の最終日は雨というか雪になってしまい、どこに行こうかと悩んだあげく、西湖ネイチャーセンター(クニマス展示館・西湖コウモリ穴)にいきました。 西湖ネイチャーセンター(クニマス展示館・西湖コウモ…

リニアモーターカーのすごさを体感できる山梨県立リニア見学センター

先日、春休みの家族旅行に行ってきました。 春休みというのは、意外に寒かったり天気も晴れたり曇ったりで難しいのですが、子供が一度富士山を見たいというので、長野経由で八ヶ岳近くに泊まり、そこから山梨側に入って富士山を見てきたわけです。 そんな中…

新年度はほぼ日手帳

明日からは新年度の仕事が始まるということで、今年度は手帳をいつものシリーズから変えてみました。 ロフトなんかでよく一番売れている手帳として売り場に並んでいる「ほぼ日手帳」です。 何と言っても売りは1日1ページになってるところ。 1日1日をより…

今年度をポジティブに振り返り来年度の目標を定めるための3ステップ

ついに年度末ですね。みなさん今年度もお疲れさまでした。年度の区切りのタイミングで1年を振り返るのがぼくの恒例ですが、今年はスタンフォード流を取り入れました。 アメリカのスタンフォード大学心理学者のケリー・マクゴニガルさんが教えてくれている、…

成否を分けるのはIQではなく「やり抜く力」である

なんと、成功するかしないかを分けるものは、IQでも才能でもないらしいです。 成否を分けるのは何か? Angela Lee Duckworth(アンジェラ・リー・ダックワース)が、TEDでプレゼンしたのは、 成否を分けるのは、IQとかではなく、「やり抜く力(Grit)」であ…

しあわせはいつも自分の心がきめる

先日、会社でまたまた大きな理不尽を突きつけられました。 なんでやねん!(ため息)というやつです。 アルフレッドアドラーの「嫌われる勇気」や仏陀の「反応しない練習」、カバットジンの「マインドフルネス」、斉藤ひとりさんの「上きげんの修行」などな…

娘の小学校卒業式がすばらしかったこと

今日は、長女の小学校卒業式でした。 ついこの間幼稚園から小学校に入ったと思ったのに早いもんです。 本当に感動的な式でした。 先生方と生徒、親たちの想いがぎっしりつまり、言葉にしようとすると泣きそうになるからうまく言えず、言葉にしたら泣きながら…

おばあちゃん最期のピースサイン

3月になると、少し気分が上向きになる。 誕生月だから。 そういうと、その歳になって、誕生日気にしてるのあなただけよ、と嫁に笑われる。 確かにそれだけでもない。 春がもう、すぐそこ。 だから嬉しくなってる。 それもある。 むしろ、好きなものに理由な…

仕事して幸せになるために知っておくべき9つのこと(ぼくらの仮説が世界をつくる)

1月にオーディオブック(febe)で聴いた「ぼくらの仮説が世界をつくる(佐渡島庸平)」が、あまりに心にビシビシときたので、文字でも読んでみたくなり、本も買ってしまいました。 大きな時代の変化が起きているなかで、大企業を飛び出して、コルクという会…

初心者が急に雪道を運転することになったら

2週間くらい前、関西でも大雪が降ったことを覚えていますか? その週末、ぼくは家族で温泉に行く計画だったのですが、ものすごい雪が金曜日の夜に降ったので、明日はタイヤチェーンを買ってから出かけようと決めたのでした。 そのことについて、今日は書いて…

4歳も小学生も大人も夢中になれる美しいパズルアプリ Monument Valley

先日、プレジデントFamilyで、算数力、なかでも空間認識能力を高めるパズルアプリとして紹介されていたアプリが、こちらです。 Monument Valley ustwo Games Ltd ゲーム ¥480 さっそく入れてみましたが、4歳の長男も、小学生の姉たちも、夢中でやっていまし…

茨城への出張が便利に。特急ひたち・ときわの車両も進化してた

久しぶりに、関西から東京を通過して水戸のあたりまで出張しました。 飛行機の時間が微妙だったので、電車で行ったのですが、いろいろ変わっててびっくりしました。5年くらいの月日、侮れません。 特に関東の方や、電車に詳しい方には、何を今更な記事です…

中学受験の結果は人生にたいして影響ない

受験シーズン、小学校6年生の娘からは、あの友達があそこに受かったとか、あの友達はダメだったから同じ公立に行くことになったとか、いろいろ話が聞こえてきます。 その話を聞いて思い出すのは、ボクも中学受験に落ちて公立中学に行ったこと。 そして高校…

注文していたジャパネットたかたの掃除機が来た

先日、掃除機が壊れて、いろいろ検討した結果、ジャパネットたかたの掃除機を注文した話をしましたが、ついに配達されてきました。 箱をみて気づいたのですが、ジャパネットの謳い文句は、 「今を生きる楽しさ」を! なんですね。 今を生きるというのは、こ…

風邪気味のときウェットマスクして寝たら楽になった

この冬は、寒い日はめちゃくちゃ寒いですね。 風邪ひいたときには、ひきはじめが肝心と言われます。 そこで叩きたいと思いつつ、早く寝たりしてるのですが、最近は、鼻炎など免疫系を揺さぶられてしまうせいか、夜には咳や鼻水が出てきたり、さっくり治りま…

祝ドラマ化「嫌われる勇気」アドラー心理学の基本をざっくりまとめ

(写真:フジテレビホームページより) アドラー心理学をわかりやすく物語にした、あのベストセラー「嫌われる勇気」が、刑事物語としてドラマ化されるらしい。 というか、今日放送開始なんですね。 嫌われる勇気 - フジテレビ アドラー心理学の基本をざっと…

初めてジャパネットたかたで掃除機を注文してみた

掃除機が壊れました。 これまで使ってきた日立のサイクロン掃除機。 先端の吸い込み部の小さなモーターが焼きついたのを何度か修理をしてきたのですが、ついに変な匂いもしてきたので、いよいよヤバイということになったのです。 弱いハンディな掃除機で耐え…

自分の強みを知り必殺技にしよう(ストレングスファインダー)

自分の強みを強化するべし あなたの強みはなんですか? 勝間さんの「断る力 (文春新書)」の中で、「自分の強みを強化するところに集中する」ことが推奨されています。 自分の強みとは何か?をはっきりとわかってないかも。と思った方は、これを知るツールと…

オーディオブックは聴き放題のaudibleから個別購入のfebeに移行してみた

通勤の隙間やジョギング、運転などの時間に本を読めるオーディオブックは、2016年に、新しい習慣として取り入れたビッグアイテムの一つでした。 オーディブルというサービスから、febeというサービスに変えているので、このあたりのことについて、少し紹介し…

日々、寝る前に5分だけ振り返ろう(論語の三省)

今年もすっかり始まってしまいました。 本年も、よろしくお願いします。 今回のお正月は、家族とゆっくり過ごすと決めてしまっていたし、年末に「反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」」を読み込んでいたせいか、自分が、…

今年買って本当に良かったモノ 2016

2016年の締めくくりとして、今年買って、本当に良かったモノを振り返り、まとめておきたいと思います。 2ルームテント キャンプに行くのは年に2,3回のわが家ですが、老朽化に伴い、ついに今年はテントを新調しました。 憧れの2ルームテント。 これ…

今年読んで本当に良かったオススメの本13冊 2016

今年もあと僅かですね。 今年読んだ本や記事のうち、特に心にグッときたものをまとめておきたいと思います。 1.海賊とよばれた男(百田尚樹) 久しぶりに長編小説を読みきれたのは、オーディオブックのおかげでした。 映画化もされているこの本は、さまざ…

まずは自分の存在を受け入れてもらうことだ

堀江貴文氏の「ゼロ」を読んで、特にグッときた話を今日は書きます。 考えを理解してもらうためには、まず「堀江貴文という人間」を理解し、受け入れてもらわなければならない。 堀江貴文さんは、そのときのことを忘れさせるくらい、大活躍されてますが、刑…

3人の子供の父親になったときのこと

クリスマス、どう過ごされましたか? ボクは、大阪のユニバーサルスタジオジャパンに行って、家族5人で過ごしました。 帰り道。車の後ろで爆睡する子供たちの姿を見ていると、ああ、ボクは3人の子供の父親なんだなぁと改めて感じてしまいました。 いや、ほん…

日本人が空気を読んで行動するのはもしかして仏教の影響か?

クリスマスになんですが、今年ハマった、仏教の本を読み返しています。 この本は、すごく感じるところが大きいのですが、その中から、もしかして、日本人が空気を読んで行動する理由はこれかもしれないという話です。 周りとの関係で正解を決める日本人 一般…

4歳5歳6歳〜小学低学年の男の子に買ってあげたくなるおもちゃ10選!

さあ明日はクリスマスイブ。 子供たちへのクリスマスプレゼントは、さすがにもう決まりましたか? おととい、4歳のうちの息子に、あるプレゼントをネットで買ってたのですが、今日オモチャ屋行ったら、めちゃくちゃ欲しくなるものがいろいろ売ってました。 …

健康になりたければ、副交感神経を高めればいい

寒い冬。朝目が覚めると、喉が痛い。鼻水も出る。 そんなときには、グンとテンションが下がるのですが、僕のかかりつけのお医者さんは、熱が出ていない限り、絶対に抗生物質をくれません。 バランスが崩れているだけだよと、症状を緩和するような漢方薬をく…

競争戦略で大事なのは一見非合理な打ち手を全体でカバーするストーリー

久しぶりに、戦略系の本を読みました(オーディオブック(febe)ですが)。 楠木建さんの「ストーリーとしての競争戦略」です。 とても長い本なのですが、切り口がとても面白くて、人に話したくなるような内容でした。 少しまとめておきます。 戦略の本質と…

30代を生きていくための11のヒント

すっかり40代のボクではありますが、30代の頃に読んでいた本の読書メモを読み返して、ちょっと気持ちが高まりました。 その本は、中谷彰宏氏の「30代で出会わなければならない50人」です。 30代を過ごすためのヒントを11個、まとめてみました。 30代の…

4歳でも楽しめた!Super Mario Run!

ついに公開された、スーパーマリオ・ラン! 今日は、子供たち、夢中でやっておりました。 スマホだと、ちょっと画面が小さいので、iPad miniでやってます。 勝手に走るので、画面タッチのタイミングと長さが勝負なんですね。 だから、4歳でも十分に楽しんで…

エグゼクティブっぽい重みのある話し方をする18のコツ

話をしたときに、相手が怒ってしまったり、自分の主張が受け容れてもらえなくて、もどかしい気持ちになったり、人とのコミュニケーションはなかなか思うようには行かないものです。 お客さんや会社の上司、後輩への話し方は、先輩や身近な人の話し方を無意識…

シェードカーテンをシングルで断熱タイプに買い替えた話

先日、家のカーテンを買い替えました。 南窓の広い窓に、ダブルシェードのカーテンを付けていたのですが、調子が悪くなってきたのです。 シェードカーテンとは、ヒモをひっぱって、カーテンを上下に動作させるタイプのものですが、ヒモの先端にあるメカが調…

急性胃腸炎が発症してから治るまでの1日の経過

久しぶりに熱が出ました。 まずは吐き気から始まったので、いわゆる胃腸炎というやつだと思います。 冬だし、細菌性ではなく、ウィルス性かな。 子供の学校でも恐ろしく流行っているようなので、少しお疲れ気味の親たちも、子供からもらってしまう可能性があ…

目的を見失わずに生きるために時々チェックしたい20のこと

1998年に心理学者で臨床セラピストであるリチャード・カールソンのベストセラー「小さいことにくよくよするな!しょせん、すべては小さなこと」について書いた昔の読書メモを、今日は書き起こします。 一度は聞いたことのある考え方がほとんどですが、本書を…

変化が求められる時代にやるべき7つのこと(嫌われ者の流儀より)

堀江貴文氏×茂木健一郎氏の対談をまとめた「嫌われ者の流儀」の読書メモを読み返しました。 堀江氏のライブドア事件による収監直前の対談であり、お二人の自由な発想と世界観・歴史観、熱い想いに触れ、視野が広がるとともに、やっぱりこのままではイカンよ…

鉛筆で描く女優の超リアルな似顔絵動画がすごい。

鉛筆で、めちゃくちゃリアルな絵を書く動画を見はじめると、目が離せなくなりました。 影を描くことで、光が出てくる。 そして、ディテールこそが、リアルさをうみだすのだと、改めて感じた。 すごいですね。 石原さとみの鉛筆画 youtu.be 新垣結衣の鉛筆画 …

絶対感動する!ドラエもんの3つの話

この週末、4歳の息子とドラえもんを一緒に見ていて、号泣してしまい、ボクの鼻水が息子の肩におちる(息子は気付かない)という出来事が起こりました。 ドラえもんには、時々、とんでもなく心の深いところを揺さぶるような作品があります。 精神的に疲れてい…

週末の時間を節約するためのちょっとした方法

せっかくの土日も、なんやかんやとあっという間に過ぎていきますね。もう明日は仕事ですか。 時間をうまく使って、少しでも自分の時間を確保したいところですが、何か削れる時間はないものでしょうか? 子供との時間は今しかないので、削れませんが、休日の…

10代で流行っているものトップ10!

小学校6年生の長女が、SNOWっていうアプリ、パパのスマホにあるの?と聞いてきました。 U-19ランキングで1位になっていた、あのアプリのことでした。 新聞で、ちょっと知っていたけれど、自分の子供から、世の中の流行りを教えてもらう歳になったんだなあ…

Google翻訳の進化をもう少し確認してみた

ものすごく進化したGoogle翻訳は、もう試してみましたか? 以前、紹介していた以下の翻訳アプリの比較記事ですが、 そのときに載せていた英訳サンプルを、今のGoogle翻訳が訳してみたら、どれだけ変わってるのか、試してみましたので、今日はその結果をサク…

Google翻訳がものすごい進化をとげている!

うそー、ほんとに? Google翻訳の進化がものすごいことになっています。 日本語を英語に翻訳するシーンが劇的に変わるかもしれません。 Google翻訳が、Google Neural Machine Translation system (GNMT)という、最新のラーニング手法を用いて翻訳の品質を大…

普通にしてたら不安な気持ちになるのは遺伝子のせい

遺伝子で幸せか不幸か感じるのが決められているのなら 、無理にあがいても仕方がない 。運気を高めようと風水や占いにハマったり 、救いを求めて宗教にすがっても 、遺伝子は変えられないのだから 、不安を完全に消すことはできない 。それを知っておくのが …

ノーベル賞・大隈良典さんが子供の時読んでいた本

ノーベル生理学・医学賞に選ばれた大隈良典さんが、小学生時代に読んでいた本のひとつが、ファラデーの「ロウソクの科学」らしい。 この本、ボクも子どもの頃に手に取った気がするが、はっきりとは覚えていない。 amazonの紹介文をみると、 ロンドンの貧しい…

テントを買うときに超迷った7つのテントとコールマンにした理由

新しいテントで家族5人でキャンプに出かけた話をまえに書いたが、テントを決めるとき、正直いろいろ迷った。 どのテントを買おうか悩んでる人が、時間を少しでも節約できればいいなぁと、今日は、ボクが気になった7つのテントたちと、テントを決めるまでの…

思いきって2ルームテントを買った話

40歳も過ぎると、家も買ったし、車もある。 洋服なんか5年前の写真に写っているのと同じのを今も着ていたりする。 物欲は、すっかり何処かに行ってしまった感がある。 (というか、子供の教育費などで、余裕がないのだが) そんなボクが、これだけは今買…

うまくやる人生 vs 面白い人生

人生、うまくやるだけなら簡単だ。 ニーバーの祈り 人生をうまくやる秘訣の一つに、「ニーバーの祈り」がある。 それは次のような言葉だ。 神よ変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。変えることのできないものにつ…

日本の労働生産性が先進7カ国で最低な理由と対策

日本の生産性は、先進7ヶ国で最低らしいです。最低ですよ。 そして、OECDの34カ国中でも、21位です。 日本の労働生産性2014 日本生産性本部によると2014年の日本の労働生産性(購買力平価換算)は7万2994ドル(約740万円)だった。これは主要先進7カ国で最…